上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんやかんやで間が空いてしまいました。なかなか更新するタイミングがなくてですね・・・。

ということで今日は、以前の予告を変更して「玉にキズ疑惑」をお届けします!




見るからに低予算だったドラマ「快傑春香」。
しかし、予算はなくとも素晴らしい脚本、演技者があれば歴史に残る名ドラマをつくることができるということを証明したと思います。(予算だけは高い韓国版花男と違ってね!←しつこい)

そこで、こんな記事を発見しました。

http://www.wowkorea.jp/news/enter/2005/0221/10001124.html

この記事によると、スタッフが画面に映っちゃったそうです!

やっちゃったなーオイ

ほら左上!

見てた時は全然気がつかなかったんですけど、改めてDVDを見直したら、やっぱり映ってました。

でも記事にある「バスで席が入れ替わってた」は、確認しましたけど、バスの鏡に映ってるというシーンだったのでミスではないと思います。

それにしても、そんなアラ探しサイトなんて存在するんですね。ちょっと見てみたいわ。




今回は簡単に済ませちゃいました。ところで今後の更新予定なんですが、9月8日にトリビアの更新を予定しています。それまで待っててくださいね!
スポンサーサイト
一人で行ってきました。

感動しました。

本物の絵コンテとか原画とか銀さんのパネルとか銀さんのスクーターとか、そりゃもう見たことないものばかりで感動したんだから!

しかも名古屋店特別メッセージ?みたいなのがあって、杉田さんの声で「名古屋」って言ってくれたのが妙にうれしかったです。「本当はもっと南国でやりたかった」みたいなことも言ってました。

というか名古屋でやってる自体奇跡ですよね。なんで日本全国で池袋本店とそしてよりによって名古屋なんですか?これは私のためですか?(殴)しかも今週の日曜日までしかやってないんですよ。そりゃ行くしかないじゃないですか。たとえ一人でも。

来た人のメッセージもいっぱい貼ってありました。皆さん銀魂への愛を叫んでおられました。中には新潟から来たとのメッセージも・・・私は恥ずかしくて書けませんでした。だって筆跡で「これって○○さんの字じゃね?」とかでバレたら恥ずかしいじゃないですか!いや、ブログやってる時点で十分恥さらしてるけど!

銀さんのパネルとツーショット撮る気まんまんで行ったんですが、一人だったのでどうしても周りの人に頼む勇気が出ませんでした。それどころかカメラを取り出す勇気も危なかったんですが、自分を奮い立たせてどうにか写真は撮ることができました。

それがコレ。
この配置だと隣に並ぶの難しいじゃん?


そんなわけで私は何も買わずにアニメイトを後にしました。
だって無駄遣いはよくないし。

ちょっと違う話。
来週の金曜日からテレビ愛知で快刀ホンギルドンが始まります!!
待ってたんだよ~!!
実はストーリーはそれほど期待してません。
見どころは銀魂とのシンクロ率です。
ちょっと変わった世界観、気だるいヒーロー、中国系ヒロイン、蒸しパンの存在など共通点があるのです。(こじつけ?)
しかも脚本のホン姉妹は「快傑春香」「マイガール」でセリフにマジンガーZを出していることから日本のアニメを知っていることがうかがえる。だから銀魂を知っている可能性がある。
というわけで私はそこを重点に視聴しようと思います!

また追記にてコメ返しです。
→続きを読む?
飛ばしながら10話まで見ました。
とあるブログによると12話までがおもしろいらしいですが、今の時点でもフツウですね。

この前指摘したOST宮と激似説はやっぱり合ってました。

OST1は魔女ユヒのオ・ジュンソン氏が作曲してたみたいですが、OST2はいろいろな作曲家が参加していて、instは宮と同じ「二番目の月」の曲らしいです!どうりで似てるわけだ。でも宮Sもそこまで似てなかったのにあまりにもソックリなのは問題では?宮みたいなの作って下さい!って頼まれたのかしら?
あとファンタスティックカップルOSTのWant U!に似てると指摘した曲、Wish Ur my love(タイトルからして似てる)はやはり宮のPerhaps Loveの作詞家&作曲家と同じでした!

