上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
だいぶ感想が遅れてしまいましたが、今日書きます。

すごくハマりました。アニメなんだけど、演出がドラマっぽいというか、セリフに重みがあるんです。カメラワークとかモノローグの入り方とかもはやアニメではない。前半はギャグ要素満載で笑ってばかりいたんですが、ストーリーが進むにつれて泣ける要素がチラホラ出てくるんです。これって私の好きなドラマ「快傑春香」にも共通してるんですよね。思いっきり笑えて泣ける純情ラブコメディー。

全10巻のラノベを25話のアニメでやっているので、2~3回に1回じーんとくるシーンがあったのも良かったポイントだったと思います。すごく切なくなったのはクリスマスの話のラストや雪山遭難のラストですね。ベタといえばベタなんですけど、それが気にならない演出なんですよ。例えばエンディングの入り方が神です。「オレンジ」、とてもいい曲です。自分で歌うのは難しかったけどね・・・。

キャラ萌えの点では、竜児がものすごく好きになりました。家事全般をこなす男子高校生。大河にお弁当持たせたり夕食作ったり偽乳パッドを作ったりどんだけ優しいんだ!大好きだ!思うんですが、横顔がフルバの夾君に似てませんか?それもあって余計好きです。

ハルヒより断然見応えがあったと思います。(ハルヒは原作の一部しかアニメ化してないから、無理もないかな・・・?)久しぶりに良質なラブストーリーを見た気がします。まず、どの少女漫画よりも切なかった。(あっでもフルバや花男も好きだけど)どのそしてラブコメ部門で言えば快傑春香に次ぐ面白さだった。韓ドラ見てる人にもオススメできると思います。確実に、最近の日本ドラマを見てるよりは時間の有効活用です。

ただ、最終回を見終わった後思ったんですが、竜児が大河を好きになる過程が省かれていたように感じました。途中まで「櫛枝が好き!」って言い続けてたのに23話ぐらいで「大河が好きだ」、24話で「俺の嫁に来い!」ええーーー??!展開速いよ!まァそういうところも好きですけど、ビックリしましたね。あと最終回で親戚の家の寝室で朝まで2人っきり・・・まァそういうドキドキな展開も好きですけど、しかもうやむやな描写ですけど、うーん・・・どうなんだか。私は堅実な竜児を信じてますよ・・・。
とにかく23話ぐらいからの展開がすごく速かったです。それでアレ?アレ?って感じだったんですが、最終回のラストは感動的でした。本当に良い終わり方でした。最高のラブストーリーを見させてもらいました。ありがとう「とらドラ」。


前半のopなのでコメディータッチです。


オレンジのmadです。
→続きを読む?
スポンサーサイト
以前から愚痴ばかり書いていたのでもうお分かりだとは思いますが、一応まとめ感想書きます。

全然ダメでした。韓国版。

ク・ヘソンが超苦手になりました。こんなに苦手になった女優さん今までいません。今まで苦手だったイ・ダヘも最近好きになってきたぐらい。

とにかく演技が下手なんです。無表情じゃないんです。笑顔以外の表情がマジで怖いんです。だからつくしがいい子に見えない!なんかものすごく腹黒そうに見えます。つくしを名乗るな!って思いました。後の記事で、ク・ヘソンが映画監督に挑戦とか写真展を開いたとか見たんですけど、余計なことせず演技の勉強やり直せ!と心の中で叫びました。

全体的に言って、韓国版F4を売り出すためのビデオみたいなドラマでした。
なぜなら彼らは、1人1人韓国放映前から日本向け公式HPを作っています。みんな自分を売り出すのに必死っていうのがドラマを見てても薄々伝わってくる・・・あぁ商売って嫌だ。

ちなみに私はF4の中ではイ・ミノとキム・ボム君が好きなほうです。ちなみにキム・ボム君と私は同い年なんですよね・・・信じらんねー。しかもこの前新聞の広告で「ウェスティンナゴヤキャッスル キム・ボムのディナーショー」の文字が・・・名古屋来るのかよ!しかもディナーショー。

あ、吹き替えはベテラン揃いでなかなか良かったと思います。ビックリしたのはジフ(類)の吹き替えが銀魂の東条と同じ人だったこと。何回聞いてもイメージできません。
2009.10.26 ロビイスト
先週の金曜日に最終回を観ました。

このドラマのサブタイトルを銀魂風に考えてみる。
「銃とロビイストには気をつけろ」
こんなのどうでしょうか?

