上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.04.25 ネタ寄せ集め
昨日は10時に寝たんですが、5時前に目が覚めてしまったみかぼんです。
天気もいいのでどこか出かけようか迷ってます。

てなわけで、就活で忙しくて触れられなかった、思い出せる限りのネタについて書いてみる。

パク・シフが強姦で訴えられる。
人気あったパク・シフさんということで衝撃的なニュースでしたが、私はもともとあんまり好きじゃなかったので「ふーん」という感じ。一言で表すと、「ハメられたんだな」。恐らく美人局みたいなものだと思いますが、引っかかったのならバカだと思います。

ワンガのソネが妊娠。
今年1月に結婚したソネが「ハネムーンベイビー」を授かったという話題。しかも4か月。普通なら100%デキ婚を疑いますが、ダンナが宣教師で、夫婦ともにガチガチのキリスト教徒なので、そんなことあり得るのか私にはよくわからないです。それに調べてみたら、婚約を発表したのは去年の11月なので、妊娠したから結婚を決めたってことはなさそうだとわかりました。ちなみにソネは私と同い年。うらやましいのぅ。

それにしても、JYPはワンガをどうするつもりなのか疑問です。「ワンガは解散しない」と宣言しつつも、ソネは「しばらく家庭に入る」と宣言。まさか、子育てがひと段落したあとに現役ママさんアイドルとして復活するのか?いや、そんな頃にアイドルブームが続いているか不明だし、そもそもワンガの人気が維持されているか怪しい。
ピンクルみたいに解散宣言はせずとも、全く活動してない事実上解散みたいな感じになるんだろうか。韓国はこういうタイプ多い気がする。

ウギョルが末期らしい。
なんか視聴率が良くないらしい。確かにヨンソが終わってから全く見てませんでしたが、ヨンソしか知らない私が言うのもなんですが、ヨンソとアダムとクントリアの時代が黄金期だったのかなと思います。

特に不憫だったのはMBLAQのジュン。
エンタメコリアでちらりと見た程度で、詳しい事情は知らなかったのですが、調べてみたところこんな感じ。

MBLAQのジュンと、女優のオ・ヨンソ(年上だと思ってたら、ジュンと学年が同じだった)がカップルに。

しかしオ・ヨンソが、T-ARAのウンジョンとカップルになってた俳優イ・ジャンウとスキャンダルに!
=W不倫疑惑

降板。

これはビックリですよね。オ・ヨンソは今、女が嫌いな女2位くらいなんじゃないかと。(1位はソン・テヨン、3位はジェシカ?←私はシカ様好きです)
特にMBLAQの人気が微妙になってきて、ウギョルで色々と巻き返したかったジュンだと思うのに、嫁に浮気されて降板なんて可哀想すぎる。

栄枯盛衰という言葉があるように、もうウギョルは無理しないほうがいいんじゃないかと思います。出演者も無理してるんだと思う。視聴者も、飽きたんじゃない?

だから早くヨンソのノーカットDVDと結婚写真集を発売してください。

2PMの東京ドームコンサートで写真捏造・・・
客がたくさん入ってるように合成した写真を公表したのがバレて、JYPが謝罪したそうです
「席が埋まったか」論争はコンサートがあるたびに巻き起こってました。人数を盛るのも毎回あることで、「本当に人気あるのかよwww」と煽られてましたが、今回自ら疑惑を肯定するような形になってしまい残念です・・・。

そしたらジュノがツイッターでこの件に触れました。
内容は他の方のブログで見てほしいんですが、まさにみんなが思ってる通りのことでした。
東京ドームコンサートは本当に最高で、二度と忘れられないほど素晴らしかったのに、こんなことで汚されるなんて私も残念だし、ファンも、スタッフも、2PM自身も残念に思ってるはずです。悪いのは見栄を張りたいという韓国芸能界に根付く気持ちか・・・。
それにしても、あえてこの問題に触れたジュノがいい子すぎる。東京ドーム行ってからジュノの株が急上昇です。歌上手いし、作曲できるし、もちろん踊れるし、思いやりもある。人気がある理由がわかりました。