やらしいのでリンクとかは貼りません。

OSTは抜きにしても、やっぱ違和感あるなあ。
特にク・ヘソン。
どうしても好きになれないんです。演技が特に。
チュニャンのほうが可愛かったぞ!!
やっぱりチョン・ギサン監督作品の中では快傑春香が一番だな~。マイガールもイマイチだったから・・・。もう一度ケチュンを思い出して!って感じ。

つくし役には誰が適任だったかな~と思ってたんですが、ク・ヘソン以外に候補に挙がってたハン・ジミンやムン・グニョンのほうがまだ良かったかな?絵的に地味ですが、それがつくしのコンセプトに合ってるし、彼女たちの方が演技も上手い・・・。ハン・ジミン苦手なんですけど。

あと最近気づいたんですが、ク・ヘソンとナム・サンミって同い年なんですね。
全然見えねぇ!
ナム・サンミさん大好きなので彼女でも良かったかも。化粧しなけりゃ高校生に見える?

来週からBS日テレで「食客」始まるので超楽しみです♪

今やってる「風の絵師」、まあまあです。
映像はキレイなんですが、ストーリーにひねりがないんです。最初はチャングムに似てると思ってたのに。あとキーセンがユンボクに恋するのも理解できなくて。どう見てもユンボク男に見えないから!ユンボクもユンボクで百合入ってるし。キモイから!

追記にてコメ返しです。
→続きを読む?
地上波で放送が始まったので見ています。
まず吹き替えですが、ベテランの方々なので心配いりませんでした。TBSはそのあたりしっかりしてるんですねぇ。役名が日本名なのは仕方ないとして、オープニングまで日本語版なのはビックリしたな。

ところで3話まで見た感想。

・・・つまんない。

なんか、演出がやりすぎなんです。力入れすぎて空回りしてるんです。
まず、つくしがパーティーにスーパーマンのような服を着てくるところでドン引き。
転び方も大袈裟。
あと道明寺がCG蜂に怯えるのもヘンだった。
でもF4はカッコイイと思うんです。じゃああと何が違和感を覚えるのか、私は考えてみました。

つくしがかわいくない。

イヤ、彼女(ク・ヘソン)はもともと美少女なんです。
でも、演技が下手なんです!!
表情がパターン化していませんか?
嫌な顔をするところがワンパターンだと思います。そいでもって嫌な顔をするシーンが多いからかわいくない。

つくしって、見た目はフツウだけどたくましい性格が魅力で、だんだんかわいく見えてくるキャラだと思うのに、韓国版のつくしは逆なんです。美少女なのに演技を見るとかわいくない。

井上真央は神だったな・・・ってつくづく思います。というか日本版花男は神だった。松本潤も、身長は低いけど道明寺のバカっぽいところを見事に演じていたし、ひたすら一途なところも伝わってきて、ジャニーズ嫌いの私さえ惚れそうになったほどでした。最終回とか家族で楽しみにして見てたなー。映画まで見に行って感動で泣きそうになったし。日本最高のラブコメではないかと。

だからどうしても日本版と比べてしまってあまり楽しめないんです。

ちなみに私は韓国放送版もYOUTUBEで見たんですが、その時も違和感を感じていました。

中盤でつくしがメイドとして住み込むシーンだと思うんですが、ピンクの派手なパジャマ着て鼻血でも出したのか大きいティッシュを鼻につっこんでニッコリ笑っていたのです。
たぶんつくしの貧乏臭さを表そうとしてやったことなのでしょうが、やりすぎでは?
というか全体的にそうなんです。
ク・ヘソンが美少女すぎるから激しく貧乏臭さを表現しようと行きすぎた演出をしている。

あとビックリしたのは、つくしが滋さん婚約発表パーティーでピアノを弾かされるシーン。
日本版では、つくしは庶民でピアノ全然弾けないので、ムチャクチャな弾き方をして周りを困惑させていました。
それが韓国版では、メチャメチャ上手に弾き語りしてたのです!!
えええええ?!
つくしのコンセプト無視かコラ?!

ク・ヘソンはもともと歌手志望だったので歌が上手いんですが、それを花男で活用するなよ!

あともっとビックリなのは、つくしの進路。
原作ではつくしは何も考えてませんでした。高校やめようとしてたぐらい。
日本版では弁護士になってました。スペシャルで司法試験受かったとか言ってたからなったのかな?でも映画のラストでは大学卒業後結婚して子供を・・・。

韓国版では。
なんと医大に進学するのです。

スゴくすりゃいいってもんじゃないと思うが。
しかも類も医者になるんだって。・・・絶句。

というわけで違和感ありまくりの韓国版花男。最後まで見るかなー?

