上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※超辛口注意!特にチュ・ジフンのファンは読まないほうがいいです・・・

チュ・ジフンの除隊後復帰作であり、韓国では「五本指」というタイトルで放送されたこのドラマ。

見た感想。一言で言って、「脚本何も考えてないでしょ!」

「天使の誘惑」と同じ脚本家だと聞いたけど、天使の誘惑はすごく面白かった。この違いは何?
面白いドラマは、たくさんの要素をつじつまが合うように組み合わせて、面白いストーリーを作ると思うんですけど、このドラマはドロドロ要素を詰め込むだけ詰め込んで「どうだ!」って言ってるようにしか思えない。

まずストーリーがぶっ飛んでて共感ができない。子供に殺人未遂を押し付けるチェ・ヨンランはもちろん、死んだユ・マンセ会長もヨンランへの復讐理由からしてなかなかのキチガイだと思う。ヨンラン母は味方の立場だったけど、娘の子供を隠して金持ちと結婚させて金を無心してるので全く共感できない。

そして何より、脚本の作りが甘い。
前半はジホがやられっぱなしでイライラした。でも途中からジホが本気出してどや顔で反撃に出たけど、あまりにも簡単そうで、「だったら最初から本気出せよ!」って思った。

あと「フラグ」が露骨。こういうところが日本のドラマっぽいと思う。(最近の日本ドラマは半沢直樹しか見てないので正確なことは言えないけど。半沢直樹は面白いけど。)
ダミのお兄さんが殺されるところは、20分ぐらい前から「ハイ!ダミ兄もうすぐ死ぬよ!」と聞こえてくるかのように死亡フラグが立ちまくっていた。ありゃ死ぬに決まってるだろ!頭悪いのか!と思いましたよ。(あとで復活したときはさすがに予想してなくて驚きましたが、親にも知られず1年も死んだことにするって無理があるだろ・・・しかも医学部やめて就職して1年も身をくらましたのに最終回であっさり復学してるなんてありえんわ・・・)

ジホがヨンランの息子だという展開も、だいぶ前から匂わせすぎて、いざ明らかになっても全然驚けない。韓ドラは、わかりそうでわからない、予想の斜め上をいく展開だから私は好きなんです。このドラマは、韓ドラのいいところが活かされていない。

そういえば設定が「製パン王キム・タック」とかぶりすぎていた。一つの会社で、異母兄弟とその母がバトルするストーリーが同じ!チェ・シラさんのポジションも同じ(悪役の母)。ついでに不倫相手も同じ。

息子だとわかってからは、儒教の国らしく「実の親子だし、争っちゃだめだよねー」という平凡な展開に。今までのバトルが嘘のように互いを思いやる。殺人未遂まで押し付けたくせに「ジホが悲しむっ!」って泣くヨンランさんに驚いた。
そしてドロドロドラマの定番・悪役の死亡エンド。たいてい死ぬよね。いつも感想で書いてるけど、悪役が死ぬのは脚本家の逃げだと思うんですよね。

このドラマ、終わり方までスッキリしない。ジホとイナがピアノ弾いて、意味深に見つめ合って(笑)終わり・・・。

脚本がこんなんなので、俳優さんの演技に見入るどころではありませんでした。必死に演技してる俳優さんがかわいそうになるくらい。苦労したと思います。チ・チャンウク氏はせっかくイケメンなのに、魅力のない悪役で残念だったなあと・・・例えば私はキム・タックのマジュンが好きで、ワル過ぎてもはや「罵られたい」と渇望するほどなんですけど、イナさんはそうなりませんでしたね・・・。
チン・セヨンさんは日本にいそうな美少女。本当に美少女。調べたら若いんですね。でも脚本的にヒロインに存在感がありませんでした。チュ・ジフンと全然お似合いじゃなかったなあ・・・だから最後結ばれなくても違和感なかった。
最初はT-araのウンジョンがダミ役を引き受けていて撮影も始まっていたが、イジメ騒動で降板させられたのは有名な話。私はウンジョン好きなので、ウンジョンが出てたらもっと楽しく見てたかもしれないのに!と思ってましたが、出なくてちょうど良かったとも思いました。うん。

そしてそして、あまり大きな声で言ってはいけないような気がするけれど、脚本と同じぐらい気にかかったのがチュ・ジフン。
私は「宮」見て一時期チュ・ジフンのファンになって、現在BS11でノーカット版を見てるほど「魔王」が大好きなんですけど、麻薬事件でだいぶイメージ悪くなって好きじゃなくなったんです。私は竹島や慰安婦発言よりこういうことのほうがずっとイヤなんです。しかも当時は記者会見を開くわけでもなく、真相もよくわからないまま逃げるかのように入隊して(私の記憶によると)、しれっと復帰して・・・もっと大々的に謝ってほしいと私は思った。

そういう気持ちが頭にあるから、余計楽しめなかったのかもしれない。髪型ヘンだし、宮や魔王のときほどかっこよくないし、別に演技も特別うまいわけじゃない。
無実の罪をなすりつけられる役柄も合っていないように思えた。いっそ悪役のほうが良かった。

ファンの方には本当に申し訳ないです。見なかったことにしてください。
ただ、宮と魔王のときは本当に本当にかっこよかった。

というわけで感想を終わります。
スポンサーサイト
みかぼんです。毎日暑いですね。去年より格段に暑い。喉が渇くので水分補給ばかりしてたら、お腹がゆるくなってしまいました!痛いので、今日は外出せずマンションで過ごすことにしました。

てなわけで暇なので、ツイッターを始めるまでの個人的ネタを書こうと思います!