あと埋まるわけないのに東京ドームコンを強行したのが悪いという意見もありますが、ファンクラブにも入らず武道館で一切チケット取れなかった私が、悪い席だけど余裕で取れて行けることになったので、私にはありがたかったです。

それとチケ無料でばらまいてるっていう噂がどのアーにもあるけど、どこ行けばもらえるのか本気で教えてほしい。飛んでいきます。

最後にもう一回念を押します。
東京ドームコンは、長らくペンを離れていてさらに天井席だった私が、再び虜になって毎日2PMのことしか考えられなくなるほど最高でした!

そして5月10日に韓国でカムバ番組が放送されるらしいです。ソシと同じパターンですね。GIVE ME LOVEが発売される前に一切曲が知られていないアルバムが韓国で出るという、ちょっと不思議な感じがしますが、すごく楽しみです!!
スポンサーサイト
今日は全然寝れなくて、諦めて6時に起きて借りてたCDをツタヤに返しに行きました。(Legend of 2PMに別れを告げた)朝の散歩、新鮮で面白かったです。そしたら午後に睡魔に襲われ、3時間ぐらい昼寝しました。さっき夕飯(レトルト)を食べて、今は缶チューハイ飲みながらパソコンやってます。我ながら堕落した生活・・・

それはともかく、現在は2つのドラマを見てます。

太陽を抱く月
こちらは去年最大のヒット作?視聴率ものすごかったらしいんですが、私が見るに・・・
子役時代はそんなに違和感なく楽しめました。「モテすぎると死ぬこともある」という教訓を得ました。
でもって大人時代。始まる前から不安でしたが、やっぱムリ。
キム・スヒョンとハン・ガインはミスキャストでしょう!
いや、二人とも魅力的な俳優さんだとは思います。でも年齢の問題を無視し過ぎ!ヨヌのほうが2歳年下の設定なのに、ハン・ガインのほうが6歳年上なんて、無理にもほどがあるだろ!姉さん女房以外の何者でもないだろ!まあ韓ドラにはよくあることで、ミン・ジョンホ様よりチャングムのほうが年上だと知り驚いたこともありましたが・・・。
とにかく違和感のせいでストーリーに集中できないし、共感もできない。「なんでそんなに好きなん?」とツッコみたくなります。
あとキム・スヒョン、ドリームハイよりは凛々しくなってて「いけるかも」と思いましたが、やっぱタイプじゃない。ドキドキするシーンでも色気を感じないので全然ドキドキできない。(みあね)
ストーリーで重要な巫女とか祈祷ネタも、ご都合主義に思えるんだよなあ。
まあ、最後に全体感想で詳しく書きます。

ビッグ
こちらはホン姉妹の最新作。世間ではあまり評判が良くないけど、私はいいと思います。ストーリーがダレ気味なのは認めますが、出演者が魅力的なのがいいです。世間の評判が高い「最高の愛」は、おじさんとおばさんのラブコメにしか見えなくて興味が持てなくて、しかもヒロインが可愛くない上にストーリーも私には陳腐で、全然面白く思えなかったんですが、ビッグは出演者が若くてそれだけで楽しめるんだよなあ。イ・ミンジョンさん超可愛いし、スジちゃんも可愛いし、コン・ユは今まで見たドラマで一番いいと思うし、ドラマ全体が明るいんです。ただ話がもっと早く進めばいいと思うんですが・・・

日本のドラマも珍しく見ましたよ。
潜入探偵トカゲ
こちらは友達の職場が映るとのことで見ましたが、意外と面白かった!松田翔太かっこいい。

TAKE FIVE
2PMが主題歌を歌うとのことで心して見たんですが、つまんなかった・・・。主題歌を聴きたいがために耐えました。あー日本らしいってこういうこと。ボソボソっとつぶやいてウケを狙うって絶対日本ドラマの特徴だと思う。正義の怪盗みたいな話なのか?ルパンみたいな?

