上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログの管理画面にログイン失敗とかしていたせいで更新が遅れてしまいました。
もう3月も終わりだというのにまだ2015年の話が終わらないという・・・
今日こそ終わらせます。

2015年のk-pop個人的振り返り第3弾!

最近私気づきました。基本的に私、女の子の歌が好き。
2015年だとSeventeen、Monsta Xあたりの新人ナムジャドルがホットでしたが、私はよく知らない^^; 半年後に突然ハマるかもしれないけど。
ぶっちぎり人気ナンバーワンのEXOは中国人メンバーとの軋轢問題がひどくてイメージ良くないし、ナンバー2の防弾少年団は神戸公演を当日ドタキャンするなどEXOに負けず劣らず問題が多いし。

そんな中で私が猛烈に気に入った曲があります。
TEENTOP「朝から朝まで」

最初出たときは興味がなかったんですが、年末の歌謡祭典の動画を見て急に好きになりました。


このMV風動画、クリスマスシーズンのソウルの観光スポットを非常にキレイに映してるんです。撮り方、編集の仕方がすごくうまい。久しぶりにソウル行きたくなりました。
そしたら興味のなかった曲がすごくステキに聴こえてきました。大人の階段を上りかけた若者たちのラブソング・・・!聴いたら恋が始まりそうな甘酸っぱさ!!ささやくような歌い方がたまらない!(自分で書いてて気持ち悪い)
TEENTOPはメンバーの過半数がごつい刺青をしてしまっているそうなのですが、そんなことが一時的にどうでもよくなるレベルでした。

あとはBIGBANGのSOBER、SHINeeのViewとか好きでした。

ここからトップ3紹介に行きたいと思います。

その前に、みかぼん氏の苦言タイム。

正直言って、2015年の音楽番組はSMのアイドルばかりが1位を取りまくっていて面白くなかったです。
去年のヨジャドル売上トップはぶっちぎりで少女時代でしたが、そんなにいい曲だとは思いませんでした。
私、昔は少女時代が一番好きでした。今でも昔の曲は聴くしカラオケでも歌うし昔のステージ動画を見て可愛いなと思います。
でもジェシカが脱退したあたりからソシは変わってしまった。最初は振り回されて8人が可哀想だなと思っていたけど、あれだけ泥沼だったのに何事もなかったかのようにカムバして友情アピールしているのを見たら結構冷めました。
あと私はソシの実力が好きだったのに、韓国の音楽番組でも口パクするようになっていてショックを受けました。もともと日本の番組に出るときもほぼ口パクだったし、コンサートでも口パク率高めなのは知ってたけど、SBS歌謡祭典の大トリで2曲とも完全口パクなのは本当にありえないと思いました。おい、それでトップアイドル名乗っていいのか。
今までずっとテヨンの歌唱力が好きだったけど、近年声が変わってしまいました。浜崎あゆみとまでは行かないけど、人って声が変わるものなんですね・・・。高い音も出なくなっています。
昔はナチュラル系で素朴に可愛いところが好きだったのに、最近は美人系路線にシフトしてきて顔もだいぶ変わってしまい・・・。
色々と悲しいです。

というわけでアンチSMになっている私ですが、この曲は最高だと思いました。
f(x)「4 walls」

f(x)も問題が多いグループだったのであまり好きではなくなっていました。
でもこのMVを見た瞬間「うおお!!」と思いました。

イントロから最後の最後まで完璧。「感情という花は短い瞬間に咲き誇る」っていう歌詞の出だしから震えた。
やっぱりf(x)の世界観はすごい。ソルリが脱退したことで締まったという意見も多い。
ステージも2週目からはちゃんと歌っているのがわかるし、何と言ってもダンスがうますぎる。やはり新人とは格の違うスキルの高さ。

なんだかもう、あらゆるブラックな事情もf(x)の世界観の構成要素とさえ思えてくる。

あどけない美少女だったのに、おっさんラッパーとの恋愛に溺れアイドル業に興味をなくし脱退したソルリ。
あらゆる公演をドタキャンし中国活動にシフトしつつあるビクトリア。
正真正銘の美少女だけど常に愛想が悪いクリスタル。
ボーイッシュ担当を極めすぎてヒップホップ系ラッパー並みにゴツイ刺青を入れてしまったアンバー。
抜群の歌唱力とダンススキルを併せ持つにもかかわらず、容姿にコンプレックスがあったのか全身大工事をしてしまったルナ。

