上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チャンオクチョン愛に生きる

チャンオクチョンの感想を書きます。

最初の子役時代は結構面白いと思ったんですが、大人になってからそんなに面白いとは思えなくなってきまして・・・でも続きが気になって結局最後まで見てしまいました。
今日はこのドラマの良かったところと好きじゃなかったところに分けて感想を書いてみたいと思います。

☆良かったところ☆
ユ・アインが素敵!
今まで1ミリたりとも興味のなかったユ・アイン氏。登場してから2話目ぐらいでスキになりました。
一見なんともない平凡な顔だけど、演技がうまい!!実力派俳優ですね。人気ある理由がわかりました。
よく見たら顔が小さくて背が高くてスタイルいいですね(最近こればっかり言ってる気がする)
少しうつむいてはにかんだと思ったら、上目づかいで見つめてくる。この可愛さとセクシーさのダブル攻撃がたまんないんですよ!!(わかってほしい)彼の出演映画とか見てみたいなーと思っちゃいました。

映像がキレイ!
センスゼロの私が言ってもあんまり説得力ないんですが、このドラマの美術担当さんの才能はスゴイと思います。韓ドラの魅力の一つはこだわり抜いた映像だと思います。
チャンオクチョンがファッションデザイナーだったという設定のためたくさん衣装が出てくるのですが、どれもステキでした!衣装・小道具・セット・CG・・・どれも色彩豊かでステキでしたね。

☆良くなかったと思うところ☆
女性陣の演技・・・
ストーリーにも問題あったんですが、私が一番気になったのは女性陣、特に主演キム・テヒさんの演技でした・・・。
私はキム・テヒさん好きで、韓国一のウルトラスーパー美人だと思ってます。おそらくほぼ整形なしの真の美人、しかもソウル大学の服飾科?を出てるはずなので、チャン・オクチョンを演じる女優はキム・テヒさんしかいないと思います。
でも正直、演技は上手じゃないですね。実はまともにキム・テヒさんのドラマをまともに見るのは初めてだったのですが、改めてそう感じてしまいました。子役時代の途中で悪夢にうなされるシーンから「ヘタだなぁ」と思いました。表情がワンパターン。

イニョン王妃役のホン・スヒョンさんは「天使の誘惑」「サラリーマンチョハンジ」で見たときは普通に上手な女優さんだと思ってたのですが、今回見たときはあんまり上手じゃないと思ってしまった・・・。なぜだろう、日本人の私が言うのもなんですけど、セリフの読み方に不自然さを感じました。もしかして時代劇風の口調に慣れてなかったんでしょうか?

そしてKARAのスンヨン。いやぁ、ヘタでしたね・・・。スンヨンは好きですが、ヘタでした・・・ごめんなさい。

このようにメインヒロイン3人の演技が好きじゃなかったので、あまり落ち着いて楽しめませんでした。こういうことは韓ドラでは珍しいです。
男性陣の演技は良かったと思います。ジェヒくん頑張ってた。

まあ、年齢差感じるよね
「太陽を抱く月」といい、なんで韓ドラって実際の年齢無視してカップル設定するの?
いくらキム・テヒさんがスーパー美人とはいえ、だいぶ年下のユ・アインとカップル組むには違和感があり過ぎました。

そんなにすごく面白いドラマではないけれど、映像美が良かったし、あと去年旅行で高陽市に行ったときにこのドラマのポスターをたくさん見かけたので、いつか必ず見たいと思ったドラマを見られて良かったです。
スポンサーサイト
2014.05.13 結婚前夜
結婚前夜

公開初日に新宿のバルト9で見てきました。実は公開初日に映画を見に行くなんて人生で初めてでした。私が見た回はほぼ満員でした。初日に来るようなガチオタ(私含む)が一同に会する光景は圧巻でしたね。

実は、「絶対私に合わない内容だろうな」と思って全然期待していなくて、テギョンが出てこないシーンは白目を向いてるだろうと思っていたのですが、テギョンの出番の少なさが気にならないほど面白かったです。

また、テギョンのラブラブシーンの激しさで鑑賞後1か月間は壁を殴り続けるか魂の抜け殻になるかのどっちかだと思っていたのですが、全然そんなことはなかったです。この理由はのちほど。

韓国映画は面白いのと面白くないのがありますが、この映画は面白い方に含まれると思いました。テクペンの方はもちろん、そうでない方にもオススメします。まだ公開したばかりなので遅くありません。皆さんも公開している映画館へGoGo!(宣伝)ただし、親子で見に行くもんじゃないよ!絶対気まずいから!