視聴予定のドラマもあります。
まるごとマイ・ラブがついに始まる!ずっと待ってました。ドゥジュンをはじめいろんなk-popアイドルが出るので、楽しみです♪
就活も一応終わったんで、なんか新しいことを始めよう!と思い立ち、長らく敬遠していたフェイスブックを始めてみました。(本名登録だから公開できないお☆)

「どうせ私がフェイスブック始めたところで誰も友達になってくれないし~」とスネてたのでずっとやってなかったんですけど、研究室の先輩とかがいっぱい友達になってくれて、友達たくさんいる錯覚が味わえて嬉しいです~←??

んでもって、フェイスブック面白いですね!
高校、中学の同級生がどの大学行って、どこ勤めてるかわかっちゃうんですね!
(自分だったら絶対知られたくないんでよー公開しませんが)

中学の時バカっぽかった男の子がすごいところに勤めてたり、引っ越しちゃった男の子がいい大学行って大手に勤めてたり、ビックリしましたわ。中学の同級生でグループができてたり、そこにアホな先生が加わってたり。
「友達」一覧を見れば出てくる出てくる。芋づる式に同級生が出てきます。

そして一番驚いたのが!
小学校と中学が同じだった「よっちゃん」。中学時代のヨンファ↓とソックリな子だったんですよね。
昔のヨンファ
中学の頃は同じクラスになったこともあり、隣の席になったときはよく観察したものです。悪い点数のテストが返ってきて頭を抱えてたり、反抗期で授業中にライターで遊んでるのを目撃しましたねえ。野球部で坊主狩りでした。
工業高校に行ってからはどうなったのか全く知りませんでしたが、フェイスブックを見たところ。

超イケメンになってました!
やっぱイケメンの素質があったんでしょうか。でもどっちかっていうとホスト寄りでしたけど。
しかも本気で芸能界を目指してるらしい!!!www
だけど名古屋に住んでてもう24歳なんだけどまあ夢は諦めないことが重要だからね!応援してるよ!デビューできたら自慢できる

さっきも見てたらいつのまにか時間がたくさん経ってました。おもしろい~。

ってなことを私は、「お友達申請」することもなく、コメントすることもなく、ひたすら情報を集めるのだった。

そう、私はフェイスブックにより「ストーカー能力」に磨きをかけたのである。

私はこれからもぼっち街道を歩む。
今日ツタヤに行って、Legend of 2PMを借りてきました!!ドームの感動が蘇る~
半額キャンペーンだったのでついでにSHINeeのThe Firstも借りてきました。どうせ借りるなら日本版だよね。
それは置いといて、東京ドームの感動がホントに大きくて、DVDが出たら欲しいなと思ってきました。行ったコンサートのDVD買うなんてありえないと思ってたけど、記念として欲しい!ギブミーラブも欲しいし、欲しいものがたくさんあr...あ、こうして男に貢ぐ女の図式が出来上がるわけですね。わかりました。いやでも正直理解できる。CD何枚も買っちゃうファンの心理がやっとわかった。あーおそろしい←

てなわけで、前回紹介した後に聴きはじめたお気に入り曲を紹介するお!

フェニックス-ZE:A

恐らく、ゼアの曲ではじめて好きになった曲。すごく好き!
太陽を抱く月で出てきたシワン君がイケメン。でも大人になったら急にオッサンになって(※子役から大人役に交替した)ガッカリしました。

イッチャナ-IU

アイユちゃんの昔の曲にして、なかなかの名曲だと思ふ。ノリが良くて、今にはない良さがあると思います。

エレクトリックボーイ-KARA

カラの日本語曲はそんなに好きじゃないと言いながら、この曲はメッチャ好き。去年のカムバック曲パンドラよりも好きという、逆転現象が起きました。でもバイバイハッピーデイズは、思い切り日本路線でした。ギュリとスンヨンは満25歳なんだからそろそろお子様路線はキツいんじゃないかと

悪いヤツ-Mighty Mouse feat.Soya

聴いてて明るい気持ちになる曲です!