ブラックすぎる・・・!けど世界観の構成に役立っている・・・!
正直ビクトリアさんが脱退するのも時間の問題だと思いますが、ひっそりと見守ります。

お次は、Miss A「他の男じゃなくてあなた」

大っっっ好きです。MVも曲も歌もダンスも素晴らしい。この曲を聴くと、1年前の春が始まるワクワクした頃を思い出します。
この頃不仲説も出てましたが、まあ多少はあるでしょうね・・・。スジちゃんだけが売れててイケメン俳優の彼氏(イミンホ)がいたらそりゃあねぇ。(みかぼん心の叫び;国民の美女スジちゃんを食ったイミンホまじ許さねえ ついでにユナを食ったイスンギも許さねえ)
ちなみにこの曲は音源が非常に売れたのに、EXOに負けて音楽番組で1回も一位を取れなかったのは未だに根に持ってます(暗黒微笑)

ついに最後の曲になりました。

みかぼん氏が2015年最もハマったk-popは??

もうお気づきかもしれませんが・・・

2PM「ウリジプ」

ひいき目ですけども!!!
2PMの活動曲で一番好きかもしれないです。
MVもいいし(ただしテギョンの髪型を除く)、「俺のうち行こう」っていうアダルティなコンセプトもいいし、自分の語彙力ではうまく表せないほど好きだった!

以下、個人的なメモ。
・MVの私のツボは、ジュンケイさんが歴代MVの中で一番かっこよかったことと、ニックンのランボルギーニお迎えとチャンソンに引き留められるところ。

・諸事情によりカムバ期間が短かったため、各音楽番組に1回ずつぐらいしか出れなかった。しかしカムバ予算を1週に全部使えたのか、ステージのセットが超豪華だった。特にSBS人気歌謡が一番すごかったが、個人的にはThe showのMV風動画がお気に入り。

・曲を作ったジュンケイさんはインタビューで「いわゆるワンナイトラブではありません」と語っているが、日本語バージョンでは「始めようワンナイトラブ」とジュノが歌っている。

・ウリジプでは基本的にバックダンサーがおらず、小道具も使っていなかったので、2PMの素材を活かしている感じが個人的に良かった。

・前作のアルバム同様、今作のアルバムも全曲良かった。

好き過ぎて、実家に帰った時テレビのyoutube再生できる機能使って動画を見まくったのはいい思い出。しかも家族全員で。

ただ悲しいのは、1位が1回しか取れなかったこと。こんなに素敵な曲なのにどうして今の世の中では認められないのか・・・みかぼん氏は悔しい。

てなわけで、2015年のマイベストはウリジプでしたー!
なんとか終わりました。もう11時だよ!明日からまた会社だよ!嫌だよ。
スポンサーサイト
2週間も経ってしまいましたが第2弾書きます。
そういえばこないだ「生きてます」という報告を書くのを忘れていました。
みかぼんは生きています。レトルト食品で食いつないで毎日を生きています。

この前は2日連続で夕食に卵かけ納豆ご飯を狂ったように口にかきこんでました。
人間として終わったと思いました。

そんなクズOLがお送りする2015K-POP個人的レビュー第2弾です。

2015年も様々なアイドルが曲を出しました。
自分の所感としては、そこそこ売れてるアイドルは今までと似たような曲を出した印象を受けます。
夏から離れられないSISTAR、ウィアレから離れられないEXID、Aileeも毎年似たような曲だなあ、あとは・・・思い出せない←

と言いつつも、音楽番組見ているとEXIDはやはりキャリア積んでるだけあって上手い。
長い間3流でいつ解散してもおかしくないようなアイドルだったのに、ウィアレで大躍進し一流アイドルに昇格したEXIDはみんなの星だと思う。
個人的にEXIDは2012年の曲I feel goodがお気に入りである。(いきなり2015年関係ない)

本当はMR Removedを貼りたかったのだが見つからなかったのでMVを貼る。ソルジの圧倒的歌唱力とLEのラップの実力がすごい。今後ウィアレ路線から脱却できるかどうかがミソである。
(P.S. ハニちゃん好きだけど、顔はいじってると思う^^; 上のMV見たとき、誰がハニちゃんかわからなかった)