ここからは詳しく感想を書きます。そんなにネタバレありません。
ストーリーは、それぞれ事情を抱える4組のカップルが結婚式を挙げるまでの過程を並行して繰り広げられています。これが非常にテンポ良くて、映像もキレイで飽きませんでした。4カップルはそれぞれ知り合いではないんだけれど、時々同じ店にいたり、店員とお客さんの関係だったり、各カップルのストーリーが交差しているところが、うまいと思いました。
それぞれの事情っていうのも、現代ではよくありそうなもの。下ネタがちょっと露骨なんだけども、実際こんなもんなんだろうなーと思いながら見てました。リアルだと思う。知らんけど。

笑えるシーンも多かったです。同じタイミングで映画館全体がブワッ!ってなってました。
でも最後の方は、泣ける話になってました。すれ違っていたカップルがまた仲良くなるところ。ここが韓国ドラマor映画らしい明るい演出で、心温まりました。なぜかその場にいる人がみんなで踊り出すシーンとか、普通に考えたら奇妙なんだけど、韓ドラor映画で見るとなぜか感動するんですよね。ドリハイにもありましたよね。

女優さんはみんなキレイでした。特にコ・ジュニさんがモデル体型でめちゃめちゃキレイ。男性陣はまぁ微妙だね^^;

結婚はいろいろ大変だけど、愛っていいね。幸せになりたいね。って思える映画でした。テギョンが作った曲が最後に流れて、前にも何回か聴いたことあったのに映画を見たら突然いい曲に聴こえてきて、幸せな余韻のまま見終えることができました。

もう1回見に行きたいかも、と思えました。第2段の先着特典ポスターが良さげなのでこりゃ行くかもしれん!?

これで全体の感想を終わります。
続きでテギョンに特化した感想を綴ります。ネタバレ要注意です。
→続きを読む?
ゴールデンウィークはカレンダー通り出勤・みかぼんです。

どう考えてもブログ書いてる場合ではないのですが、ドラマ感想は義務みたいになってるので書きます。

ユチョンとユン・ウネのドラマ「会いたい」

わりとヒットしてたような覚えがありますが、私はあまりハマれず、途中から「ながら視聴」になり真剣に見てないので正確な感想は書けません。

以下、思ったことをバラバラと。

・子役はひたすら美少女&美少年だね。
キム・ソヒョンちゃんという子が可愛い。ミューバン?のMCやってるのを見たときは「昭和っぽい顔の子だな」と思ってましたが、ストレートヘアーにすると美少女でした。これだけ大人役と子役がマッチしたドラマがあっただろうか。「全然似てねーよ」と言いたくなるドラマが圧倒的多数の中、まるでそのまま大きくなったようでした。ヨ・ジングくんもこんなにイケメンだったっけ?確かイルジメの子役だったよね?うまく成長したなー。

・暗いね。
暗いドラマは好きな方なんですが、このドラマは暗いテーマを活かしきれていない気が・・・。なかなかストーリーが進まなかったような(真剣に見てないから断言できないけど)。
ユン・ウネは本当に可愛い。ラブコメを卒業してシリアス役に挑戦したこともいい。でもこれってどうなんだ。いつも鼻を赤くして泣いてばかりの役だったような気がする。これは脚本が問題だと思う。

それと、私はユ・スンホにどうしても子役のイメージを持ってしまうので、違和感を感じる。「アランサトデン」のときもそう思った。イケメンだとは思うけど、ユン・ウネやユチョンと渡り合えるようには思えない・・・。