憎い人-BEAST

ビッグのOSTで、上記の曲となんか似てる気がするんですが、こっちも明るい曲です!いいね!

あとES書いてる時期にヘビロテしてたアルバム。

SHINeeの最新アルバム!タイトル曲Dream Girl以外にも神曲揃いで、9曲しかないんですけど、神アルバムだと思います。もうすぐ発売されるチャプター2も要注目ですネ☆鼻を骨折したジョンヒョンくんが心配ですが・・・活動ファイティン!

活動と言えば2PMのカムバが5月になったそうなので、楽しみ!せっかく余裕ができたんだから、音楽番組観覧とか行けないかな?一人で行くのは不安だから、詳しい友達を作って連れてってほしいな・・・なんて夢を見ている。
2PM
昨日、満を持して行ってきました。
私、ちゃんとしたコンサートに行くのはこれが初めてだったんです。ティアラは無料ライブ、アイユはめざましライブ、レッドバルーンはなぜかのど自慢大会がくっついてくるしで(全て過去記事参照)、本当のコンサート、それも本命のアーティストのに行くのは人生で初めてで、ワクワクしていました。

確か開場の30分前に東京ドームに着きました。
駅を出るときに、ライブを盛り上げるグッズを有志で無料で配っているお姉さんを見て、「わーホントに来たって感じ!」と興奮する私。
ケチな私は、グッズは買わず。ちょっと待って、中に入りました。でももっと並ぶのかと思ったら、案外すぐ入れました。
私の席は2階後方で、超遠い席。(ちゃんと定価で買いましたよ)東京ドーム内に入った時、思わず「うわぁ!」と叫びました。でかい!ナゴヤドームに2回行ったことはありますが、ずいぶん昔なので、でかさに驚きました。

でも開始まで2時間もあり、暇でしょうがなかったので、チュロスとポテチを買ってムシャムシャボリボリ食べてました。
スクリーンには募集した掛け声動画?っていうのが流れてて、その中で浴衣着た女の子が半紙を持って掛け声紹介する動画がクオリティ高くて面白かったです。あとちびっこ3人組がマスカレード踊る動画、すごすぎて笑えました。あんな家庭だったら楽しそうだ。

そんなこんなで開始時間を5分くらい過ぎたあたり、ついに始まりました。その前に司会の人が出てきたのですが、そのとき後ろの人が「ウソっ?あんな小さいの?」と言っていた通り、小さい!持ってきた双眼鏡使わないと見えない。私はこのとき、不安を感じたのである。

そして暗くなり、映像が流れた後、6つの白い円柱みたいなのが舞台の床から出てきて、その中から2PMが登場した!!!彼らは白い服を着ていて、マスカレードを歌って踊りだした!うおおおおおお!!念願の生2PM!

だが、双眼鏡がないと見えない!
肉眼だと、棒人間が動いてるように見える(泣)双眼鏡使ってやっと、メンバーの判別ができるレベル!それも、かなり頭を使わないと判別に困る!判別できても、表情はわからない!
特に今回、みんな髪を黒くしていたので、余計わかりにくかったんだと思います。

双眼鏡ずっと持ってるので、手が筋肉痛になりそうでした。双眼鏡でちゃんと見えても、アリーナの方々との温度差を感じる・・・まさに体も心も外野(笑)

てなわけで途中ぐらいまでは、心寂しさを感じていました。だってさ、初めて生で見てるはずなのに見てる感じがしない(笑)レンズ越しに映るあの人は本当にテギョンなの?ドリームハイに出てた人なの?彼らは、私が見つめたパソコンの画面に映っていた、2PMなの??

