上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2PM
日曜日なのにノープランなみかぼんでーす!今日も自己満足誰得記事を書くよ!

第3段は、オク・テギョンさんです。

1988年12月27日生まれ。釜山で生まれたが、韓国で通貨危機が起きたのがきっかけでアメリカ・ボストンに移住し、7年間滞在したらしい。通貨危機が起こったのは1997年だから、9歳から16歳ぐらいまで?7年間も住んでたので英語はペラペラで、去年大学の卒業認定で受けたTOEICでは満点(990点)を取った!

テギョンTOEIC
↑これが認証ショットだけど、写真が明らかに古い!I'll be backの短髪時代じゃない?

アメリカの学生時代には、スペイン語も勉強してたらしい。(第2外国語的な感じ?)中国語もちょっとしゃべれるという噂も。
さらにテギョンは日本語も結構うまい。k-popアイドル界でも日本語レベルは上位に位置すると思う。バラエティで率先して日本語を使っており、咄嗟の返しとかもできる。テギョン曰く、「間違えを恐れず話してみることが大事」なのだそう。私もテギョンを見習わなきゃ!

このように、テギョンもニックン並みの語学力を持っている。あとこれは噂だけど、アメリカ時代に全米上位5%以内の成績優秀者に入ったらしい。
真偽はわからないけど、テギョンは頭がいいってことです!

アメリカ時代の彼女の話はいろいろありすぎて(笑)忘れちゃったけど、「ジェシカ」という名前の彼女がいたのは覚えてる。初恋も諸説あるけど、ラジオスターで言ってたことによると、好きな女の子ができて付き合ってたけど、JYPのオーディションに合格して韓国に行くことになり、別れたんだそう。でも円満に別れたので、今でも連絡を取り合う仲だとか。

JYPでは俳優部門の練習生としての生活を送っていたらしい。だがどういうわけか熱血男児に参加して勝ち残り、アイドルグループ2PMに合流、デビューすることになる。

テギョンは2PMのイケメン&高身長&筋肉担当!
テク氏
いつも言ってるけど、マジでカッコイイ!2年前からずっと私の理想
身長185cmもあって、ニックンには劣るけど顔が小さくて足が長くてスタイルがいい!

しかしイケメンでありながら、とってもお茶目で、ファッションテロリストで、ときどきダサくなるというギャップを持っており、そんなアンバランスさが面白くてもっと好きになっちゃうのである(照)

そんなテギョンは2PMでラップ担当である。(バラードでは歌うときもある)ていうか多分、歌があんまりうまくないからラップに回されたんだと思う低い声が特徴的だ。

テギョンはユナのポジションに近いと思う。ほとんど歌わないけどグループを代表するルックス担当であり、ドラマにバンバン出るタイプである。

「シンデレラのお姉さん」で俳優デビューした。(ポスターには大きく映っているのにドラマにはあんまり出てこないという謎があるけど)
その後「ドリームハイ」に出演、さらに人気を得る。私がドリハイでテギョン堕ちする。
嬉しいことに、ドリハイの名古屋ロケはテギョンにとって思い出深いものだったようだ。いろいろな番組で観覧車ポッポシーンの話題を出してくれるので、名古屋人としては嬉しい限りだ。ちなみにスジちゃんと8時間もポッポシーンを撮ってたらしい。しかもスジちゃんは初ポッポ・・・うらやましいぜ!!!

なぜか日本ドラマ「僕とスターの99日」にも出演。(私はなんか恥ずかしくて1話しか見られなかった)

今年はついに主演ドラマ「Who are you?」が放送され、映画初出演作「結婚前夜」も公開され、テギョンの俳優活動は絶好調!特に結婚前夜ではイ・ヨニとイチャイチャシーンがあるとかないとか!ぎぃやぁぁぁ!イ・ヨニ可愛いけどさぁ~生意気娘ってイメージであんまり好きじゃないんだけどさ~正直見たいよね!日本で公開してくんないかな~。

↓結婚前夜撮影中のテク様。ちょ~かわええ(*´Д`*)ちなみに椅子にはオク・テギョンって書いてあるよ~
結婚前夜


そんなテギョンは負傷が多い。記憶に新しいのは、去年の武道館公演の前の腕相撲骨折である。
ラジオスターによると、テギョンがジュノと腕相撲してたとき、「バーン!」と大きな音がして腕の骨が折れたらしい。筋肉があり過ぎて、骨が筋肉につぶされて折れてしまったらしい。ジュノはトラウマになって、メンバー全員二度と腕相撲はしないと誓ったそうだ。

筋肉があり過ぎたのが災いしたためか、テギョンは骨折以来あまり鍛えなくなったそうだ。傷あとが残ってるのもあって、脱ぎ担当だったテギョンがマスカレード以降脱がなくなってしまった。これは結構残念。

ギミラは長袖長ズボンだし、ハニプンポスターでも同様に肌を隠してしまっている。
ハニプンテギョン
う~ん残念。いつかまた豪快に脱いでほしいですね(鼻息)