結局ハリーがヤンデレキチガイだったっていう結末もなんだかなあと・・・。
私真剣に見てないからよくわからないけど、ハリーとジョイは交際してたの?それならジョイにも落ち度があるけど、そうでないならハリーが一人で狂ってただけってことになる。でもだとしても曖昧な態度を取ったジョイも悪いか。うむ。

・OSTは雪の女王と魔王を混ぜた感じがしたな

・蒼のピアニストよりはマシだけど、その冬風が吹くの方がまだ面白かったかな・・・

って感じです。これからは、今日から週1で始まる「花ざかりの君たちへ」を見始めようと思います。そんなに期待はしてない。

しばらく面白そうなドラマが無料放送でやらないのでさみしいです。個人的にはテギョンの「Who are you?」がどこかで放送されないかと期待しております。本当に期待しています。お願いします。
どうも、ダメ人間みかぼんです。
明日研修最終日でグループでプレゼンするんですが、発表担当じゃないから練習せず、かといって想定される質問も何も思いつけず、ほとんど人任せで自分はブログを書いている最悪な人間です本当にごめんなさい。
周りが優秀過ぎて私の出る幕がないんですよね…。全員にご飯おごって謝りたいレベルなのに、ご飯一緒に食べるほど仲良くないっていう←


とにかく「サラリーマン楚漢志<チョハンジ>」を今日見終えたので感想を書きます。

このドラマは、大手製薬会社を舞台に、サラリーマンたちが互いの利権をかけてバトルする痛快ビジネスドラマ、で合ってるかな?
前半はすごく面白かったです。製薬会社というこれまでの韓ドラにはないテーマが新鮮だった。テンポが良くて、コメディ要素も満載。少年マンガみたいなノリだった!ヨチさんの「ピー」演出は韓ドラで初めて見ました。
だけど後半は派手な演出がなくなって頭脳戦みたいになって、地味になってしまった感じがしました。内容はとても真面目でよく考えられていると思うのですが、私が興味をなくしてしまいました・・・。
それぞれの登場人物がそれぞれの思惑でバトルを繰り広げてるところがいいと思ったのですが、ガビさんがラスボスだったという展開にも違和感を感じました。終わってから振り返ると、ガビさんが悪女だったっていう印象が大きいです。

でも全体的には、痛快でスッキリするいいドラマでした。
俳優さんたちの演技も良かった。イ・ボムスさんは初めて見たのですが、さすがベテランだなあと思いました。背はそんなに高くないのに、存在感がある。立派な方だろうに、変わり者なユ・バンを見事に演じていて、俳優さんってすごいなと改めて思いました。
チョン・リョウォンさんは今まで美人役というイメージしかなかったけど、このドラマでは放送禁止用語言いまくり(全てピー)、破天荒なお嬢様なのにホームレスまで経験しちゃうという面白いキャラクターを演じておられ、イメージがいい方へ変わりました。こういう役もできるんだ!と驚きました。

チョン・ギョウンさんはもともと好きな俳優さんです。今の私の好きな俳優さんランキングで1位かもしれないです。超イケメンってわけではないんだけど、背が高くて体格が良くて、演技がうまいんですよね。最近ご結婚されたそうです。おめでとうございます!奥さんいいなあ~。
このドラマでもカッコ良かったです。チョン・ギョウンさんが出てるドラマって大体面白いんですよね。「太陽の女」「憎くてももう一度」「千万回愛してます」「サイン」「ロマンスタウン」etc...私が思うに、ギョウンさんはイメージが偏らないように注意深く脚本を読んで出演を決めてる気がするんです。これらのドラマ、テーマがバラバラなんです。このサラリーマン楚漢志もまた違ったテーマ。きっと、色々な役に挑戦して成長していくつもりなのかなと思います。いいことですよね!次回作も大期待です。


今回はガッツリ書きませんでしたがこれで終わります。

今まだ見続けてる韓ドラは「会いたい」ですが、探してる本人だと気付くのに時間がかかる展開にイライラしてハマれてません。

あとニックンさんの開き直りが加速してHOTTEST界が大荒れしてますが、私はまた1周回って心穏やかになりました。なんかどうでもよくなりました。これについては来週時間があればじっくり書こうと思います。とりあえずうらやましいです。