だってこのドラマ、最初からメチャ怖かったですよ。銃撃戦に巻き込まれたりお父さん殺されたりお姉さん殺されたりお母さん失語症になったり、なんか中東のほう行って銃撃戦に巻き込まれたり黒いスーツ着た人の集団に追いかけられたり闘ったりまた追いかけられたり闘ったりまた・・・

ってどんだけ闘ってるんだよ!この人たちの人生が異常に危険すぎてビックリしたわ。これ現代劇ですか?風の国のムヒュルのほうがよっぽど安全だわ!

やっぱり銃があるのとないのでは危険度が全然違うんですねー。(そこかよ)
あと迂闊に渡米するのはやめたほうがいいですね!銃社会は何があるかわからない。

・・・ここからは真面目にレビュー。
最初はまだわかりやすかったんですが、途中からストーリーがワケわからなくなりました。マリアはエバの復讐をするつもりだったのにロビイストになってるし、なぜか悪女化してるし。とにかくバトルシーンが多くて話が進まない。イルグクさんも台本見て「またバトルかよ!」って思ったことでしょう。
ただでさえわからないのに毎回のように新キャラ出てくるし、理解が難しかったです。韓国放映当時は裏番組の太王四神記(私はあんまり好きじゃなかった)に視聴率で負けてたみたいですが、それも無理ないかなーって思いました。

ストーリー意味不明のシリアスときいて思い出すのは、昔TBSでやってたチェ・ジウさんの「輪舞曲」。あれも何がなんだかわかりませんでした。ただロビイストが悲劇なのは莫大な予算を使ったこと。赤字で大変という記事も読んだ気がします。

でも、故チャン・ジニョンさんは本当にキレイでした。亡くなってからはドラマで見るたびに心が痛かったです。本当に可哀そうです・・・。

私はソン・イルグクさん好きなんですけど、風の国もロビイストもイマイチだったんで、好きなのは海神だけだったのかな・・・?と思いました。今度はバトルもの(?)ではなく普通のホームドラマとかに出てほしいですね。安全なイルグクさんが見たい。
家に帰って2chをのぞいてみたときに知りました。

銀魂、映画化決定!!

予想当たったじゃん!
実は、早ければ今日の2chのネタバレで映画化情報が出ると思って、慌てて昨日に更新したんですよね。間に合ってよかった。

とにかく、何が何でも見に行きます。実写は除く。
中日新聞の夕刊に広告が載る日が来るんですよね・・・!ブランチの王様で紹介されたりCMで流れたりするんですか?夢みたいだ・・・夢じゃないですよね。大きなスクリーンで銀さんが大暴れですか?夢の世界じゃないですか。

というわけで
☆私が見たい映画ランキング☆
1位 銀魂
2位 涼宮ハルヒの消失
3位 マクロスF 後編
4位 マクロスF 前編

すべてに杉田さんが出ている件。スゲーよ。

明日は善徳女王と銀魂の日だ!
結論から言います。
7話の40分ぐらいにソ・ドヨンが出てます。
おじさんの映画お披露目パーティーに出席している映画スター役なんでしょうかね。
ソ・ドヨン

ソ・ドヨンといえば春のワルツですが、話もつまらないし演技も別にうまくないなーといった印象でした。
ちなみに時期的にケチュンは春ワルの前です。
061004-400-3.jpg
こうやって見ると、あんまり変わらないですね。