ハニプンMVではキッチンでヨジャ絡みを披露!
ハニプンテク
ブフォオオオ(吐血
良かった。実に良かった。

歌があんまりうまくないテギョンだけど、実は作詞作曲もこなしている。
LEGEND OF 2PMでは「君だけに」を作詞作曲し、東京ドーム用に「I LOVE U,U LOVE ME」を作詞作曲、Grownリパケでは「Traición」と「僕の名前を呼んでくれ」を作詞作曲している。また、Grownでは12曲中6曲のラップも作っている。
私は「君だけに」を聴いた後にテギョンが作った曲だと知り、非常に驚いた。それくらい、クオリティ高い。ミュージシャンの才能もあるテク様。すごい!

・・・
テギョンについては今までも何度か語ってたから、今回語るのは難しかったです。しかも語ろうとすればキリがないから、ダサテクについてカットしてしまった。画像はたまってるので、いつかダサテク特集します!

そんなわけでオク・テギョン編を終わります。
兄3人が終わったので、次からは弟編!第4弾はチャン・ウヨンさんです。
実は弟組のほうがネタが多いので、さらに文量が増えるかも・・・私は書ききれるのか?
スポンサーサイト
2PM
今日も頑張って書くよ!
第2段はニックンさんです。
ニックン

本名はニチクン・バック・ホルベチクル。1988年6月24日生まれである。
父はタイ人、母は中国系アメリカ人で、タイとアメリカの国籍を持っているそうだ。ニックンの来歴については複雑で私もよくわからないのだが、アメリカで生まれた後タイで幼少期を過ごし、ニュージーランドに12歳で留学し、その後カリフォルニアの学校に入学したらしい。
それでカリフォルニアにいるときのコリア音楽祭でJYPにスカウトされたらしいが(以上ウィキペディア先生より)、韓国に来る前に既にタイで芸能界デビューしてたはずである。熱血男児で「こっちではまだサインを書いちゃいけないと言われてる」と、有名人らしいことを言ってた気がする。

ともかく熱血男児で勝ち残った彼は、タイ人にして韓国でアイドル業を行うことになったのである。

ニックン氏はタイ語と英語がペラペラレベルで、おばあちゃんが中国人らしいので(要出典)中国語もそこそこしゃべれるらしい。(※レベルはわからないが、私の中国人の友達によると発音はカンペキだそう)韓国語は難しいことわざなどは知らないようだが、長年の芸能活動により今はペラペラレベルに達していると思われる。
4か国語も頭に入っているからか、さすがに日本語は上手ではない。日本の番組でも既に用意してきた言葉をしゃべっているように見える。しかしそれなりに切り抜けているので、k-popアイドルの中での日本語レベルは高い方だと思う。(ソシよりうまいと思う)日本語曲では歌いにくそうなラップもこなし、発音もそんなに悪くない。
というわけで5か国語を操るニックン氏だが、本人は「僕がしゃべれるのは3か国語だけ」と発言していた気がする。それでもかなりすごい。

タイの王子とも呼ばれるニックン氏は、好感度が高く広告に引っ張りだこで、JYPの稼ぎ頭だった。しかし1年前、飲酒運転事故を起こしてしまう。JYPnationのリハーサルの帰りのことだった。この事件は2PMの活動に大きく影響した。日本のテレビ番組は延期、ハングル講座は1か月ほど休止、シングルも延期、ライブは5人で活動。2PMリターンズによると、本当は去年の9月に韓国カムバを予定していたそうだが、それも延期になった。ニックンを除いて5人でカムバするという提案も出たが、6人で2PMというメンバーの意向を尊重したそうだ。

私は去年の事件を知った時、大きなショックを受けた。私は反日なんて全然気にしない人間だ。どう思ってるかは個人の自由だと思っている。一番問題なのは犯罪だと思っていた。だからこそ、私はショックだった。ちょうど1年前、部屋にある2PMグッズを一部片付けた。曲もあまり聴かなくなった。情報を追わなくなり、新曲が出てもアルバムが出ても気持ちは高まらなかった。

だけど4月に東京ドームに行ったとき、私はあまりにも感動してまた2PMが大好きになった。そして最後にニックンが泣くのを見て、私は完全に許した。最後に韓国語で「ファンの方たちはとても辛い思いをしたと思うけど・・・っ(涙)」って韓国語で口走ったところが、表向きの謝罪ではない、本当に気持ちに思えたからだ。
あと後に知ったCODE-V騒動が酷過ぎて、ニックン騒動が普通に思えてきた理由もある。(CODE-Vのほうは犯罪じゃないけど、あれ酷過ぎる)

暗い話はここで終わりにしよう。

ニックン氏は2PMのイケメン担当、いや、k-popアイドルを代表するイケメンである!
色白で、まるで女の子のような可愛らしさを持ちながら、筋肉はムキムキというギャップ萌え。
ニックンさん