デビュー2年目で躍進したアイドルもいる。それはMAMAMOOである。
1位こそ取らなかったものの、Um Oh Ah Yeahという曲がスマッシュヒットした。私も大好きである。
MAMAMOOの魅力は、新人なのに全員抜群の歌唱力を持っているところもあるが、売る路線がナイスだったこともあると思う。
正直MAMAMOOは全員美人とは言えない。でもそこを逆手に利用し、MVを謎のギャグ路線にしたのが正解だった。メンバーのファサはまさかのおっさん男装で出ている。最初MV見たときは「ええ、何これ・・・」とドン引きしたのだが、無理な整形と厚化粧で取り繕うより断然好感が持てる。
そして極めつけは音楽番組のパフォーマンスである。どのパフォーマンスを見ても、全員がステージを楽しんでいるのが伝わってきた。100%生歌なのに毎回違うアドリブを入れてハモりも完璧で、終始満面の笑顔を見せる余裕まであるところが、本当にすごい。
私のお気に入りは、SBS歌謡祭典のステージ。(SBS厳しいからこんなリアクション動画しか残ってなかったけど)

初めて見たとき涙出そうになった。死ぬ前にMAMAMOOのコンサート行きたい。

トップアイドルだったのに不祥事で下火になってしまったアイドルといえば、T-ARAである。
でも私はT-ARA一応好きである。明らかに性格に難ありそうだし整形どぎついけど、なんやかんや言ってタイトル曲は毎回外さない。2015年の曲もすごく好きだった。(といいつつ動画省略)

ここから私の本命特集である。
まずA Pink。
2015年のカムバはRemeberのみだった。残念ながらファンの間でRemeberはそんなに評判が良くないが、私はこの曲大好きである。確かにダンスは変だったけど、歌詞もメロディーも私好みでiPhoneのアラーム音に設定してた。私毎日リメンバーで起きてた。
ただ、A Pinkの輝きが薄れつつあるのは確かだ。2015年のLUVのとき本当に本当に可愛かったのに、2016年夏にカムバしたとき、一気にケバくなった。たった半年でこんなに老けてしまうのか?!男は年を取ってもいい感じになるけど、女の子の輝く時間って短いんだなあ・・・と思った。
でもA Pinkの実力は衰えていない。私は去年単独コンサートに行ったのだが、とてもクオリティが高くて心から感動した。みんな生歌でダンスも手を抜いていなかった。特にウンジの歌唱力は絶対的だ。
生歌率と公演回数とソロパートの時間とダンスの難易度を掛け合わせて点数化したら、K-popガールズ中でウンジが1位になると思う(たとえが複雑)。そのくらい(?)ウンジはすごい歌手だと思う。

ここでいきなりみかぼんアワード発表!
A Pinkの日本1stアルバム「Pink Season」にみかぼん的ベスト日本アルバム賞をあげたいと思います。

このアルバムは日本オリジナル曲ゼロ、全部既存曲の日本語版というやる気ないアルバムなんだけれど、日本語の歌詞が非常に秀逸だったのです。韓国語版で興味なかった曲も、日本語で聴いたらすごく好きになるというK-POPではスーパーレアなケースでした。何回もリピートしてました。Remeberの日本語歌詞もしっくりきてて、個人的にもっと注目されるべきだと思ってました。



一方、ベスト韓国アルバム賞はWonder Girls「Reboot」にあげたいと思います!
ソネの結婚、ソヒの脱退で解散は確実だと思われていたワンガが、元メンバーソンミの再加入でまさかのカムバック!
私このアルバム買いました。ワンガのアルバムはいつも名盤でしたが、今回もとても良かったです!!
なぜか水着だし、なぜか楽器弾いてるし、迷走してるように見えるけども、ワンガの名前でまた戻ってきてくれたことが嬉しかったです。特に音盤のボーナストラックで脱退したソネとソヒを含めた6人のトークが入ってるのが感無量でした。(何しゃべってるのか全然わからんかったけど)
どの曲も好きだけど、厳選してCandleを貼ります。よく聴いたなあ。