でも諦めず双眼鏡を駆使していたら、だんだん心が近づいてきました。

マジでカッコイイ。
私はナムジャドルを見るのは初めてだったので、まずダンスパフォーマンスに感嘆しました。力強いダンス。高度なテクニック。長時間踊り続けるスタミナ。
そして最初から思ったのは、全員、本当にスラっとしてる!ああ、あれが本物のk-popアイドルなんだっていう。
そしてそして、生歌が素晴らしい!!私ぐらいマニアになると、スグわかるんです。多少の被せはあっても、ほとんど生歌でした。(マイクの故障もあったりしたので、確実だと思う)JYPは生歌主義だと聞いてたけど、やはりそうだった!2PMはk-pop界ではあんまり歌が上手い方ではないとは知ってたけど、実際ライブを聴いたら、全然そんなことはありませんでした。生であれだけ歌えるってスゴイ。特にスゴイのは、8割がた占めてた日本語の曲もちゃんと歌詞を覚えて歌ってるとこ。

日本語でMCして、日本語で歌って、カッコいいダンスを踊って、ファンサもする彼らは、間違いなく「プロ」でした。身のこなし方も、もう何もかも、私がテレビやパソコンの画面を通じてずっと見ていた2PMでした。

ジュンケイはやはり歌上手い!あと声がでかい!
ウヨンのSexy Lady大好きだったので、生で見られて嬉しかった!
ニックンはマジで顔が超小さくて足が超長かった!
チャンソンは今回髪型がアレレで、とても同級生には見えなかったけど(=老けてた)、意外と音をはずさず歌ってて安心した(笑)
ジュノは、正直今まであんまり注目してなかったけど、あんなに歌上手いなんて知らなかった!特にsay yesのときなんて、余裕すら感じて、スゴイと思った。
そしてテギョン!
本当に背が高くて顔が小さくて足が長くて(ニックンには劣るけどネ)スタイルが良くて超カッコイイ!!!
特に今回の髪型が少年ぽくて私の好みで、もうカッコイイ~

途中からはテギョンに絞って双眼鏡で追ってました。
意外とジュノと間違えやすくて、そんなときは背の高さで判別。それ以外にも、仕草でわかっちゃうときがありました。午後ショー、トッタクニョ、その他数々のバラエティを見てきた私は、仕草までもマスターしていたのだ!

背が高いからこそちょっと猫背になっちゃうところとか、お茶目なところとか
一番距離が近かったのは、動く台に乗って手前まで出てきたところで、そのときようやく表情も見られました。(※双眼鏡で)

曲の感想もいっとこう!
大好きなI'm your manが生で見られて感無量!
そういえばBack2Uとか最初の方の曲で脱いでたけど、なにせ遠いためにしっかり拝見できなかったのが残念
目玉は新曲のGive me Loveでしょう!この曲、日本語曲ではアンニョンメンの次にスキかもです!今度は買っちゃう?PVは、ビューティフルとマスカレードのなんかよくわからない路線ではなく正統派イケメン路線でいいと思いました。ただ、シンプル過ぎたかな。スローモーションで時間稼いでる感じが否めない。あとサビのダンスで一旦全員一列に並ぶところがよくわかんなくて、うーん・・・でした。でも曲はすごくいいんだよなあ。

コンサートが終わりに近づくにつれて、ドーム内の全員が一つになっていったように感じました。心寂しかった私でも、立ち上がって、一緒に掛け声叫んでました。Hands Upで手を上げてました。「オッパーミドデンジオーケー?」って叫びました。Foreverでラララー歌ってました。

アンコール前?でメンバーが一人ずつしゃべるとき、テギョンが泣きました。(そしたら隣のおばさんが突然
てぎょんー!」って叫んでビックリした)
東京ドームは、みんなの夢だったんだそうです。私もウルっと来ました。
ウヨンがウルラバの自分のパート「ときに涙だって流れるもんさ~」と歌ったのはナイスでした