特に顔の小ささと足の長さは有名である。(いい写真が見つからなかったよ)
東京ドームで見たけど、マジヤバイ!世の中にあんなにスタイルのいい人が存在するのか?!ってくらいだったよ。

だけどニックン氏は、眉毛が太い。眉毛王子とも呼ばれる。ファンには「眉毛を出すな」とツイッターでささやかれている。
だってさ、こんなに元がイケメンなのに、デコ出すとなんか違わない?
クンさん

しかもニックン氏は若ハゲ疑惑も出ている(笑)
ハゲ?
↑「キムチ女まとめ」さんよりお借りしました。
ヤバくね?ニックン氏の家族はハゲ家系という噂もあり、遺伝によるものと言われているそうだ。でも現在26歳のスーパーイケメンアイドルでさえハゲと闘うなんて・・・私はこの写真を薄毛に悩む父に見せて励まそうと思います(真顔)

さらにニックン氏は、わりと肌荒れにも悩まされている。テレビで見ると、ニキビができてるのが見えることが多い。化粧品It's skinの広告塔なのに・・・体質なのかな。

王子でありながら、いろいろ悩んでいるニックン氏。そんなところが人間らしいよね☆(まとめた)

そろそろ音楽の話題を!
ニックン氏は主にラップ、たまにボーカルを担当。ハニプンではサビに昇格した。(後半の高音サビで爆笑したファンも多いが)
歌は決して上手い方ではなく、生歌では時々残念なこともあるが、あま~い声がとてもいい!ドリームハイOST「マイバレンタイン」はニックン氏の歌声が魅力的な私のお気に入り曲である。
日本セカンドアルバムでは、英語で作詞した「Let It Rain」を発表。(この曲も好き♪)コンサートではピアノの弾き語りを披露!ニックン氏はピアノも弾けちゃうのだ。

ハニプン活動時は「ポリスハット」という帽子をかぶったスタイルで登場。某所で「レイザーラモン」と呼ばれたことも。
ハニプンニックン

ハニプンMVでは階段でヨジャ絡みを披露。
階段
でも私思ったんですよ。ハニプンMVはみんなエロいのに、ニックン氏だけなんかぎこちない!

個人的には、ニックン氏を堪能するなら「Tik Tok」MVが至高ですね!!
tik tok
ビジュアルも最高!そんでもって色気!ていうかそもそもTik TokのMVは神だからね!

カムバ終了後は、なんと中国で主演ドラマを撮影しているニックン氏。まさかの主演!!しかも題名は「1と1/2の夏」wwwwめっちゃ青春ものっぽいwwww
中国でも人気で、撮影に支障が出るほどだとか。すげえ!

アジア中で人気を博するスター・ニックン氏。今後もますますの活躍を期待します!

もう自分で何書いてるのかよくわからんけど、第2段終了!
第3段は、オク・テギョンさんです!
ついに書くよ!
順番は迷ったから、年齢順(ヒョンから)にしたよ!

というわけで第1段はJun.Kさん!


Jun.Kはキム・ジュンスという名前だった。
1988年1月15日生まれで、テグ出身である。
ギミラ活動時のGyaoで、「テグは夏とても暑くて、冬とても寒いんです!みなさんテグに来てください!(※うろ覚え)」
との発言を耳にしたが、本当にそうらしい。名古屋も夏暑くて冬寒いので、少なからず親近感を覚える。

ツイッターで幼少期の写真がたくさん集まった画像があったんだけど、今探したら見つからない

とりあえず有名な写真貼る!
Jun.K若い頃
か~わ~い~い~
私は、若い頃の方が可愛いと思いますね!今はメイクが濃すぎると思うんですよね~。

Jun.K氏は、JYPとYGのオーディションに両方合格してYGを蹴ったという、スゴイ経歴の持ち主。オーディションに何十回も落ちていたアイドルもいるというのに、すごすぎる!

そんな彼は熱血男児で勝ち抜き2PMに加入、ジェボム脱退後はメンバー最年長、そしてメインボーカルとして活動中である。

しかし2012年、お父さんが急逝。本当に突然のことだったそうだ。2PMリターンズで、訃報を聞いたとき、子供の頃父と過ごした思い出を振り返ると同時に、大人になってからの思い出があまりにもないことに胸が痛かったそうで、テレビを見ながら私もウルっときてしまいました。お葬式に行っても実感がわかず涙が出なかったけれど、メンバーが抱きしめてくれたとき、自然と涙が溢れたそうです。メンバーの愛に私も泣きそうです

そして2012年10月、本名をキム・ジュンスからキム・ミンジュンに改名することを発表。2PMとしては、作曲時に使っていたJun.Kという名前で活動することになりました。「ミン」はお父さんの名前から取ったそうで、当時は「なんで改名までするんだろう」と疑問でしたが、ラジオスターで、お父さんの遺言であったと明かされました。そりゃあ遺言には逆らえない・・・!