次はベストMV賞!IU「23」にあげたいと思います。

紫を基調とした色使い、細部にまでこだわったセット・小道具、アニメーションの取り入れ、映像の構成、どれをとってもステキだ。IUのMVはいつもクオリティ高いけど、特に素晴らしかった。
MV以外にも、IU自身が手掛けたという歌詞も良かった。アイドルとしての自分を皮肉ったような歌詞が独特だった。
ただ個人的に曲自体はインパクトが弱かった。今回のアルバムで、IUは三段ブースターのような歌唱力を全面的に押し出した歌い方を封印し、全体的に脱力系な感じの歌い方をしていたからだ。でもそれはきっと、色々なジャンルに挑戦してみたいという気持ちの現れだと思う。既存のファンに受けが良さそうな曲を売るんじゃなくて、自分が歌いたい曲を歌いたいんだと思う。
2年ぶりのカムバなのに、IUはこの曲で活動を一切しなかった。テレビで歌ったのはSBS歌謡祭典のみである。公式では健康上の問題だと発表しているが、なぜか特定のアイドルが1位を取りまくっている傾向にある今の韓国の音楽番組への反抗だと私は思っている。日本で例えると、朝ドラの主題歌を歌ったのに紅白を断る小田和正とか、ユーミンとか、山下達郎とか、そんな感じだと思う(古い)

書き終わらないので続きは次回!あのアイドルとかあのアイドルが出てくるよ!たぶん毒舌もあるよ。いつ更新できるかわからないけど!ていうかもう3月なのにまだ2015年終わらないよ!
お久しぶりです。
約1年間ブログをお休みしていたみかぼんがついにカムバしました。
休止の理由はすっ飛ばして、今更ですが2015年のK-popを個人的に振り返ってみたいと思います。

2010年くらいからK-popにドハマリして以来、日本のテレビにK-popアイドルが出なくなっても、K-popブームが下火になっても、毎日のようにK-popを聴きYoutubeを漁り続けていました。CDも時々タワレコで買いました。それは今でも変わりません。

しかし2015年になったあたりから、自分の好きな曲が減ってきました。現に、私のiTunesに入っている2014年発売の曲は44曲ですが、2015年の曲は20曲です。半数以下になってしまいました。(小声:いろいろ厳しくなってCraving Explorerでほとんど落とせなくなったっていうのもありますが)

でも、少なくなっても猛烈に好きな曲はありました。だから決してK-popに飽きてはいません。
今日からは私の所感を交えながら好きな曲を紹介していこうと思います。

まず2015年デビューした新人ヨジャドル編です。

少し前はエロ下品ヨジャドルが大量に発生していましたが、2015年は清純派路線が増えてきました。
世間ではLovelyz(ウリム所属)、Oh my girl(B1A4んとこ所属)、April(DSP所属)などが話題になりましたが、私が注目したのは以下。

SONAMOO「Cusion」
こちらはSecretがいるTSエンタ所属の子たち。私はこの曲結構好きです。

曲として完成度高いと思うし、MVもそれなりによくできてると思うのですが、イマイチ売れませんでした。
やはりヒットするにはもっと引っかかるものがないといけないんでしょうか。キビシイ。

CLC「Pepe」
こちらはCUBE所属の子たち。

個人的にCUBE所属アイドルの実力は圧倒的だと思います。
同時期にOh my girlのMVが出て、そっちを見た後にこちらを見たのですが、実力が全然違う!と思いました。
歌えるし、ラップもうまいし、ダンスもキレがある。でもイマイチ売れませんでした。
差別化ができてなかったかもしれません。あとヨソプ似の女の子のインパクトがでかい・・・ヨソプは男だからいいけど女の子はキツイ・・・

そしてヨジャドル界のスーパールーキー、ヨジャチング
この子たちは無名の弱小事務所から出てきたにもかかわらず、音源が売れました。
ちょうど今活動している新曲では音楽番組で7冠を取って、すっかり人気アイドルの仲間入りを果たしています。