・・・ぶっちゃけ書くことありませんでした。次のトリビアは「宮との因縁」で!
その前にとらドラ感想と花男簡易感想かなー。
2009.10.20 銀魂予想
ハルヒの予想が当たったので銀魂も予想しようと思います。

まず、アニメの放送予定を見ると原作を大量消費していることが伺える。トッシー編を原作7話でアニメでも7話やったのに対し、今の師匠編は原作9話でアニメ6話でやる予定である。これは珍しいことではないのだが、師匠編が終わった後すぐにオリジナルを入れずに人気投票編がくるのが不自然だ。ただでさえ原作が残り少ないのに、長編を続けるのが不自然に見える。

これは今度こそアニメ終了のフラグではないかと思う。

しかしアニメ終了を機に映画化するという噂もチラホラ出ている。

「アニメ終わってもいいから映画化して!」ていう意見もあるし、ブリーチやナルトは何回も映画化されているので銀魂も映画化してほしいと私も思っている。

今年は銀魂best発売、キャラブック発売、小説版最終巻発売、白夜叉降誕DVD発売、クイックジャパンで特集などいろいろ発売された年なので(いずれもかなり売れている)、この波に乗って映画かもありえるかもしれない。

しかも最近ネット上で話題になったのは、ワーナーブラザーズがgintama-movieというドメインを取得したというニュース。よくわからないのだが、とにかく取得したことは事実らしい。まさかのハリウッド映画化とも思われたが、ブログとか掲示板の人は誰一人信じていない。誰も実写化を望んでいないというのもある意味スゴイと思うのだが(もちろん私も)、アニメ映画への動きがあるのではないかという見方もある。

あとジャンプの情報によると、11月は銀魂月間で今度巻頭カラーが来るらしい。何か重大な発表があるのかと勘ぐってしまう。

以上の理由から、私はアニメ終了→映画化を予想する。

・・・真面目に書いてしまった。でも内心アニメ終了ははずれてほしいと思う。一番最悪なのは映画化なしのアニメ終了ですね・・・。

おまけで白夜叉降誕。
2009.10.20 吹き替えの話
BSフジで風の国の次に始まる「善徳女王」の吹き替え情報を探していたんですよ。

さっきも愚痴りましたが、BSフジの韓国ドラマは朱蒙のときから主演は有名声優を起用するのに、脇役に下手な人を使うことが恒例になっています。(ただしテロワールは字幕放送なので例外)

この下手な人というのは、昔のアイドル、落ち目の女優、売れない芸人、フジテレビと強い結びつきを持っていると思われる会社に所属している自称声優などが含まれます。この人達がかなりヒドイんです。プロの声優さんにも、演じている俳優さんにも、ドラマを作ったスタッフにも、そして視聴者にも大変失礼だと思います。

TBS系の韓国ドラマは、あまり有名でない声優さんでもとても上手なのに、(エデンの東とか)フジテレビ系は違うんですよね。

風の国も相変わらずヒドかったので、善徳女王も心配になっていたんです。

そしてついに見つけました。主人公のトンマンを吹き替えするのはー

甲斐田裕子さんです!!!

私は歓喜に震えました。なぜなら、銀魂の月詠の声優さんだからです。
私は銀月信者で今のアニメに大興奮してる最中なのですが、自然と月詠に憧れるじゃないですか。だけどあんな美人で長身で強い月詠さんになれるわけないじゃないですか。だから声だけでも近づきたいなーなんて思って、よし、これからは低めの声で行こう!なんて思ったり。声がすごくカッコイイんです。しかも最近見たアニメ「とらドラ!」でも生徒会長の狩野すみれ役で出演されていて、やっぱり強くてカッコイイ女性なんですよね。それで最近憧れていてウィキペディアで調べてみたら善徳女王の主役ですよ。運命じゃないですか?今の銀魂の長編が終わったらもう声を聞けないのかーと思ってたので、すごく嬉しいです。毎週甲斐田さんの声が聞ける!オフィシャルブログも見に行ったら、想像以上に素敵な人でした。さらに発見したのは、海外ドラマ「ゴシップガール」の主演の美少女の吹き替えもしてらっしゃるそうです!このドラマもちょっと知っていたのでまたビックリ!ぜひ聞いてみたいです。