そういえば音楽のこと言うの忘れてました。
噂に聞けば、主にOST2の曲が使われてるみたいですね。私が持ってるのは1のみなんで、どうりで知らん曲ばっかり流れるわけだ。

でもあまり大きい声で言えないんですが。
BGMが宮に似てません?3曲ぐらい激似なんです!!パロディってくらい似てるんです。
あと、曲名知りませんがファンタスティック・カップルの「WANT U!」って曲に似ている曲もありました。
実はこの曲、宮の主題歌「Perhaps Love」と同じ人が作ってるんですよね。だから余計怪しい。
でも花男の音楽担当はマイガール、魔女ユヒのオ・ジュンソン氏。
・・・実際どうなんだろう。

そういう疑惑は置いといても、やっぱり日本版の音楽の方が良かったなー。嵐の主題歌も合ってたし、大塚愛や宇多田ヒカルの曲がイイところでかかるのがホントに良かったです。

おまけ:
ブログパーツを追加しました。これからもどんどんオタクっぽくしていこうと思います。
もうご覧になられた方もいらっしゃるかもしれませんが…
2006年、東京で行われた幻のファンミーティングの動画です。
こんなのあったんですね。行きたかったんですけどォォ!
というかこれだけ宣伝をしないドラマでここまでのことをしたっていう事実が私にとっては不思議です。
このファンミで一番波紋を呼んだのが、ジェヒの髪型ではないかと。
誰だってモンリョンを期待してたろうに、あの髪型はないだろ!!誰か止めろよ!
でも日本語字幕ついてるし、親切な動画です。




次回はいつになるかわかりませんが、上の動画を見て確信した、「ジェヒ、チェヨンに本気だった説」をお送りしたいと思います。

余談:今週は衝撃的なニュースが多いですねぇ…。実は私、矢田亜希子と押尾学の共演作「夢で逢いましょう」が大好きでお似合いだと思ってたので、結婚した時密かに喜んでたんです。でもこんなことになるなんて…ショックです。
しかものりピーに逮捕状が!信じられない!

ここで、まゆさんにコメ返し!
ジェヒと同じ年のお子さんがっ!確かに私は大学生ですよ~。でも周りに韓ドラ知ってる人が全然いなくて長い間寂しかったです。そんな不満を解消するためにこのブログを立ち上げました。でも自己満足にすぎなくて。だからコメントをもらってとてもうれしかったです。初めてブログをやってるっていう気持ちになりました。
半年に一回名古屋に来られるんですね!ところでまゆさんはどちらにお住まいなのですか?よければ教えてください。
何ヶ月ぶりでしょうか。放置していたケチュンネタを復活させることにしました。
まずは手っ取り早くこのネタを紹介しようと思います。

ケチュンのオープニングテーマ、OSTにも収録されている「チャユロワⅡ」ですが、ケチュン好きの方なら誰でもご存知ですよね。
ハイテンションでドラマのハチャメチャな雰囲気を盛り上げていて、私の好きな曲の1つです。

この曲を歌っているのはJiny(ジニー)となっているのですが、ジニーとは一体誰なのでしょうか。
私はある時、偶然にも発見したのです。

実はこの人。本名をパク・ヒジンといい、歌手でありながら女優活動もしているのです。
昔NHKで放送していた「春のワルツ」の…
061004-400-3.jpg

イナの…
pic_04.jpg

友達で記者のこの人!この人がジニーなんです!!
pic_11.jpg

このサイトで知りました。転載不可なのでリンクを載せときます。
http://koreaenta.exblog.jp/4635732
春のワルツの他にも冬ソナミュージカルのチェリン役で出てたみたいです。

いやあ~最初知ったときはビックリしました。既に見ていたドラマだったので…。

さらに驚いたのが、「チャユロワⅡ」この曲は2002年に発売された自身のミニアルバム「チャユロワ!」のリメークだったのです。だからⅡだったんですね。
ちなみにこれがジャケット写真です。ここで知りました。
DK-0281.jpg

原曲も聴こうと検索しましたが、さすがにどこにもありませんでした。

それにしても、ドラマのために作られた訳ではないのにドラマと合っているってスゴくないですか?もはや運命かと。ちなみにチャユロワⅡはHyperjoyで歌えますが、私は歌ったことないです。だってあんなハイテンションな曲私には無理っ!