私はデビュー曲のユリグスルが一番好きです。ソシのタシマンナンセゲとApinkのNoNoNoを組み合わせたような曲でほぼパクリですが、いい曲でした。メインボーカルのユジュちゃんが若いのにめちゃめちゃ歌うまいです。
特にこの子たちは、2曲目のオヌルブトウリヌンで大雨の中何回も転びながらパフォする動画が全世界に広まって有名になり、「すごい根性だ!」と称賛されそれで有名になりました。
でも私はモヤモヤしました。なぜかというと、このときのステージは完全に口パクだったからです。そりゃ他のアイドルだって口パクすることはあるし、ヨチンはステージによっては全部生歌のときもあるし、それに大雨の中滑りながら生歌するのは酷すぎだってわかります。だけど口パクまるわかりの動画が有名になって、それで喜んでいいのかよ?と私は思ってしまいました。
だから私は心から応援できなかったんですけど、新曲のパフォ見てるとやはり他の新人とは一線を画するパフォだったので、一意に値するなと思いました。今後も注目していきたいと思います。


そしてそして、私が今最も注目している新人ヨジャドル。
我らがJYP所属のTwiceです。

彼女たちはオーディション番組SIXTEENで選抜された9人組です。
実は私、SIXTEENは全然見ていません。でもデビューしてすぐに虜になりました。
デビュー時からガチオタになったのは初めてです。
まず、MVのクオリティが高い。個々の魅力を最大限に活かしている。このMVは再生回数がぐんぐん伸びています。
私はMVが出たとき嬉しくてFacebookでシェアしたんですが、いつも誰もコメントくれないのに、なぜか会社のアメリカ人で、送別会のとき1回しか会ったことないおっさん(アメリカ在住)が「この子たちはどんな子なんだ?!」とコメントしてきて、返事したら「Awesome!」「iTunesに出てないんだけどどこで曲買えるんだ」とかめっちゃコメントしてきました。そのおっさんは今でもTwiceの公式Facebookの投稿にいいね!しています。だから(?)Twiceの人気は決して話題性のみではなく、世界に受けるレベルだと思ってます。
日本でも見えないところで人気になってるようで、去年新宿の高島屋のエレベーターでウアハゲが音漏れしてましたし、電車で音漏れを聞いた報告もあります。Twitterでも、いろいろあって疲れたソシペンがTwiceに流れる現象が多く見られます。

MVがいいのもありますが、何より個人の魅力が強いです。年取ってメンバーの顔と名前覚えるのがめんどうになったみかぼん氏でも短時間で覚えました。量産型美少女じゃない、素の魅力があります。(いつかじっくり語りたいです)

でも唯一の弱点は歌唱力。メインボーカルジヒョちゃん頼みになってます。だけどよく考えたら2PMも昔はわりとひどかったし、ワンガも昔の映像見てると残念なときもあるので、まだまだ伸びしろはあります!!それに、歌が残念でカッコ悪くても絶対口パクしないJYPの正直な姿勢はとても好きです。

今年の初めは台湾人美少女メンバーのツウィちゃんが政治問題に巻き込まれるという悲しい出来事もありました。あのときは本当に心が痛くて、JYPに不信感を覚えたのも事実です・・・。でも鎮静化してツウィちゃんの笑顔も見られるようになりましたし、この難しい時代に外国人、しかも3分の1を日本人にしたJYPを私は信じたいです。

Twiceの更なる活躍を祈っています。できれば1位を取ってほしいです!

以上、新人ヨジャドル所感でした。
JYPN


私がJYPNで感じたのは、アーティストたちの、「来てくれたお客さんをありったけの力で楽しませよう」という心でした。

3時間半ノンストップのステージ。そこには、アーティストたちの本気のパフォーマンスがありました。

一部のダンスパフォーマンスを除いて、多少被せはあるとしても、ほとんどが生歌。

何より私は、餅ゴリラことパク・チニョンがJYPnationにかけたこだわりを感じました。

まずセトリが素晴らしかったです。

アーティストの歌唱力・ダンススキルを存分に発揮するコラボステージの存在。
JYPNでしか見られない様々なアーティストの組み合わせのコラボを見ることができて非常に貴重でした。
持ち歌を別のアーティストが歌うこともありましたし、洋楽のカバーもあり、飽きることがありませんでした。
持ち歌にしても、CD音源そのままでなく、特別なアレンジを加えてダンスも変えている曲もありました。
また日本公演用にセトリも変更が加えられており、日本人がより楽しめるように工夫されていました。

