上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
会社のチャイナチングに「すごく面白いよ!みかぼんちゃんも絶対見て!」と超オススメされたので、三連休の2日間を使ってYoutubeで一気見しました。

面白かったです。

自分にとっては「半沢直樹」ぶりの日本のドラマ。
日本のドラマでこんなにドキドキしたのはいつぶりだろう?いや、最近韓ドラでもドキドキすることなかったなあ。

「清純派AV女優」と同じぐらい矛盾してますがまさしく「不倫純愛」だなあと思いました。

主人公サワ(上戸彩)はブサイクな旦那のごはんを作ってパートに行ってまた旦那のごはんを作る毎日を繰り返している普通の主婦。そんな中、セレブ美人妻リカコさん(吉瀬美智子)にそそのかされて不倫の道に進んでしまいます。

「不倫をすれば夫にも優しくできるからみんな幸せになれる」みたいなぶっ飛んだ理論が展開されるドラマですが、共感できる台詞や設定が多いんです。もちろん私は結婚したことないから全部人の話や想像ですが・・・
確かに妥協でブサイクな男と結婚して、社会的には既婚者としてステータスを得られるかもしれないけれど、ブサイクな旦那のごはんをひたすら作り旦那の帰りを待つだけ、しかもサワさんのように旦那の愛を感じることもない生活なんて、幸せなんだろうか。私は25歳独身OLで現在必死に旦那候補を探している最中ですけど、もし今の年で結婚して家に閉じこもる生活をしろと言われたら、すごくつまらないと思います。ましてや子供なんて今から育てたくない。飲み会だって行きたいし、コンサートも旅行も行きたい、いろいろな人に出会って話をしてみたい。まだまだ遊びたい。

サワさんのような主婦は日本、いや世界中にたくさんいると思います。このドラマを見ると、サワさんが不倫に走ってしまった理由が自分にもわかってしまいます。
この不倫の過程が驚くほどロマンチックなんです。イケメン生物教師との出会い、恋、そしてただならぬ関係へ・・・いけないとは知りつつも、想いは止められない・・・!(ポエムモード始動)
チャイナチングが「昼顔見ると自分の倫理観がわからなくなるヨ。不倫の方が愛が燃え上がるような気がするヨ・・・。」と言っていたように、私もドラマの不倫ストーリーにキュンキュンしました。冒頭で書いたように、本当ににこんなにキュンキュンしたのは久しぶりでした。

チャイナチング(よく考えたらこの呼び方おかしい)「もし私がサワさんだったらどうするカナ?不倫しちゃうかもしれないヨ・・・ねえねえみかぼんちゃんだったらどうする?もしMさん(会社の先輩)と結婚してRさん(会社の先輩)が優しかったら・・・」
「やめてー!!」


先生がまたイケメンなんだわ。斎藤工さんという俳優さんで私は初めて知ったのですが、日本にこんなイケメンがいるとは!真面目そうな雰囲気で声が優しそうで、メガネがよく似合うのに、体がたくましいんですよ!半袖からのぞく二の腕がたまらなかったですね。もっと脱いでほしかったです(調べたら身長184cmでチャンソンと同じ!33歳とのこと。8歳差ならいけるいける!←)
個人的には先生の設定が興味深かったですね。大学に残って研究したかったけどできずに荒れた高校で教師をしている。対照的に奥さんは研究を続けて大学でどんどん偉くなっていく・・・。大学の研究者になるのは難しいことだってよく聞いてるし、奥さんの方が偉いと男はプライドが傷つくみたいだし、この夫婦も珍しくなさそうだな、と思いました。

幸せな日々も束の間、不倫がバレて修羅場になり二人は別れました。詳しく言うと、サワさんは離婚して先生夫婦は引っ越した。
私はこの結末を見て、「悪いことをすると必ず自分に返ってくる。やっぱり不倫はダメだ」と思いました。
でもチャイナチングは結末に納得いかないらしく、
「脚本家は倫理的に考えてこの結末にしたけど、現実はきっと違うネ。先生も奥さんと離婚してサワさんと幸せに暮らす」
と言ってました。現実はどうなのかわかりませんが、もし自分がサワさんだったら、不倫はやめます。
だけどそうしたら、サワさんが救われない。死ぬまでブサイクな旦那のごはんを作り続けなきゃいけないのか。それに、先生の奥さんにも非がある。旦那を心から愛してるとは思えない。罪を犯さず皆が幸せになるにはどうしたらいいんだ・・・
わかった。自分と相手の離婚が成立してから交際すればいいんだ。これだ。
だから私が既婚者と不倫しそうになったら、「まず奥さんと離婚して!」って頼もうと思いました。はい。

ここまでがストーリーの感想。ここからは別の視点からの感想。(一応説明してみた)

「そうだよ。これがドラマなんだよ!こういうドラマが見たかったんだよおおお!」
と、韓ドラマニアのみかぼん氏も唸る脚本・演出でした。(相変わらず上から目線)
脚本家は井上由美子さんで、私が日本のドラマで一番好きな「白い巨塔」も脚本を書かれています。白い巨塔は脚本があるからある程度ストーリーはできているけど、全然違うテーマのドラマの脚本を書ける才能がスゴイと思います。

出演者の演技もよかった。吉瀬美智子さんの美貌が素晴らしいです。あんなに細くて足長くてキレイなのにアラフォーなんて信じられない。
さっきも言ったように、男性の肉体がイイんですよね~
ブログのためにポスター写真探してたら・・・
うおおおおお!!!!スゲェェェェ!!!
昼顔
良いですね~良いですね~ニヤニヤ
(周りの女の子に筋肉が好きって言うと「えーヤダ!」と言われるんですが、私だって2PMに出会うまでは筋肉なんて気持ち悪いと思ってました。すべては2PMのせいです。大好き)

音楽も良かったですが、昔見たドラマ「トライアングル」の曲に雰囲気が似てたような?同じ作曲家なのかな?