それにしても、現役アイドルの改名は異例で、ファンも困惑でした。今まで「ジュンスー!」って言ってたのに、「ジュンケイ・・・ミンジュン?」みたいな。私もいまだに困惑中ですが、6月のソウルコンでテギョンが「ジュンス!」って言っちゃってたらしいので、なんだ私だけじゃないのかと安心しました。そりゃあ練習生時代から一緒に過ごして、寝食も共にしてたんだからファンよりジュンス呼びが定着してるのは当然だよね。
(ちなみに現在はJun.Kとテギョンとウヨンが宿舎を出て暮らしているそうです!)

そういえばラジオスターの初恋の話で、ジュンケはデビュー前に彼女に浮気されて、ショックのあまり事務所のトイレの中で1時間ぐらい呆然としていたそうです。ジュンケ氏、切ない・・・

そろそろ音楽の話題を!
ジュンケ氏は2PMを支えるメインボーカルであり、作詞作曲もこなすミュージシャンでもあります。
本当に歌がうまい!特筆すべきは声量の大きさ!どっかの動画で「僕は喉を痛めずに大きい声を出せます」と言ってたような気がします。初めて東京ドームで生歌を聴いたけれど、ジュンケだけ発声法が違うみたいでマイクの響き方から全然違ってて、驚きました!
せっかくなのでジュンケ氏の声のでかさがよくわかる動画。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm13248368
(貼りつけ不可だったからリンク飛んで見てね!)

歌がうまかったジェボムが抜けてジュンケのパート比重が重くなり、他のメンバーが必死に踊ってる間一人だけ立って歌ってることが多いので、「ダンスをサボっている」と言われることも(笑)

Grownでは「ふと」を作詞作曲。この曲は日本のアルバムに収録された「離れていても」の韓国語バージョンですが、もともと韓国語でかなり昔に作っていた曲だそう。(実際、2011年に放送されたハハモンショーに出てくる。)

正直、私は「離れていても」を聴いたとき特に何も思わなかったんです。
でも2PMリターンズでライブを見たとき、同じ曲なのに、全く違う印象を受けました。


日本語よりも韓国語バージョンのほうが、ずっと心に入ってきました。やっぱり母国語だから感情も込めやすいのかな。歌詞もすごく素敵だと思った。2PMの日本語歌詞はk-pop界ではいい方だけど、それでもやっぱりジュンケが長い間温めていた歌詞には敵わない。

GrownのリパケではTrue Swag(韓国語バージョン)を収録。この曲は今年日本で出したアルバムにも入っている曲ですが、私はAliveのほうが好き!

好きになったきっかけは、Hands Up Asia Tourの動画を見たこと。こんなにいい曲を知らなかったなんて私はパボか!って思いました。私の中では、Jun.K史上最高傑作。曲の良さに加えて、舞台演出のこだわりも素晴らしいし、何よりジュンケ氏の歌唱力!2:53からが好きで、特に3:10あたりに叫ぶところが、声量の大きさと声の良さが存分に活かされていて感動します!!


突然話変わるけど、ハニプンの個別ポスターは、正直怖かったわ(笑)
ハニプンJun.K
なんか少年向けアニメで謎の敵役で出てきそう

Grown活動が終わった後は、日本でミュージカル「三銃士」に出演予定であるJun.K。見てみたかったな~(迷ったけど高いから諦めた自分)
これからも、音楽の才能を存分に発揮して2PMを支える兄さんでいてほしいですね!うん、まとまった!

それではこんな感じで第1段Jun.K編を終わります。
私にしては頑張ったよ!次はニックンです~
2013.07.21 忙しい&SISTAR
どうも、みかぼんです。
2PMについていろいろ書く予定だったのに、バイトと実験に忙殺されて全然書けてませんでした!今日も日曜日なのに実験してます。(というのは、実験前倒しして水曜日に遊ぶ計画立ててるからだけど)
誰もラボにいないので、ツイッター見たり歌ったり踊ったりやりたい放題だぜ!(実話)先週からまたダンス教室に通い始めたので、タシマンナンセゲを猛練習中です!これが超難しいんだ。

今はちょっと待ち時間なのでブログ書いてます。

今後の更新予定としては・・・一刻も早く2PM全員分の記事を書きたい!と意気込んでたけど、いざ書こうとすると妙なプレッシャーで書くに至りませんでした。だから今度こそ頑張ります。

あと、好きなk-popが増えすぎていちいち紹介するのが面倒になって、もう年末にまとめて紹介すればいいやーって思ってたけど、これだけは紹介しておきたい!

SISTARの最新曲、「Give It To Me」

SISTARは去年大躍進したんですが、正直去年の曲があんまり好きじゃなかったので注目してなかったんですよね。それにGive It To Meといえば私にとっては2PMジュノの曲だったので(大好きなんだこれが)、「ジュノの曲のほうがいいし!」って思ってたんです。

ですが!