私は明日からまた研修です。先週研修の愚痴を書いたところ読者のみなさんから温かい励ましをいただき感謝感激しました。拍手もたくさんいただいて、もう感無量です。本当にありがとうございます。
でもすみません、愚痴をこぼした1週目より、2週目の方が100倍大変でした。あんなに甘かった1週目で自信をなくすなんて私バカでした。
明後日からは部門での研修が始まります。嫌な予感しかしません。きっとこれからどんどん大変になってくるんだと思います。いちいち愚痴ってたらキリがなさそうなので、もう少しポジティブに生きて行こうと思います。
ダメ人間なりにできるところから努力を・・・ってブログ書いてる暇があるなら勉強するなり本読むなりしろよって感じですね。

それではこのへんでアンニョン!
2014.03.28 メイクイーン
ドラマ「メイクイーン」の感想を書きます。
このドラマは韓ドラの中でも優等生の部類に入ると思いました!
いつも通りネタバレ満載です

(デカい写真を拾ってしまった)
メイクイーン

復讐サクセスストーリーは韓ドラの王道ですが、最近はどれも似たような設定・ストーリー展開で正直飽きはじめていました。でもメイクイーンのストーリーは他のドラマとは少し違った切り口で展開されていたように思います。(優秀な息子を守るために悪事を働く設定は若干「赤道の男」とかぶりましたが)
撮影前に大筋のプロットができあがっていたのか、全体的に無駄なシーンが少なくテンポよく進み、イライラすることなく見進められました。すごく気になるところで次回に続くので、毎日楽しみでした。続きが気になる終わり方をするドラマは最近では貴重だと思います。
船というテーマを最後まで丁寧に扱ったところも評価できます。ダメなドラマだと、テーマがあっても途中でストーリーに全然関係なくなって、結局なんのためにあったの?ということがありますが、メイクイーンでは最初から最後まで主人公たちの夢として位置づけられていていました。最後に目標が達成したときは感動しました。どんな困難があっても、めげずに努力し続ければ必ず夢は叶う、というありふれたメッセージですが、改めてこのドラマを見て感じることができました。

でも一点残念な箇所がありました。このドラマは好評につき延長したらしく、一切無駄なシーンがなかったのに最後から5話目ぐらいの話で突然テンポが遅くなります。事務所?が火事になるところですが、この火事がきっかけでヒロインと宿敵が実の親子であることが発覚します。この展開は他の韓ドラファンの方々もガッカリしたようです。せっかく他のドラマと差別化されていたのに、韓ドラあるある展開になってしまうなんて!親子設定が最初からあったのか、それとも延長のためムリヤリくっつけたのかはわかりませんが(伏線があったという意見もありますが、唐突な火事発生、テンポのダレ具合などから考えて、私は後者のような気がしています)、最終的にうまくまとめていたので良かったと思います。

あと悪の権化チャン・ドヒョンがワルすぎて誰も味方がいなくなったため、終盤は何がどうなっても倒せるでしょ、と思ってしまい緊張感がなくなりました。でも死に方は悪くないと思いました。「エデンの東」や「蒼のピアニスト」のように、一通り悪いことやって逃げられずに死んでやる!っていうのはズルいと思います。この人は一応ヘジュと和解したからそこが少し救われた気がします。

ここからは主要キャラクターについて思ったことを書きます。

チョン・ヘジュ(ハン・ジヘ)
彼女のメンタルの強さは見習いたいです。幼少時代は育ての母に虐められ、大好きな父は自分のせいで事故死、大人になっても家族を支えるために苦労、長年交際した恋人には裏切られ、それからは努力しても宿敵に妨害されまくり。しかもその宿敵と実は親子。なのに決して弱音を吐かず、悪口も言わず、ひたむきに頑張る。そうして最後には成功を手にするのです。私だったら人生を投げ出してしまいそうです。でもそんなことでは成功できないんですね。私も彼女のようにめげずに頑張ろうと思いました。
ハン・ジヘさんは今までそんなに好きな女優さんではありませんでしたが、ヘジュのキャラクターが良かったので、好きになりました。華やかな顔ではないけれど、とても背が高くてスタイルが良い方ですね。

