上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日、ついに初めての内々定が出ました。でも心から喜べない自分がいます。
というのも、全く行く気もないのにただなんとなくエントリーしたら、とんとん拍子に進んでしまったから。
それ以上に問題が山積みの会社。あんまり詳しく書くと特定されそうだから書けないけど、要するに、「いつクビを切られるかわからない外資系」。さらに不祥事も何度か起こしている様子で、最終面接の前に「さすがに企業研究しないとヤバイかなー」とググったら見事にマイナス情報しか出てこない有様www

こんな会社でも、内々定をもらえれば嬉しいと思ってました。
朝寝てて、電話で飛び起きて、内々定を告げられたときは寝ぼけながら「ありがとうございます!!」と言いました。しかしその次に、予想もしない言葉が待っていました。

「他社の選考を辞退してください。」

俗に言う、「拘束」です。
私は「みんしゅう」で調べた限り拘束はないと書いてあったので、驚きました。
とりあえず「か、家族と相談します・・・」と切り抜けましたが、「答えは1週間後に出してほしい。採用数が少ないので、困るんですよね」みたいなことを言われました。
でもその会社は二次募集を既に始めてるんです。おかしな話じゃありませんか?

正直に言って、就活をやめる気は全くありません。この3か月間死ぬ気で書いたESの数、のべて58社。この努力の結果、4月の1週は面接で埋まって、結構有名な会社も一次面接に進めることが決まったので、挑戦したいんです。(落ちる気しかしないけど)

先輩に相談した結果、「辞退しました!とウソをついて面接を受け続ける」という結論になりました。ウソをつきとおせるか謎ですが・・・。なんか法的には効力がないらしいです。
でもどの先輩に聞いても、こんな拘束を受けたことはないと言っていました。やっぱりあの会社は怪しい気がします。

研究室の友達には「いいなー」「おめでとう!」と言われましたが、ずっと言ってる通り悩みの種だし、今後彼らが一流企業に決まっていく可能性が十分あるので、全く気が抜けません。

とにかく来週の面接ラッシュを頑張ろうと思います。いまだに面接でアワアワしちゃいますが。私はコミュ障。
そしてあの会社との面談があるんですが、そこで気になる福利厚生や給与や勤務地を聞きまくろうと思います。そこで内定承諾を迫られたら、「今日聞いたことをもとに親と相談します」でまた1週間延ばす作戦。
それでもだめなら、「御社が拘束するような会社だと知って志望が揺らぎました・・・っ就職活動を続けさせてくれるなら、承諾します!」はどうだろうか??さっき思いついた。

というわけで、あんなに欲しかった内々定なのに、いざもらってみたら厄介なことになった私なのであった。

はたして私は、2回目の内々定をもらえることができるのだろうか?
スポンサーサイト
ちょこっと現実逃避してたら素晴らしい動画を発見!

ダビチの二人、テヨン、ワンガのソネが歌った洋楽の動画です。
ウリテヨンちゃんの歌唱力最高!でもソネちゃんもすごくうまい。洋楽で映える子だと思います。
ホントすごいよなあ。
どうも、みかぼんです。
選考が一息ついたので、久しぶりにブログ書きます。

何度か鬱状態になってた私でしたが、すこーし通過するようになってきて、通過後の説明会とか面接で忙しくて鬱を脱してました。

でも他の人と比べたら決してうまくいってないです。「オレ就活崖っぷちー」って言ってる人がいたから、慰めようとして自分の現状を笑いながら話したら、真顔で「それはヤバイ」と言い返されたレベルです。皆さんが知ってるような会社はほぼ全滅しました。それも書類で。周りは通ってる人もいるので、学歴ではないと思います。完全に自分の問題です。

で、最近自分の軸がわかってきました。私のテーマは、「世界における日本の存在感を高めたい!」。これは、韓国旅行とヨルダン旅行の経験から思ったこと。そして心境の変化がありました。なんかもう、文系職でもいいやっていう。私は今まで専攻を活かせる研究職にこだわってきたけど、たかだか2~3年しか実験してないくせに活かせるものなのだろうか?「みんな志望してるから」「なんかかっこいいから」そんな理由だけで志望していたことに気が付きました。私が落ちまくった理由はそこにあったのかもしれない。それよりも、自分の軸を達成できるのならどの業界でも、どの職種でも自分に合ってるのではないか。実際、自分の軸に合った企業の志望理由はスラスラ書けるし、通過率も高い(ような気がする)。

さて、私はニートを回避できるのか?ひきこもりニートの危機と常に隣り合わせな私の運命や、いかに?!

ついでに就活摩訶不思議伝説集。

1次締切に余裕で出してもお祈り、みんな通ってても自分だけお祈り、サイレントと言う名の”声なき祈り”、「リク面?何それおいしいの?」な私が、
研究概要を同封し忘れて、後から送り直したけど「御中」書き忘れて、完全に諦めてた会社がまさかの通過。

募集条件に沿わない志望職種を間違えて書いて、「これでいいんですか?」ってメールが来たから「すみません、間違えました。変えてください」とは返したものの、間違えた職種の志望動機を思い切り書いて送ってた会社が、まさかの通過。

結論:就活ってわけわかんねーな!

午前中の説明会(ES通過後)で学部時代の同級生の女の子に1年ぶりに再会したら、午後の説明会(ES通過後)で隣に座った男の子が、さっきの女の子の高校の同級生で、家も近所で、先週高速バスで同じになって飲みに行ったばっかりだった。

結論:日本は狭い!

最後に私の構想。
もし就活がうまくいったら・・・自分の経験をもとにした就活アドバイスブログを作るんだ・・・
死亡フラグにならないことを祈る。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。