2~3回聴いたら突然ハマった!(k-popあるある)
これはすごい!SISTAR史上最高傑作と言っても過言ではない!頭から離れない。
なんかうまく説明できないけど、舞台のような壮大さ、古めかしさ、艶っぽさが目新しい。
音楽番組もyoutubeで見ました。よく見たらほとんどヒョリンとソユが歌ってる。ダソムのパート1つしかないけど、帽子を投げ捨てるところがゾクゾクする!ボラのラップかっこいい。手をひらひらするダンスがかっこよくて、思わずマネしてしまう。歌詞を見たら、冒頭が「30までに結婚できるか」だった!すごい歌詞だ。そんなストレートな内容が新鮮で面白い。

SISTARは3週連続ミュージックバンクで1位を取ったそうです。うん、1位を取るにふさわしい曲だと思う。上半期の売上ランキングで、アイドルの中でトップになっているとか。SISTAR絶好調です。たぶん、安易に日本デビューせずに地道に国内活動を続けた成果だと思います。格付け的には、少女時代、KARA、2NE1にもうすぐ並ぶんじゃない?(T-araは陥落したと思う・・・)

SISTARの今後の活躍に期待ですね!
2PM
カムバックから2か月、活動も終了した今になって、ようやくGrownについて書くよ!

「この歌を聞いて戻ってきて」は取り上げましたが、それ以降の情報はためてたんですよね。

まず「ハニプン」MV感想を。

公開されたとき私はソウルにいて、ホテルのパソコンが使えたんだけど、さすがに公共の場でyoutube見る勇気なくて日本に帰ってから見たんですよねー。

見たときの衝撃度は、既に数多くの方々のブログ&ツイッターで書かれてるとおりです。

でもツイッターの感想見て耐性がついてたので、初めて見たときは「あら、こんなものか」と思いましたね。

うん、だってなんだかんだ言って寸止めしてるし、ヨジャとイチャイチャしてるだけじゃんね!

MVが終始モノトーンなのは、JYPの好みかもしれないけど(ワンガのBe my babyもだったし)、エロくなりすぎないようにしたのかもね。白黒だとオシャレで上品に映るのかな。肌色が映ると一気にエロくなりそうだからな。

でも正直、カラーで見たかった!なのに、MVメイキングでも、Grown Grand Editionのフォトブックにも一切ないんですよ。ダンスとか椅子に座ってるカットはあるのに、ヨジャ絡みだけは頑なに公開しないスタンスみたい。

お蔵入り状態?うわー見たかったよ!

だったら、もっとスゴイのを今後に期待するぜ!前も書いたけどBloomのガイン姉さんばりに頑張ってほしい!私はぜひともチャンソン氏にお願いしたいですね(鼻息)

歌うときのカットだって、なんかこう、ベッドに横になりながら白いシャツがはだけて鎖骨と腹筋が見えてカメラ目線で歌ってくれないかな!(詳細な妄想)

ていうか2PMの「おやすみシーツ」とか発売しなさいよ!

↓おやすみシーツの例(Google画像検索で拾ったwww)
おやすみシーツ

あ、抱き枕でもいいよ!

↓女性用抱き枕の例(同じく拾ったwww誰www)
003.jpg


次のコンサートのグッズはコレで決まりですね☆アジアの出生率が下がっちゃうね☆

というアホ妄想はさておき、アルバムの感想を。

評判は高くないけど、私は全曲好きです!確かに前作までに比べたら大人しい印象だけど、前作Hands Upはシングルのタイトル曲がたくさん収録され新曲比率が小さかったことを考えると、ほぼ全部新曲なのはすごいことでない?

今回の2PMは「成熟した野獣」を意識しているだけあって、大人っぽい、哀愁に満ちたメロディーが多くて、私は好きだったよ。
もちろんHands Upのノリの良さも好きだし、正直に言うとI'll be backやHeartbeat、Without Uなど昔のダンス曲のほうが好き。だけどいつも同じじゃつまらないし、たまには違うことに挑戦したっていいじゃない!
それに午後たちも23~24歳。若いときみたいにバク天しながら「君を忘れられないよ~」って言ってる場合じゃないのよ。

それに「成熟」が存分に感じられました。

例えばハニプンのサビのジュノパート「一日中君のことだけ考えてるよ」の歌い方が、本当に気持ちがこもってるみたいですごく好き。時々もれる吐息がやばい

Grand Editionも含めるとメンバーが全員楽曲に参加してるし、すごいと思うよ。

今回の2年ぶりのカムバック成績はあまり良くありませんでした。
確か1位はミュージックバンクの1週しかとってなかったと思う。シャイニもソシもシスターも普通に1位とってるのに、2PMレベルのアイドルが1つしか1位とれないのは私でも結構やばいと思いました。だってアイドルだったら3番組で1位当たり前、さらに3週連続1位とることだってあるのに。神話やイ・ヒョリとかぶったからといっても、これは残念だった。

でも本人たちが言うように、1位を取るために活動してるわけじゃないのよね。私は彼らの意思を尊重します!