こういったコラボステージや日本用のセトリ変更は、多忙なアーティスト、それも複数グループにまたがっている場合は準備が大変だと思うのです。でもJYPはスケジュールを合わせ、準備をやってのけました。持ち歌を順番に披露するだけなら楽でしょう。口パクなら日本語も覚えなくて済みます。それでも彼らは準備を重ねて、嘘のない本気のパフォーマンスを魅せてくれました。

MCで通訳さんを一切使わず全員日本語で通したところも、JYPならではです。通訳さんを使ったらダメだとは言いません。韓国語のほうが彼らの率直な気持ちを聞けますし、日本語といってもカンペが存在しますが、日本語で思いを伝えてくれた彼らに私は心を打たれました。

あまり知らないアーティストの子がいても、知らない曲があっても、心からコンサートを楽しめたのは、全アーティストの真摯な思いが伝わってきたからだと私は考えます。

そんな彼らを発掘し、育て、プロデュースしたパク・チニョンは本当に偉大だと思いました。もうゴリラ社長なんて呼べない。ゴリラ師匠と呼ぼう。←
自らステージでピアノを弾き、歌って踊る師匠が、エンターテイナーとして、人間としてかっこよかったです。

JYPNationは私にとって、人生で一番楽しいコンサートでした。超えられないと思った東京ドーム2日目を超えてきました。
1か月以上経つのに今でも鮮明に覚えています。お母さんもいまだに「良かった」と言ってくれます。私はお母さんに、「お母さんは幸せ者だよ!あんな最高のコンサートないよ?あんないい席で見ちゃったらもう他のコンサート行けないよ!」と言ってます(笑)
思い出と親孝行の機会を与えてくれたJYPに感謝です。
JYPのアーティストも大・大・大好きになりました。男の子も女の子もみんな好きです。これからも応援します!
とりあえず、本気でDVD化、いやBD化を希望しています。あの感動を我が家でもう一度味わいたいです。

大変遅れましたがこれでJYPNレポを終わります。
本当はこの後に私が考えていることをかっこよく書いて閉めようと思っていたのですが、書いてるうちにわけがわからなくなったので諦めました。自分の中でうまくまとまったらいつか書きます。
ここまで読んで下さった方々、本当にありがとうございました。
自分、時間の使い方がヘタ過ぎてこんなに更新が遅くなってしまいましたが、今日完結させたいと思います。

9/6JYPN昼レポ後半!!

28  ジュノ×スジダンスコラボ
いやぁ二人ともダンス良かった!スジちゃんメチャ可愛かったし、至近距離で向かい合うときにハニカむ二人がムズムズするほど可愛かった。

29 チャンソン×フェイダンスコラボ
実は私、この日のダンスコラボの中で一番感動した。フェイちゃんは本当に細くてスタイルが良くてキレのあるダンスが美しかったし、リードするチャンソンもダンスがうまくてウットリした。

30~33 2AM
2AMは4月の東京ドームシティホール以来だった。2回目の彼らもとても歌がうまくて、心のこもった歌に惚れ惚れした。前回聞けなかった「死んでも離さない」が生で聴けて感無量。
ウリオンマはテク寄りだけどJYPNに来て一番好きになったのはスロンだとのことで、「テギョンより背が高いのにすごく歌がうまい。かっこいい。」とおっしゃっていた。私もスロンさん好きだ。でも抜群の歌唱力を持つチャンミンさんも好き!

34 2AM+2PM ONE DAY
ONE DAYでバラード披露。このときのスーツ姿がみんなカッコ良かった!彼らのバラード、心に染みたなあ。

35 テギョン、スロンコラボ
二人が花道で分かれるとき、テギョン来るかと思ったらスロンさんが来てしまった!いや、スロンさんも好きだけどできればテギョンに来てほしかったTT

36 ジュノ、ヨンジェコラボ
このコラボ、JYPN行った人の間でも大人気で、本当良かった!ジュノくんはFEELの金髪ヒップホップ風よりも、黒髪で大人しい格好してるほうが真面目そうで私は好み。二人とも制服着てて、高校の先輩後輩風なところが可愛かった!のちにウリオンマが「ジュノくんとデュエットした赤いカーディガン着た子がかわいかった」と大絶賛していたように、ヨンジェくんが超可愛かった!先輩のソロ曲を日本語で歌うなんてプレッシャーも大きかったろうに、ちゃんと上手にこなしていて偉かった。