この後アンコール2曲、離れていても歌って、フィナーレでした。このとき、ニックンが泣きました。韓国語でしゃべっていて、あんまり聞き取れなかったのが悔しい。「たくさん辛い思い」「愛して下さって本当にありがとうございます」だけ聞き取れて、もしかして飲酒運転のことかな?と思ってましたが、大体当たってたみたいです。ニックンは日本語苦手だから(ただでさえトリリンガルだから仕方ない)韓国語でちゃんと思ってることを伝えたかったのかなーと私は思いました。
ニックンが泣くと、みんな集まって抱き合ってました。(遠いからあんま見えなかったけど、ウヨンは見守ってたらしい)この光景が感動的で。

最初はコンサートに1万円近く払って(手数料含めるとそうなる)、高いなーと思ってました。
たかがコンサートでしょ?とも思ってました。
しかも2階席なんて、あんまり見えないし行って意味あるのかなーなんて考えてました。

でも、お金で買えない価値がありました。
この感動を彼らと、多くのファンと共有できたということ。
ただのコンサートなんかじゃない。「一つになる」ってこういうことなんだと、初めて知った日でした。

終了後の彼らのツイッター見て、泣きました。
私はあの空間にいれて、本当に良かった。本当に、行って良かった。

コンサートの魔力、わかった気がします。実際見ちゃうと、これからもずっと応援したくなっちゃう。
またコンサート行きたくなっちゃう。今度はもっと近くで見たいな(切実)

というわけで、しばらく落ち着いていた2PM熱でしたが、再燃しました!やっぱり大好き!カムバも応援します!!
2013.04.18 就活終了宣言
色々悩んだ結果、唯一内々定をもらえたA社に行くことに決めました。就活サイトは全部解約して、今は実家でだらけた日々を送っています。

客観的に見たら、私はダメ人間なのかもしれない。持ち駒がゼロと言っても、まだ4月だし納得行くまで活動しようと思えばいくらでもできる。
怪しいA社なのに、「社会に絶望した」「他に行きたい企業がない」などと理屈をほざいて内定を承諾したのも、自分が怠けたいだけなのかもしれない。

ここまで考えが及んでいるのに、なおA社にこだわる私。誰かに「A社でいいよ」と言われるのを待ってる私。
実際、騙されてる感はありながらもA社に行きたい気持ちが高まってるので、自分の気持ちはあながち嘘ではないと思う。でもこの気持ちが怠けだとしたら・・・ってな感じで悩みがループして答えに辿り着けない!

「納得」ってどういうこと?そこからわからない。会社がいいか悪いかなんて、入ってみないとわからないと思う。クビにならず定時に帰れるところに行ければ「正解」なの?

何もかもわからないです。

途中までは、「就活終わったら就活ブログ作るんだ」と思ってましたが、自分自身成功してないし、結局よくわからなかったので、作れません。人に教える資格なんてありません。

「自分の軸がわかったぁぁぁ!」と喜んでましたが、自分の軸とは真逆のA社に行くことになったし、そもそも自分の軸に当てはまる企業が存在しなかった。

そうだ、就活反省ブログなら作れます。うん、就活を通じて、いかに自分がダメ人間であるかを悟りました。
自分は文章得意だと思ってたけど、そんなことはなかった。わかりにくい、酷いESばかり書いていた。コミュニケーション力はもとから皆無だった。特にグループディスカッション。それができたら、私人生ここまで苦労してないわ!
こんな人間が職に就けるだけでもありがたいと思うべきでした。私が就活で唯一タメになった作戦。
「エントリーシートは出せるだけ出す。」
このおかげで、全然行く気もなかった怪しいけど一応大手の外資系金融に拾われました。
もし「別に行きたくないし、めんどくさいし」で出すのをやめていたら、今頃首を吊っていたかもしれません。

あーなんかこういう内容でブログ書きたくなってきた。ひどくネガティブな内容になりそうだけど、思ったことがいろいろあるので今後ぼちぼち書いていこうと思います。
私は今、悩んでいる。

3月の終わりにA社から内々定をもらい、研究室内で内々定1番乗りのスタートダッシュを切った私。
この調子で4月の面接も行くぞ!!と意気込み、6日間で合計9社もの面接に挑んだ結果。