そうそう、ケチな私がGrand Editionを買いました♪海外サイトで買うのが怖かったからタワレコで注文しました。(チャート反映されなくてミアネ・・・)
フォトブックが豪華で大満足でした!ペンなら買いだと思います!

本当はハニプンポスターがついてくるミューコリで注文したかったんですけどね・・・
イノレよりハニプン仕様のほうがかっこいいから好き。
ハニプン
裸成分がいい感じだよね☆できればテギョンも脱いでほしかったけど!(腕相撲骨折の余波で脱がなくなっちゃったらしいですね)

でも現実的に考えて私の部屋にこれ以上ポスター貼るスペースないし、黒くて部屋が暗くなりそうだから、ポスターは諦めました。

Grown活動ネタはまだまだありますが、一つの記事じゃ書ききれない!
そこで、次からはメンバー別に記事を書こうと思っています!はたして全員分書ききれるのか謎ですが、頑張りますよ!
(書いたところで見てくれる方がいるんだろうか・・・最近過疎りすぎてて、私のリア友しか見てないんじゃないかと疑ってる・・・でも自己満足ブログだから気にせず書くよ☆)
2PM
だいぶ情報遅れてますけど、テギョンがついにドラマで主演します!!
しかもお相手はソ・イヒョンさん。オレスキでヨンファとポッポしたという、実にうらやましすぎる女優さんだ!

放送局はtvN(たぶんケーブルテレビ)だから視聴率が悪くて叩かれることもないだろうし、安心できるね。


警察官の役だとのことで、公開された写真がこちら↓
whoareyou
やばいいいい!!!
イケメン!私好みの短髪前髪あり逮捕されたい

そしてさらに公開されたティーザーがこちら↓

(これを見たときの私の心情)
うおおおお!ぐはああぁごふっ(吐血)
・・・ハァハァっああ・・・やばい・・・かっこいいかっこいい大好きだよテギョン世界一かっこいいよだから抱いてくれぇぇぇ!!!


今回のテギョン、私が超好きな好青年スタイルで萌えるんですけど!
※好青年スタイル(出典:みかぼん)=黒髪短髪、前髪おろしてる、大人しめの服、つまり、身近にいてほしいイケメン

東京ドームのときも、ハニプンのときもそんな感じだったので、私は嬉しいです☆
(ちなみにイノレMVとかマスカレードMVみたいな髪型はあんま好きじゃない)

めちゃめちゃこのドラマ見たいです!初めて「ふられないテギョン」が見られるのかな?ドキドキする展開希望!早く日本に来てくれ!!

ちなみにティーザーで流れている曲、The MelodyWhateverという曲です。

The Melodyはコーヒープリンス1号店のOSTを歌っている歌手で、私はこの曲が好きだったので、大学1年のときにThe Melodyのアルバムを全曲ダウンロードしたんです。このアルバムは全部いい曲で何回も聴いてました。その中の曲がWhateverだったので、すぐわかりました。
それにしても、どうして古い曲が使われているのか気になります。韓ドラでもリバイバルブームが起こってるのか?
6月30日、参戦してきました!「SHINee WORLD BOYS MEET U」。

最後の学生生活、思い切りコリア充したい!そんな思いでチケットを取った。
6月29日、4時間睡眠ののちバイト行って7時間皿を拭き続け、夜は飲み会に参加。12時ごろ帰るも全然眠れず、1時間睡眠でまたバイトへ。4時間ほど他人の食べ残しと戯れ、満身創痍状態で埼玉に出発しました。

翌日にプログレス発表だったので、電車で移動中にスライドを印刷したのを読んでいました。

そう、私は死ぬほど忙しかった。どうして自分で自分を追い込む予定を立ててしまったのか。

眠くてフラフラになりながら、さいたまスーパーアリーナに行きました。初めてのたまアリは、すごくキレイだった!新しいんですか?周辺の広場っぽいもののデザインとかオシャレだった。

開演20分ぐらい前に席に到着。これが超遠い席だったのだが、こないだの東京ドームに比べたらまだ近いと思った。スクリーンが肉眼で見えるならまだいいじゃないか。

急いで来たのでトイレに行きそびれたのだが、この時間となるとトイレには長蛇の列ができていた。私は結局家に帰るまで我慢することになる・・・。

そんなこんなで、ついにコンサートが始まった!
シャイニが登場!うおお!でも遠っ!結局東京ドーム並みに遠かったので双眼鏡を駆使するも、最初の10分ぐらいはメンバーが判別できませんでした。わからないとき、自分で自分が情けなかった。k-popオタともあろう私が判別できないなんて!