とにかく楽しみです♪他の脇役がどんなにヒドイ吹き替えでも我慢できそうな気がします。

吹き替えと言えば食客の吹き替え版を見ました。ソンチャンはどっかで聞いたことあると思ったら道明寺と同じなんですね。ボンジュさんもベテランでした。
なのにナムサンミさんの吹き替えだけ変!!あんなおばさんみたいな声じゃないのに!もっと可愛い声なのに!

今後の更新予定
とらドラ!感想
花男感想(毒舌)
そろそろトリビア
これからの銀魂予想

近況:先週のアニメ銀魂のラストのせいで熱まで出てきたみたい。どうしてくれるんだコノヤロー。
2009.10.20 風の国
先週見ましたよ。久しぶりに真剣に見ましたよ。

思えば日本初放送が決まった時、私は非常に浮かれておりました。
カテゴリを新設するほど大騒ぎして楽しみにしていました。

最初はテレビの前でちゃんと見ていました。だけどだんだん興味がなくなり、パソコンやりながらチラ見する程度に。それがいつの間にか音しか聞かなくなり、最終的には音も聞こえず銀魂検索がメインに。途中のストーリー知りません。でもなんとなくわかりますよ。

だって話の進行が遅いもん!!36話しかないのになんでこんなことに?!ダラダラの大人しい時代劇でしたよね。海神のような緊張感もなく。

まあ原因の半分くらいは吹き替えですけどね。個人的にヨンとヨジンと部下の誰か?がクソでしたね。朱蒙で学習したと思いきや、さらにヒドイ吹き替えになるとはガッカリです。

あと許せないのは、毎回のラストが黒フェードアウト→CM。こればっかりはナメてるとしか考えられない。普通は映像を2秒ぐらい止めますよ。

これ以上書いても悪口にしかないのでもうやめます。
2009.10.16 アニメの話
昨日「風の国」を見終わりました。本来感想を書くべきなのですが、アニメ「とらドラ!」を見るのに夢中でなかなか時間がとれません。昨日の空地感想はとらドラを我慢して書いたんですよ。だから今日まとめて3話も見ちゃったじゃないですか。あと3話で完走です。

何が面白いかっていうと、大河と竜児の恋路がもどかしくて切ないんです。2回に1回ぐらいじーんと来ます。すごいアニメだと思います。ハルヒより断然面白いです。竜児ぃぃぃーーーってなります。キョンのどこが良かったのか今じゃ思い出せないほど竜児はいい人です。全部見終わったらちゃんと感想書きます。

あと昨日、アニメ銀魂のラスト3分で死にそうになりました。頭の中を擬声語が飛び交いニヤニヤが止まらない・・・今日も授業中思い出すくらい。銀さんかっこいいよ。ツッキーとの密着時間が長いのが嬉しかった。3分でこんなになるなら、来週の姫抱っこ見たら私どうなるんだろうか。

というわけで更新ができなくなります。それではまた。
お待たせしました。空くらい、地くらいの感想です。

前に神ドラマ「頑張れ!クムスン」を見ていたので、どうしても比較しがちでした。
バァさんがギャーギャー喧嘩したり、金持ち姉妹がウザかったり、兄嫁がウザかったり、兄が守銭奴だったり、元カレがストーカーだったり、そりゃあもうウザい人ばっかり出てきてウンザリすることもありました。
長いドラマなのでなかなか話が進まないこともあったし、常に早送りで見てましたね。お婆さんの喧嘩シーンはもっと飛ばしてました。