とまあ久々のトリビアはこんな感じです~。
なんか微妙でしたね(汗)
この調子で手っ取り早い記事からやっつけていくのでよろしくお願いします!
ゴシレ

去年オープンしたサンシャイン栄のゴシレ。
もはや常連となった名古屋在住の私が紹介しようと思います。

6階までエレベーターに乗るのが一番楽です。エスカレーターを使うとツタヤを突っ切らなくてはならず、いろいろ面倒です。同じフロアにたむけんとかキム兄の店がありますが、あえてスルーしましょう。

5時開店なので、5時前に着いたら店の前にある名簿に名前と人数を書きましょう。すでに何組かのおばさんグループがいることと思います。オープン時は混んでたみたいですが、今はそんなことありません。5時以降に着いてもまず入れるので安心してください。意外に席数が多いです。

名前を呼ばれたら店内に入りましょう。ちなみに自動ドアがありますが、コレ去年はありませんでした。ヨン様の手形もいつのまにか場所が変わっていて、低いところに移動されていました。あと一昨日はデカいヨン様テディベアが出迎えてくれました。(どんだけ観察してるんだよ…)

従業員の皆さんが「アンニョンハセヨ!」とあいさつしてくれます。従業員の中には韓国人の方もいます。留学生なのかな?

席に案内されたら、「お通し」とおしぼりを持ってきてくれます。このお通し、300円でお金とられるんですよね。しょうがないんですけど。行くたびに違います。一昨日は甘辛い揚げ豆腐でおいしかったです。キムチだったときは辛くて食べれなくて母にあげました。

ちなみに、水は頼まないと持ってきてくれません。もちろんタダですけど。柚子みたいな香りがして水までおいしいです。

水だけでもいいですが、ゴシレにせっかく来たならドリンクを頼んでみましょう。
私のおすすめは、梨ジュース(380円)です!甘くておいしいし、梨のしぼりかすのようなものが入っていて、飲み終わるときにムシャムシャ食べるのもまた楽しみの一つです。
「これどうやって作ってるんだろう?」と疑問に思い厨房をチラ見したら、梨の絵とハングル文字が書かれたペットボトルがっ!韓国から輸入してたんですね。今度行ったら買ってこよう!

あとメニューですが、私のイチ押しは
チャプチェプルコギビビンバ(980円)です。
石焼ビビンバにチャプチェとお肉が入ってて、とてもおいしいんです!!最初食べたときは感動しました。合間に梨ジュースをゴクゴク飲むと幸せを感じます(笑)
一人1つ頼むとかなりお腹がいっぱいになるので、他に1品ぐらい頼めばもうそれで十分かもしれません。私はいろいろな料理を食べたいので、このビビンバを母と半分ずつにして海鮮チヂミ(880円)などを頼んでました。

じゃがいもをじゃがいもで包みました」など面白いメニューもいろいろあるので、お腹がふくれなかったら追加で頼んでみるのも良いでしょう。確か580円くらいだったかなあ…(うろ覚えです)でもこの手のメニューは注文して出てきたとき「小さっ!」って思います。そういうときゴシレってやっぱり高いなって思います。上品でおいしいんですけどね。

一昨日行ったら新たに夏メニューが追加されていました。炭火焼豚カルビと、名前は絶対違いますがじゃがいもベースのチヂミを頼んだんですが、これもまたおいしかったです!何がいいのかというと、若干安いんです。特にチヂミは他と味はほとんど変わらないのに、じゃがいもなので相当ふくれました。かなりお得感があります。

ジュースを飲みきったら水を頼みましょう。店内にいられるのは2時間までと決まっているので、ギリギリ居座るのもよいでしょう。私は1時間くらいでお勘定に行きますが。

そろそろ帰ろうと思ったらレジへ。運命の瞬間です。お通しと消費税が上乗せされるのでビックリってこともありますが、満足感の方が勝つでしょう。たぶん。

ちなみにゴシレはお土産を売っています。柚子茶とか海苔とかマッコリとか。以前大量の柚子茶を買うおばさんを目撃したことがあります。私はいつでも来れるので買ったことないですけどね。あと最近ゴシレストラップなるものが発売されました。誰が買うのかな?

というわけです。ゴシレはとてもいいところです。行くたびに名古屋に住んでて良かったと心から思います。
ヨン様、こんな名古屋を選んでくれてありがとう。
しかも東京と違って庶民派の韓国料理を提供してくれるなんて。
そもそもどうして名古屋を選んだんだろう。大阪でも福岡でもなく名古屋。だから私はいつも不安です。
今度行ったらないかもしれない。
いつまでも存続するよう祈っています。

お久しぶりです。先週にはテストが終わっていたんですが、いろいろ忙しくて更新できませんでした。
まずは先週見終わった「犬とオオカミの時間」の感想を書きたいと思います。アニソンを聴きながら。

1b1516ef.jpg

~mikabongオリジナルあらすじ~
イ・スヒョンは幼いときタイで検事の母を目の前で殺され、それ以来母を殺したヤクザ「チョンバン」に復讐心を持つようになる。大人になり、国家情報院の諜報員となったスヒョンはチョンバンを倒すことだけが目的だった。そんな時タイで出会った初恋の少女・ジウに再会する。ジウと愛を育むも、チョンバンに潜入捜査することを選んだスヒョン。事故で死んだフリをし、「ケイ」としてチョンバンの一員になる。しかし、あまりにもむごい事実を知らされることになる。ジウは母を殺したチョンバンのボスの娘だったのだ。
はたしてスヒョンはボスを殺すことができるのか?