カン・サン(キム・ジェウォン)
サンは序盤からヘジュにデレデレしていてチャラチャラしていたのであまり好きではありませんでした。キム・ジェウォンも昔から「ふやけた顔してるなー」なんて思ってて好きじゃなかったんです。でも仕事に打ち込んで、妨害されて一文無しになっても必死に駆け上がる姿を見て、アレ?キム・ジェウォンってこんなにカッコよかったっけ?よく見たら背が高くて顔が小さくて足が長い。色も白い。ヘジュに向ける笑顔がとても優しい。これがキラースマイルってやつか!
前の記事でも書きましたが、仕事と恋愛両方に全力を尽くすナムジャが魅力的だと思います!ただ終盤のラブラブ演出はおなじみの「いい年して何やってんだ」状態でしたね。

パク・チャンヒ(ジェヒ)
2PM関連の記事をきっかけにこのブログを読んでいただいてる方は知らないかもしれませんが、実は私は「快傑春香」という韓ドラにドハマリしたのがきっかけでブログを開設し、当初はその主演俳優だったジェヒくんが大好きで応援していたんです。テギョンと全然違ってそんなにイケメンじゃないし背もそんなに高くないし有名じゃないんですが、演技がうまくて好きだったんです。今はテギョンが好きですが、ジェヒくんのことは陰ながら応援しています。もはや親の気持ちです。結婚して子供がいると知っても「それは良かった」と思ってました。こうしてジェヒくんがいい作品に主演級で活躍できて嬉しかったです。
チャンヒの役が合っていたかどうかは、私には判断できません。ひいき目があるので。ジェヒくんは頑張ってたと思います。
でも言うなれば、チャンヒのキャラクター設定に無理があるような気がしました。行動が極端です。ヘジュを愛していたのに、復讐のために冷徹な男になって宿敵の手下になります。そんなキャラじゃないのにプレイボーイになってイナを誘惑します。「だからってそこまでするか」という感じです。上に書いたようにみんなドヒョンを憎んでるんだから、そんな回りくどいことしなくてもみんなグルになれば一発で倒せるんじゃね?と思いました。ヘジュたちも、チャンヒが味方なことに気づいてもいいと思いました。

チャン・イナ(ソン・ウンソ)
幼少時代はワガママ娘でしたが、大人になって超美人になります。すごく背が高くて足が長くて細い!少女時代のソヒョンに似てるな~と思ってたら、ホントに似てると話題になってる人でした。最初はサンが好きだったのに、チャンヒに誘惑されてコロっと落ちて結婚します。本当は愛されていなかったのでイナが可哀想でしたね・・・。でも最終回でチャンヒと復縁ハッピーエンドを匂わせていたので、良かったです。

グミさん
キーパーソンにして、一番意味不明だったキャラクターだったかもしれません。結論から言うと、
ドヒョンと交際していた

ドヒョンが他の女と結婚して落ち込んでるところにハクスさんに求婚され、結婚

ハクスさんの外出中にドヒョンと子供をつくり、ヘジュを産む

ハクスさんは全てを知っていたが、自分の子として育てる

ということになります。記憶があやふやなのですが、検事さんにドヒョンとの不貞を疑われたときに、グミさんは強く否定していた気がするんですけど。だからヘジュとドヒョン親子設定が後付けのような気がするんです。
何より、ハクスさんはドMなんでしょうか。元交際相手の子供を産んだ妻を変わらず愛し続け、その子供も溺愛するなんて、ちょっと異常じゃないですか。
このドラマは、グミさんが男にモテすぎたばかりに起こった悲劇のような気がしてきました。


いくつかガッカリポイントはありましたが、全体を通して、夢の大切さを教えてくれるいいドラマでした。オススメです。準殿堂入りです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。