それなのに不思議です。続きが気になるんですよね。視聴をやめる気にはならないんです。あの家族がどんな決断をするかがなんだかんだ気になって見てしまうんです。

そしてなんだかんだラストに近づくと泣けてくるんですよね~。その時、このドラマを見続けてよかったと思いました。家族っていいなと思わせてくれるドラマでした。

私からのアドバイスは、「つまらないシーンは早送りで見よう!」です。ほめてんだかけなしてんだか・・・
何も見るものがないときのために録画しといてもいいんじゃない?ぐらいの位置づけでしょうね。
もっとも我が家では何度か録画に失敗して見れないこともありましたが・・・

・キャスト
とても良かったと思います。ハン・ヒョジュさん可愛いかったです。パク・ヘジンはエデンの東と比較するだけで笑えます。全然違う役なので。脇役の方々もベテランで安心して見ることができました。個人的にはミョンジュ役の女優さんが結構好きでした。おばさんなんですけど、笑顔が可愛いんです。あとウナ役のホン・スアさんが超可愛いです。カン・ジョンファさんも後半のストーリーで好きになりました。

・音楽
主題歌ぐらいしか耳に残りませんでした。ハヌルマンックム~ってやつです。

追記はネタバレなので注意です。
→続きを読む?
yahooのトップページ見て知りました。
実は私、ハルヒの映画化を予想してたんです。ブログに書いときゃ証拠になったのに・・・。
エンドレスエイトを8話もやったのも区切りがいいからだろうし、あの売れる要素を映画界がほっとくわけないと思っていました。

2010年春ですか。春休みなら絶対見に行きますよ!マクロスの映画よりは断然行きたいですね。
楽しみだなあ~。

次回予告:
空くらい、地くらい感想
・・・このドラマが終わったら、毎週真剣に見るドラマがなくなってしまった。善徳女王に期待するしかない!

あと毎週ニヤニヤしながらアニメ銀魂見てます。シリアス銀さんかっけぇ!
この前見終わりました。地上波超カットバージョン「快刀ホン・ギルドン」。
面白かったです!!

イ・ジュンギのイルジメより断然面白かったです。時代劇の中ではチャングム、海神の次にランクインしました。

何が良いのかというと、まずテンポが良い。ちゃんと続きが見たくなるような脚本です。
事件があって、それを解決し、それが次の事件につながっていくので見飽きないです。
そして美術が良い。現代と融合させたデザインが新鮮でした。
そして何よりキャストが良い。カン・ジファン最高!カン・ジファン作品の中で一番かっこよかったです。ギルドン役に内定していたチュ・ジフンが蹴ったという話は有名ですが、ホントにチュ・ジフンじゃなくて良かった!あの役はカン・ジファンしかできないと思います。それにチュ・ジフンだったら放送されてなかったかも・・・。
ソン・ユリさんも大好きになりました。恥ずかしがるところが可愛い!「雪の女王」も大好きなドラマなのですが、高飛車なキャラだったので特別好きではなかったんです。でもこのドラマを見てソン・ユリさんの演技力に脱帽しました。
チャン・グンソクは若いのに主役級が多くてあまりいい印象持ってなかったんですが、そんなこと言ってられなくなりました。文句なしにカッコイイです。ごめんなさい私が間違ってました。
ウネ役の人は、私が今「ク・ヘソン以外の女優さんがみんな可愛く見える病」にかかっているため、とても可愛く見えました。

あと良かったのが三角関係。さすがホン姉妹。切なかったです。最近感情移入できるラブストーリがなかったので特に良かったです。

音楽も良かったです。実は私、放映前からOSTを聴いていたんですが、その時は特になんとも思っていました。でもドラマを見ていたら頭に残るようになり、結局全曲ダウンロードしてしまいました。「マニャゲ」が一番好きです。ドラマでかかると歌詞の日本語訳が出るんですよ。それがすごく登場人物の心情に合ってて感動しました。こんなの海神以来だなー。