しばらくすると、髪の色とか声、背丈で判別ができるようになってきた。
それにシャイニが花道に出てきたときは、結構大きく見えたと思う。(ただし双眼鏡使用)

私が最初に思ったのは、ミノくんが超顔小さくて足長くてスタイルいいことだ。ニックン並みのスタイルと呼ばれているのを知っていたのだが、本当にそうだった。
しかも、末っ子のテミンくんもミノくんに次ぐスタイルの良さだった。すごく細くて、顔小さくて足長い。
ジョンヒョンくんは、私が間近で会った唯一の芸能人なのだが、2年前に会ったあの人が遠く離れた舞台で歌っているなんて、とても不思議で信じられなかった。
キーくんもオニュくんも、シャイニはみんな細くてかわいかった。

こうして3時間弱のコンサートを楽しんだのだが、私の心は複雑な思いを残した。

正直、2PMの東京ドームのほうが楽しかったと思ってしまった。
東京ドームに行く前に私が想像してた、「普通のコンサート」だと感じた。
私はシャイニ大好きで、曲もダンスも好きなのに、どうしてこう思ってしまったのだろう?

考えてみたところ、まず演出の問題があった。
今回のツアー、一部から「手抜きコン」と呼ばれており、セットや映像、演出がやや貧相で盛り上がりに欠けた。

そして一番の原因は、リップシンクだったと思う。
私はつくづく、生歌至上主義なんだと感じた。私は生で歌うアイドルが大好きだ。多少不安定でも、本当に歌ってくれるなら嬉しい。
SMエンターテイメントはリップシンクを許す事務所(たぶん)なので、シャイニコンでもリップシンクがあった。
ただ今回は生歌多い!と聞いていたのだが、私が耳で判断する限り、生歌は数曲だったと思うんです・・・。確実に生歌だったのはリプレイとハローと、キスキスキスと、その他数曲ぐらい?バラードは絶対生歌だと思ってたけど、私が聴く限り、上手過ぎるから口パクかな?と思ってしまいました。私の耳が厳しいのか?2PMは確実に全部生歌だとわかったんだけど・・・。「いや、あの曲もあの曲も生歌だったよ!」っていう情報募集中。

口パクかどうかを真っ先に気にして楽しめないなんて、私はどうかしてると思う。

終わるのも早くて、「もう?!」と思ってしまった。なんかこう、淡々と進んでいた印象だった。

でもシャイニはやっぱりすごいと思う。ドリガ、シャーロック、Breaking Newsのダンスは特にキレキレで、思わず「おおー!」とうなった。バックダンサーつけずに踊ってるほうが見ごたえがあった。ただ、これらも口パクだったんだよなあ・・・。

日本語もスラスラしゃべっててすごいと思った。

それに、シャイニコンではチケットの料金にペンライトがついてくるんです!普通に買ったら高いだろうに、お得だと思いました。

だけど、ペンライトをタダでもらうために行ってるわけじゃないのよね。当然、中身で勝負してほしい。

こんな文句を言ってしまう自分が情けなくて、シャイニに申し訳なくて、結構悩んでました。悩みながらこの記事を書きました。

最後に、シャイニで最近好きになった曲を紹介。「Keeping Love Again」と「Run with me」が大好きです。

ちなみに翌日の発表は教授がいなかったため誰にも突っ込まれることなく、平和に終わりました。私は強運だ。
このドラマはわりと評判で、「評判ドラマ=相性悪い法則」があった私は「絶対つまらないだろうな」と思って見始めました。しかも「ソンギュンガンスキャンダル」を3話ぐらいで脱落し、ユチョンを全くかっこいいと思ったことがなかったので、何の期待もしてませんでした。

ところがどっこい!今年見た韓ドラの中では一番面白かった!それに、初めてユチョンの良さがわかった!

まずストーリーが私好みだった。「華麗なる遺産タイプ」とでも呼ぼうか。陰謀を暴いて、あの手この手で悪役の悪事を明るみにする勧善懲悪型ストーリー!こういうドラマはただふざけるだけのドラマにならないし、緊張感があって見ごたえがあるんですよね。

このドラマでは、300年前の事件と現世の事件がリンクしているところとか、よく考えられてるなーと感心しました。イニョン王妃の男とは大違いだ。

そしてユチョン。私は悟りました。私は黒髪前髪男子が好きなのだと。現代の格好になったとき、「アレ?ユチョンってこんなにカッコ良かったっけ?アレ?カッコイイじゃん。」って思いました。よく見たらまつ毛も長いし、あらなに、整ったお顔でないの。

でもねえ、正直ハン・ジミンとはお似合いに見えなかった・・・。ハン・ジミンのドラマいくつか見たことあるけど、どれも誰ともお似合いに見えなかったからよくあることなんだけど。だから途中で突然ラブラブになってビックリしたし、ブチュー見てもドキドキしなかった。

あとこのドラマ、悪役が強烈過ぎた。イ・テソンとホン秘書が性格悪すぎて、見てられないほどだった。特にホン秘書がイヤな女でしたねー。見るのが辛くて、早送りにすることもありました。