まず叫びたいと思います。
イ・ジュンギかっけぇぇぇぇ!!!
こんなにカッコイイと思いませんでした。マイガール、王の男を見た時点ではなんとも思わなかったし、演技もうまいと思いませんでした。
前半のさわやか青年イ・スヒョンのときはスーツがかっこよかったし、後半のチンピラ姿のときは危険っぽさがかっこよかった。
特に銃を向ける姿。復讐に燃える姿。撃たれて苦しんでるところまで美しい。回し蹴りもよかった。
白いシャツを着て振り返るときの首とかー横顔とかー(なんか変態だ)
最終回の熱いポッポとか悶絶でしたよ!どうすればいいと!予告の赤いベッドで添い寝映像見せられたときは興奮だったからね!そして下のほうまでボタン開けたシャツの隙間から見える白い肌が~(かなり変態だ)
しかも一仕事終えてからボスと決闘しに行くってカッコよくないですか?あの銃撃戦はハラハラだったな。

とまあイ・ジュンギ萌えはここまでにして、ストーリー。
久しぶりに素晴らしいドラマに出会えました。
テンポもよく、続きが観たい気持ちにさせられます。16話でまとまってるのでダレることもなく観続けられました。「復活」は長すぎてダレたからな。
スヒョン&ジウも本当にお似合いで。ラブストーリーも違和感無かった。
ただ、スヒョンが不死身すぎるかな?序盤から銃で撃たれまくってるのになんで死なない?海にブチ込まれて漂流してるのに普通記憶喪失で済むか?最終回でてっきり死ぬと思っていたので、東京で再登場したときはウソかと思いました。そんな時、私はあの人を思い出しました。
そう、「銀魂」の坂田銀時です。
銀さんは長編で刺されても撃たれても後日談には無傷で元気に登場してきます。特にこの前本誌でやってた紅蜘蛛編(私は銀月編と呼ぶ)では、敵と激しいバトルを繰り広げ手のひらとか足とか刀で貫通されてたのに、後日談では月詠の胸を揉めるほど回復していました。その回復ぶりは銀さん天人(あまんと)説が持ち上がるほどです。

イ・スヒョン、お前は天人か。

そうでなくても少年漫画並みのミラクルです(笑)。

それも置いといて、次はキャストです。
皆さん演技が素晴らしすぎです。
真剣な演技をしておられました。本当に引き込まれました。特にボス役の俳優さんは貫禄があった!
そしてイ・ジュンギの次に好きだったのはジウ役のナム・サンミさん!
すごくかわいいです!なのにすごく演技もうまい!同時期に「不良家族」も観ていたんですが、そっちでは貧乏な市場で魚を売る元気な女の子役でした。全然違う役なのに、どっちのドラマでもしっくりきている。これはスゴイことだと思います。ナム・サンミさん大好きになりました。「食客」も見たいです。

今年見た中で間違いなくナンバーワンのドラマでした。最初は観るのやめようと思ってたなんて情けない!
これは2007年MBCドラマなんですが、その年の演技大賞は太王四神記がぶっちぎりだったんですね~。犬オオカミもいくつか賞を受賞してたみたいですけど、男優賞がコヒプリと同時受賞だったなんて・・・。
コヒプリはダメ・ドラマだと思ってるので、腹立ちます。太王四神記もヨン様ありきの派手ドラマだし、私なら間違いなく犬オオカミに大賞をあげます!ベストカップル賞もあげます!

いつかはノーカットで見たいな・・・とも思います。そして石田彰さん吹き替えバージョンでも見たいかな。とにかくおすすめです!

余談ですが。
同時期にアナログでイ・ジュンギ主演の「イルジメ」も見ていたんですが、前評判ほど・・・でした。
イ・ジュンギは時代劇合わないんじゃないかな?それより脇役がちょっと弱かったかも。新人多かったからな。

おまけでMV。
この曲「愚かな胸よ」すごく好きです。聴くだけで切なくなります。HyperJoyで歌えます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。