全落ち。

あ、ま、まだ確定してない会社もあるよ!それに「こんなところ行きたないわー」ってところもあったし、ES通過したのも奇跡で、「ここはムリでしょwww」ってところもあったから、想定はしていたけど、ここまでバンバン一次面接で落とされるとは思いませんでした・・・(しゅん)

そして第一志望の会社の3回目の面談に今日行ってきて、それなりにしゃべれたかなーと思ったところ、帰るとき面接官に「就職活動はいろいろな業界を回るのが面白いと思うので、他の業界も見てみてくださいね(^_^)」と言われました。

どう考えても死亡フラグです。ありがとうございました。

めでたく、私の持ち駒はゼロになったわけです。

でもこうなった背景には、「A社でいいや」って気持ちがあったんだと思います。もうやる気が出ない。これからエントリーする気もしてこない。早く解放されたい。遊びたい。なんで内々定もらってるのに就活続けるの?

実際A社はどんな会社かと言いますと、世界的にはまあまあ名の知れた外資系。でも何回か悪いことやってて、知ってる人にとってイメージは良くない。何年か前に危機があって、一応乗り越えたけど今後もどうなるかねぇ・・・ってところ。
でも!一応名は知れてるからそんなに恥ではない。日本撤退さえしなければ、女性がとても働きやすい環境だし、勤務地も最高で給料もそこそこあるみたいなので、困りはしないと思う。もともと海外に興味あったし、グローバルな環境で働けるのは憧れだった。入ったら絶対英語しゃべれるようになると思う。定年まで働くつもりないし、適当に働いて、合コン頑張って金持ちを見つけて寿退社すれば、そこそこいい人生が送れると思う。

じゃあ一体何が問題なのか。職種が自分の専攻と全然関係ないのは別にいいんです。業務上、24時間365日監視が必要なのもまあ許せるんです。シフトとかあると思うし。

問題その1
入社までに日本撤退しないか。

こうなったら元も子もありません。せめてあと4年くらいは撤退しないでいてほしいのですが、そんなこと人事さんに聞いたってそりゃ自分が一番知りたいよ!って思われそうだし・・・

それよりこっちのほうが重大。
問題その2
私を客寄せパンダにする目的があるのではないか。

そもそも私は専門外だし、英語も別にしゃべれない。面接でも練習のつもりで受けに行って、他の会社では落ちまくったのになぜかA社だけトントン拍子に進んだ。そんなワケワカラン私が、人事に囲い込まれ、ぜひ来てください!言われるのはおかしいと思った私はこんな仮説を立てたのです。

A社はイメージアップを図りたい。

A社にあんまり入りたがらない大学の学生に入ってもらえれば、イメージアップできるかも。

そこに、練習のつもりで来た何も知らない騙されやすそうな私が現れた!

この子ならカモになる!採用しよう!

<内々定>
どうせ滑り止めに受けに来たんだろうから、他が通ったらそこに行くに決まってる。その前に引き留めなければ!
「他の会社の選考を辞退してくださいネ☆」

<ここで私が本当に入社したら・・・>
同期「あの子ってコネで入ったらしいよー。やーねぇヒソヒソ」
<就活セミナーにて>
人事「新入社員のみかぼんさんです!(大学の後輩を連れてくるのよ!!)」
私「こ、こんにちは・・・私は専門外で英語も全然しゃべれませんけど楽しく仕事やってますよ~誰にでもできますよ~だから来てね~・・・」

こんな未来が走馬灯のように脳裏を駆け巡りました。
つまり、私の実力を認めてくれたわけではない、という可能性があるのです。

でも思うのです。客寄せパンダならパンダで、私を大事にしてくれるのではないか。クビにもしないはず。同期に嫌われるかもしれないけど、良く考えたらほとんど外国人だし、イジメの文化なんてあんまりないんじゃないか。
パンダの人生も悪くないかもしれない。なんせ、ここまでたくさんの会社に嫌われて、A社だけが熱烈なラブコールを送ってくれて、悪い気はしない。そこに下心はあるのかもしれないけれど・・・。