そういえば姉妹の実母がどうして姉の存在を知ってて、妹を探してて、姉だけに株?を譲渡しようとしてたのかよくわからないまま終わってしまった。

そんなわけで、ストーリーは私好みなんだけど、ラブロマンスにいまいちハマれず、可哀想なシーンは心が痛み、よくわからんところもあったので、全体的には準殿堂入りにギリギリ入れないドラマでした。

でもでもこのドラマ、韓ドラには非常に珍しく、ラストスパートが素晴らしかった!
途中まで最高でも、最後の最後で失速するドラマが多い中、「屋根部屋の皇太子」は終わり方が秀逸なドラマだと思います。
19話で現世の事件を解決し、20話で300年前の事件を解決して勧善懲悪完了。
そして19話でイ・ガクとパク・ハが結婚した直後、涙の別れ。ここが泣けるポイントらしいけど、私はこのとき泣けなかった。ハン・ジミンの鼻の穴が気になってしまったため・・・。

結局イ・ガクは現世に戻れなかった。パク・ハを想いつつも、涙をこらえて、朝鮮時代でみんなと仲良く暮らしていた。(ここ、イニョン王妃の男と違っていいと思った。)

パク・ハはガクが残してくれたジュースショップで働いていた。そこに現れたのは、テヨン。カメラが下から上までユチョンを写したとき、感動して泣きました。そう、私はここで泣いた!こういう演出弱いんだよ。
パク・ハを描いた絵が扉に挟まってるシーンとか、号泣でしたね。

2人が待ち合わせをして、見つめ合うシーンで終わりでした。
ラストの解釈は諸説ありますが、私はこう解釈しました。

パク・ハが愛したイ・ガクはもういないけれど、同じ顔をしたテヨンに出会い、また1から恋を始めるのだ。
別の世に生きる別人だけれど、転生しているから、同じ魂を持っている。同じ魂を愛することになるから、浮気ではない。顔で好きになったわけでもない。
イ・ガクは朝鮮時代に戻ったため、パク・ハをずっと見守ることはできなかったけれど、300年後に転生してパク・ハを見つけた。つまり、300年越しに想いが成就したのだ。

・・・
諸説では、テヨンが手を後ろで組んでいるからイ・ガクだ!という解釈になるそうなのですが、私はテヨンだと思っています。イ・ガクは可哀想だけれど、これはこれで切なくて素敵な終わり方だと思います。イ・ガクとしては愛せなかったけど、同じ魂を持つテヨンとして来世でパク・ハを愛せたら、きっと幸せです。

というわけで、終わり方がとても良かったので、後味のいいドラマでした。

☆おまけ☆
現世の舞台は「ホーム&ショッピング」というテレビ通販の番組でしたが、このドラマを放送してるTBS韓流セレクトのスポンサーがジャパネットたかただったwwwwそれだけです
2013.07.03 ビッグ

ホン姉妹最新作品にして、世間ではかなり不評な本作品。

私の感想は、「そこまで悪くはないけど・・・良くもないかな。」という感じ。

良かったのは、出演者が魅力的なところ。
イ・ミンジョンさんがとっても可愛い!ああいう明るい愛されキャラになりたい♪
コン・ユは今まで一度もイケメンだと思ったことがなかったのですが、初めて印象が良かったです。
シン・ウォンホくんはエルくん似で超イケメン!ずっと意識不明状態だったので、もっと動いてしゃべって欲しかった。いや、むしろこんな役だからこそ、無名だった彼が抜擢されたのか?
そしてスジちゃん!ただの美少女。まじで可愛い。
若くてステキな人たちが出演してたので、それだけで目の保養でした。映像もキレイだったし。

ストーリーも、まあまあ面白かった。特に、女教師と19歳の男子生徒がお互いを好きになっちゃう展開が、背徳的萌えでした。
でも私、まさか本当にそうなるとは思わなかったんですよ。元鞘におさまるものだと思ってたら、まさかのダラン×キョンジュンエンドだった。うーんこれはさすがに・・・マズいんでないの?若くて可愛いマリちゃんがいるのに、別の男と婚約まで行ったおばさんとくっつかれたら、私だって怒るわ。それに、実際つきあうとしても世間の目が厳しいと思うよー。

世間ではホン姉妹史上最も評判が悪いみたいですけど、私が思うに、私が愛する「快傑春香」以外はどれも似たり寄ったりかと。こんな意見言う人私だけだと思いますけど、大人気「最高の愛」だって私は面白いと思わなかったし、今回が特別つまらなかったとは思わない。いや、むしろホン姉妹作品自体のレベルがそこまで高くないのかもしれない。確かにホン姉妹は面白い脚本を書くけど、韓ドラには他にも面白いラブコメがたくさんある。全体から見れば、普通なのかもしれない。だから私たち韓ドラ民族は、ホン姉妹に期待しすぎてたんだきっと。

そんなことを考えていた私でした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。