・・・そして最終回。
「まさかの全員死亡END」は韓国放映当時に知っていたので覚悟はできていました。大丈夫です。私は「24時間返せ!」とか言いませんよ。海神もそうだったけど私は海神大好きです。だからホンギルドンも好きです。
だけど、海神でさえも女性は殺さなかったのに、ホンギルドンではみんな死んじゃってなんだか悲しかったです。いやわかりますよ。死ななきゃいけなかったですよね。チャンフィが暴走し出した理由もなんとなくわかりますよ。正直ちょっとわかりませんけどホンギルドンが脅威になってきたんですよね。彼を倒さねば王になれぬと思ったんですよね。それをホンギルドンたちも悟ったけど、あえて攻撃を受け入れた。攻撃されても仕方ないと考えた。ギルドンは死ぬけど、現代にも生き続ける。そういうラスト。わかります。

・・・だけど・・・第3者的な立場で見ると、最終回の活貧党は悟りすぎてて怖いです。もろとも死ぬ覚悟ができてるんですよ?普通は逃げますよ。この人たち何で逃げないんですか?あの流れ星のように飛んでくる火を見上げながら手をつないでるんですよ。昔の戦争もこんな感じだったんでしょうか。私は、「生きるEND」があっても良かったんじゃないかと思います。ホン姉妹は「ドラマを見てもらえば、ラストも納得できると思う」と語っていますが、確かに納得しようと思えばできますが、納得というより教育に悪いような気がします・・・。その点、超不評ENDの海神は不可抗力で死んだからマシだったんでしょうか。どうなんでしょう。

ホン姉妹のインタビューは、本屋で立ち読みした「もっと知りたい韓国ドラマ」で読みました。興味深い話が載ってたので、印象に残った部分を追記に書きます。

→続きを読む?
ホテルを出て松本駅に着きました。
まず信州そばを食べに行き、その後ナワテ通りとよばれる場所に行きました。
CIMG0941_convert_20090930140144.jpg
レトロな雰囲気ですよね。絶望先生の世界だ~と思ってしまう自分が変。
カエルもいました。
CIMG0943_convert_20090930140258.jpg

中町通りで「中町蔵シック館」とよばれる喫茶処に入り、調子に乗ってかき氷を頼んでしまいました。
最後のほう凍えました。
CIMG0944_convert_20090930140342.jpg

その後は「時計博物館」に行きました。古い鳩時計とかいろいろあったな。館長が直々に説明してくれました。

そんなこんなで松本駅に戻り、高速バスで名古屋への帰路に着きました。
しかしここで危機が。サービスエリアを過ぎたのにトイレに行きたくなってしまい「やばい我慢できない」と言いながら騒いでいました。もしかしてこれがオチなのかと恐怖に怯えあと1時間以上過ごすのかと絶望しました。

すると通路の向こう側に座っていた、合宿参加者唯一の男子・鉄道オタクのT君(仮名)がやや恥ずかしげに「バスにトイレついてますよ」と教えてくれました。

私はすぐさまトイレに駆けて行きました。

T君ありがとう。もし教えてくれなかったらそりゃもう大変なことになってたわ。

だからT君!

お前さーうちらが大富豪やってるとき持参のパソコンでゲームやってたけどジャカジャカうるせぇよ。音量下げろよ。大体音なくてもゲームできるじゃん。それで私が対抗して持参のスピーカーでアニソン流したけど音量下げないし。なのにハルヒ曲になったら妙に反応して一緒に歌いだすし いや私も歌いたいけど とにかくいい子だと思ってたのにこんなに協調性ないとは残念だわ。

なんて思ってごめんね

意外なオチでこの旅行記を終わらせたいと思います。全部読んでくださった方、ありがとうございました。次回からは通常通りドラマ感想に戻ります。それではお元気で。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。