私が唯一納得できなかったのは、上戸彩の演技です。半沢直樹の奥さんやってたときと演技が同じような気がするんですよね。素敵な台詞のナレーションも、ただ読んでいるような印象を受けてしまいました・・・
でもごく普通の主婦という設定には合ってたと思います。昔アイドル的存在だったとはとても思えないほどでした。

チング「ね、面白かったでしょ!」
私「うん!私も恋がしたいって思った」
チング「そう、恋がしたい」
私「あなた彼氏いるじゃん!!」
チング「不倫してる設定で付き合ってみようってカレシに言ったらバカにされたヨ^^」
私「T_T」


~おしまい~
スポンサーサイト
2013.09.26 半沢直樹
日本で視聴率40%越えの大ヒットを記録したドラマ「半沢直樹」。
親にすすめられて私は3話から見てました。最初は「どうせ日本のドラマなんて面白くないでしょ」と疑ってたのですが、だんだんハマりました!日本のドラマを面白いと思うのはいつぶりだろうか?

予想の斜め上を行く展開、無駄のないストーリー配分、そして来週も見たくなる終わり方。こんな日本のドラマ最近見たことない。

私は、変な意味ではなく「韓ドラに似てる」と思いました。
まず、絶対的な悪役がいるところ。倒さなきゃいけないラスボスが定まってるから、わかりやすい。
それと、主人公が幼少から復讐心を持っているところ。親が悪役のせいで自殺する設定なんて、ホントに韓ドラみたい!韓ドラは復讐ものがゴロゴロしてます。もう半分以上復讐ものじゃないの?ってくらいです。誰も得しなくても、自分に危険が及んでも、周りに止められても復讐を続けるストーリーは、韓国人の気質を表してるなと思います。それに対して日本は刑事ものが多い。どこの局でも1時間か2時間で事件を解決している。日本人はトリックを暴く過程に興味があるようです。刑事ものばっかりなので、日本にも復讐ものがあってもいいと思ってたんですが、ついに来ました!無実の罪をなすりつけながらも、あれやこれやと奮闘して、次から次へと迫りくる陰謀に負けず、最後は勧善懲悪という流れが、韓ドラに通じるものがありました。

あとアンチからは「演技が大げさ」と言われていたようですが、そこが日本のドラマらしくなくて良かったと思います。韓ドラでは普通じゃないですか?ベテラン俳優さんばかりだったので、怒るときの声もステキだなと思いました(笑)

日本のドラマ全然見ない私が言えたことではありませんが、日本のドラマっぽくないこういう特徴もあってヒットしたんじゃないかと思います。

そういえばサントラがインストのみというのも話題になりましたね。合わない歌を無理矢理タイアップするよりずっといいです。

ただ、終わり方が日本ドラマのトレンド「続きは映画で!」だったのが残念でしたね・・・。ドラマでやってるから面白かったのに、映画にしたら地味になるんじゃないか?何より金儲けの魂胆が見えて興ざめする・・・。逆に韓ドラは「続編作る作る」って言って絶対実現しませんからね。あってもキャストが変わってコケます。そのあたり商売下手だなーと同情すらします。

銀行員をフィーチャーしたこのドラマ。リアリティには賛否両論ありますが、社会の厳しさを教えてもらいました。私来年からホントに銀行員になるのでビビりましたけどねwwwいや、営業じゃないからあんな風にはならないと信じてますけどwwwメガバンじゃないから大丈夫だよねwww…半沢直樹がはやったせいで周りが私を憐れんでるように見えます…

「日本もやるじゃん!」と久しぶりに思わせてくれたこのドラマ。今後もこういうドラマが出てくることを期待します!
まとめサイト見てたら見つけました。

今年のアニソングランプリの受賞者がヘタすぎて話題になってるそうです。私も聴いてみましたが、これは酷い。音程がはずれてる、息が続いてない、声が裏返る。予選にいるならまだ理解できますが、とても優勝するとは思えないレベル。
例年のアニソングランプリはちゃんとうまい人を選んでたみたいなので、今年がおかしかったみたいですね・・・。
もっと歌上手い人いっぱいいるのになんでその人たちは評価されないんだろう。例えばうちの研究室の先輩の方が1万倍上手いと思うのですが、オーディション受けても落ちちゃうんだそうです。

これが日本の音楽業界の現実なんでしょうか。うまい人が評価される風潮になってほしいです。私は少なくともアニソンだけは認めてたので、アニソン界までこんなんになったら日本の好きなところがなくなりそう・・・
どうにか「解」見終わりました。
見たので感想書こうと思います。非常にネタバレを含んでいるので、これから見ようと思う方は続きを読まないように。
でも私のブログを見に来てくれるような方に言えるのは、
「ひぐらし」見る暇があるなら「ドリームハイ」を見なさい!
です(笑)

ひぐらし


ちなみに、文句が多いです。
それでも読んでみたい方は続きから。
→続きを読む?
1期を全部見ましたけど、これって2期も見ないと謎が全部解決しないってやつなのか?26話も見たのにまだ24話も見なきゃいけないんかい。困った・・・

というわけで簡易感想。
「ひぐらしは脚本とか構成がスゴイ」という触れ込みでしたが、確かにそうでした。中盤まで来ると「ああー!あのときのアレはそうだったのか!!」みたいなことがあります。
だけどグロいものはグロいです。可愛い女の子が簡単に人殺して何事もなかったように登校・・・いくらひぐらしがスゴいアニメだとしても、悪影響を与えないとは言い切れないと思います。

2期も見ないと何とも言えないので、これくらいにします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。