37 グォン×ミンダンスコラボ
あのレディーガガの曲をパフォーマンスなさっていた。二人ともダンスキレキレで圧巻!カッコよかった。

38 イェウン
ワンガのイェウンちゃんのソロ曲。彼女もすごく歌がうまかったし、可愛かった。自己紹介するときのしゃべり方も可愛かった。ワンガとしての彼女を見たかったな、とも思った。

39 イェウン、ジヌン、ジアコラボ
私もお気に入りの「Me, in」を3人でコラボ!ワンガ2集Wonder Worldに入ってて大好きな曲だったので嬉しかった。
こちらのサブステにはジヌンが来てくれた。ジヌンも背が高くて顔が小さくてかっこよかったな~♪

40 JYP、イェウン、Jun.K、イェリンコラボ
JYPが出てきたときアリーナでは笑いが起きててちょっと可哀想だった(笑)←笑うな
こちらも歌唱力抜群メンバーによるコラボで、感動した。(前半同様「感動した」「可愛い」「かっこいい」ばかりですみません。語彙力なくてすみません。他に表現が思いつきません。)
前半書くの忘れたけど、この日のジュンケイさんのように前髪降ろしてて大人しい格好してるほうが私は好み。後ろの席の子たちが「2PM今日全員イケメン!」と言ってたのだが、本当に全員髪型事故ってなくてかっこよかった。

ちなみにオールスタンディングを貫いていたみかぼん氏、イェウンあたりでついに力尽き椅子のお世話になった。
というのも、JYPNは休憩タイムが一切ない!!
普通のコンサートでは、アーティストが着替えてる間とかにつなぎの映像が上映されるのだが、JYPNは多くのアーティストが出演しているのでわざわざつなぎの映像入れなくても次に出演する人が準備できるらしく、ノンストップだった。
25歳独身OLみかぼん氏もさすがに体力の限界だった。しかも暑い。汗だくでペンラを振って叫んでいた。風呂に入りたかった。ガチャで当たるとミーグリできるらしいが、化粧落ちまくり汗だく状態でテギョンに会うなんて罰ゲームだと思った。
そんなことを思いながら座っていた私。だが次の曲のイントロが始まった瞬間、親子で椅子からロケットのごとく飛び上がった。

41~46 2PM
ギャアアアア!!!!I'm your manキタアアアア!!!叫んだ叫んだ。シャツはだける瞬間一層大きくなる歓声に高まる高まる。掛け声も一緒に叫んだ。テイクオフで一緒にポーズもした。オンマも見よう見まねしてた。もう楽しくて楽しくて仕方なかった。

アンコール
花道とサブステにアーティストがたくさん来てくれて、近くで見られて、もう本当に本当に感激だった。「にっくーん!」「じゅのー!」「じゅんけー!」「ちゃんそおおおおおん!!」叫んだ。
金髪チャンソンが超絶美しかった。そしてテギョンがついにやってきた。
キャアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!!!!
叫びが止まらない。自分ってこんな叫べるんだと思った。5年分ぐらい叫んだ。叫びながら涙目になってくる。テギョンがいた。なんか私と違う方見ていつものウザ顔で指さしてる。youtubeで見るのと同じだ。かっこいい。
目の前でテッチャンが並んだときは、世の中にこんなに美しい風景があるんだと思った。
目の前でチャンヌノが絡んでいたときは「ああ、これが世に聞くチャンヌノか」と思った。
ちなみにウヨンは一度も右側のサブステに来てくれなかった。左側には行ったんだろうか?オンマも「今日全然ウヨンを見なかったんだけどあの子どうしたの?」と言っていた。

こうして大興奮・大感動・汗だくの末にコンサートは終わった。最後のビデオメッセージまで見終わってから出ようとしたら、ものすごい大混雑に巻き込まれ出るだけで一苦労した。もともと1公演だけ見るつもりだったからよかったけど、夜の部も見るなんて私と母にはとてもできない。見る方も疲れるのに、アーティストは昼も夜も、しかも3日連続4公演もパフォーマンスしていてその強靭な体力に感服する。

とりあえず後半レポ終了です!次はまとめです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。