とりあえず明後日、先輩社員さんにオフレコで会わせてくれることになりました。まずこんな機会が与えられる時点で相当異質だと思います。ぶっちゃけトークを引き出したいけれど、恐らく変なこと言わないように訓練されていると思います・・・。私が見えない裏で、一体どんな動きがあるのかわからないです。私の考えすぎかもしれませんが、こんな仮定までしてそれでもA社でいいやと思うのは、私の甘えなのでしょう。この甘えが後悔を生むか、私にはわかりません。いや、今は知りたくありません。
さて、内々定をもらって1週間が過ぎた。

私は毎日ひたすら面接に行っていた。半ば「思い出づくり」だったが。

自分の軸に合わない会社など、興味はない。

私は「日本の製品を世界に広めたい」という目標があった。だから海外事業に力を入れている会社の面接では、頑張るようにしていた。

だが、面接でその熱意を伝えると、説明会で「海外事業に挑戦します!!」と豪語した人事の顔がみるみる曇り、「実際には難しいんだよね」とつぶやいた。私はこの会社に、落ちた。

実はこのパターン、この会社だけではない。少なくとも4社ぐらいは目にした。

留学生の先輩が言っていた。「日本の会社は、言ってることとやってることが違う。」

まさにその通りだと思った。
目標にはスバラシイ事柄を掲げておきながら、実際はリスクを恐れて、動かない。
「変革」「挑戦」・・・こういったキーワードを多くの企業理念で見かけるが、いかほど達成されているのだろうか?
結局はどの会社だって、自分の安定が欲しくて、現状維持を努める。
だから「離職率が低い!」「安定した経営状況!」と謳うのだろう。

なのに求める人材像には
「自律的に行動する人」
「周りを巻き込む力を持つ人」
「目標に向かって果敢に挑戦する人」
などと、そんな完璧な人いるのか?というスーパーマンを求めておきながら、

結局、何も考えず上司の言いなりに動く奴隷が欲しいのだ。

そんな奴隷になるために、大学生はボランティアサークルを立ち上げ、100人のメンバーをまとめるリーダーを務め、スピーチコンテストで優勝し、インドへ一人でバックパックに行く。そして就活サイトに登録し、自己分析ワークシートに自分の経験を書き込み、将来何の役にも立たないような図形問題に本気で取り組むのだ。

実に滑稽だ。

誰も得をしないこの社会、一体誰が作ったのだろう。

私は自分の軸が達成できる会社に入りたいと思っていた。
だがこの国に、そんな会社はないのかもしれない。
第一志望の会社があったが、会員制口コミサイトを読んだら、非常に保守的でパンフレットに書いてあるような革新的なことはできないと書いてあり、一気にやる気をなくした。
とすると先週内々定をもらった、自分の軸と全く関係ない外資系会社に就職しても同じなのかもしれない。

私は社会に失望した。いや、最初から期待などするべきではなかったのだ。
大人の世界が汚いことなど最初からわかっていた。
だが就活でわかったのは、その世界がどの業界にも言えるということである。
一般的にはマスコミや広告会社、政界が叩かれがちであるが、それは一般人に見えやすいからであって、どの会社も汚いのだ。
私は一流企業の説明会に何度も足を運んだが(※就活生なら誰でも行ける説明会)、人間的にどうかと思う社員を目にしたことがある。またここには詳しく書けないが、研究室の先輩が大手企業に酷い目に合わされている。
かといって中小企業も、汚いところは汚い(例:うちの父)。

だけど働かなきゃ生きていけないのだ。いや、生きているから働き、辛い思いをするのだ。
夢や目標だけではやっていけない、それが人生だって、そんなのわかりきってたじゃないか。

そんな事実を再確認する作業。それが就活。
奴隷になるための道のり。それが就活。

私はそんなことを考え、今日も眠れない。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。