・ダンスに挫折する。
こないだ最後のレッスンに行ってきましたが、挫折しました。
私は思った。何かの間違いでアイドルを目指さなくて良かった!
あまりにもセンスがなさすぎる。見たとおりに体が動かない。その場で1周回れない。そもそもフリが覚えられない。
ダンスできる人ってスゴイんですね!どうしてあんなに身軽に体が動くんだろう。k-popの動画見るたびに関心して、同時に自分のダメさにため息が出ますね。



・禁断の夢小説に手を出す。
以前ブログで「年頃の女として大事なものを失う気がする」と思い手を付けないでいた夢小説。
読んじゃいました!
いやあスゴイね。「占いツクール」というサイトで2PMって入れて検索するだけで、山ほど小説が出てくるね!
一時期は人気の作品を夜な夜な片っ端から読み漁りましたよ。スゴイスゴイ。みかぼんさんモテ過ぎて2PMを六股してましたよ。
いやあでも、一通り読んだら、飽きちゃいました。
なんかね、主人公が幸せすぎて胸糞悪いわ!(笑)
あと、アイドルに彼女がいないわけないってこの前ブログで書いたけど、実際彼ら全員ああやって彼女とイチャコラしてるのかと思うと切なくなりますね・・・知りたくないものだわ・・・
それにしても、多くの日本人が日本語でk-popアイドルの夢小説をたくさん書いているとは、時代は変わりましたね。検索してて気づいたのは、新人グループの人気がすごい。EXO、B1A4、B.A.Pの小説が多くて、特にEXOはツイッター見てても今大人気ですね。私も曲は好きで聴いてますけど、新人の子たちは若すぎて「キャー!」ってならないんですよね。私にとってはインピニで限界です。やっぱりオッパと呼べる人がいないと・・・!



・研究室に泊まる。
暑くて脳みそが溶けてたんでしょうかね。アホでした。
8月10日(土)のことでした。土日の予定が一切ないため土日に実験を入れており、なおかつ暑くてマンションの光熱費を心配していた私は、「なら研究室に泊まればいいんじゃね?」と考え、寝袋と食糧、お泊りセットを研究室に持ち込みました。冷房がきいてるので涼しかったことは涼しかった。自分一人しかいないので、パソコンでyoutube見て爆笑したり、ジュノくんの記事書いたりしてましたね。で、汚い床に紙を敷き、その上に寝袋を敷いて寝ましたが、床が固すぎて眠れない!普通に怖いし、寂しい。私は後悔しながらも、「ここで帰ったら負けだ」と粘りました。その結果少しの間ウトウトできました。でも6時に目が覚めたので、マンションに帰って11時ぐらいまで寝ました。
意味ねえじゃん!
もう二度とこんなことしません。しかも日曜日から始めた一連の実験が失敗に終わるという・・・私の孤独な時間が無駄になったという・・・でも誰もいない研究室で必死こいて書いてたブログの記事が反響を呼び、ツイッターを始めるに至ったので、人生に無駄はないと思ったのであった・・・

それにしてもみんな薄情だわ。実家に帰るだの、バイトだの、デートだの言って誰も遊んでくれないわ!先週なんてパク・シネちゃんに激似な(可愛い)後輩が、
「明日誕生日に何したい?ってカレシに聞かれて、『満喫行きたい』って言ったんですよwwwお金ないからwww先輩は誕生日に何したいですか??お金がないと何もできないんですよwwww」

吊るしてやろうか。

先月の誕生日の夜、スーパーで買った3割引きの弁当をマンションの一室で泣きながら食べた私に言うな!
(誕生日ぐらい自分で料理したくなかったんだよ・・・なのにその日に限って学食が休みで・・・金曜だからまるごとマイラブもやらなかったし・・・確か翌日からほぼ毎日バイト入れられて毎日生ゴミと戯れてたわ・・・)
いやぁ・・・悪い子ではないんだが・・・天然小悪魔だわ・・・



・みかぼんの!お盆都内ぼっち珍道計画☆
お盆期間は実験入れてたため実家に帰れず(この前帰ってたし)、なおかつ誰も遊んでくれないので、一人で都内を散策する計画を立てました。

8月13日は恵比寿ガーデンプレイスに行きました。そしたらテレビの撮影に遭遇!山田五郎っていう人と、きれいな女優さん(名前わからない)を見ました。
その後恵比寿の三越の食品売り場をぶらついていると、明らかに雰囲気が違う男性2人がレジに並んでいた!!絶対A-PEACE(恵比寿の常設ステージで活動する韓国男版AKB)のメンバー2人だと思う。
すごく背が高くて、顔が小さくて、カッコ良かった!!!
日本であんなにカッコイイ人を間近で見たことありません。1人は茶髪でピアスをしていた。そいで2人とも黒いタンクトップと黒いズボンを履いていていたのですが、二の腕の筋肉がまぶしかった!わぁぁカッコイイ!

私は心拍数が上がり、「こんなときめきいつぶりだろう」と思いながら、怪しまれないように通り過ぎる振りしながらレジコーナーを一周しました。あまりにもガン見してたので茶髪の方の男性に怪しげに見られた気がしますが・・・

彼らはカップラーメンとか買って、無表情のままエスカレーターを昇っていきました。

生きていると楽しいこともあるんだなと思いました。

A-PEACEのライブに行ってみたいと思ってしまった・・・AKBにハマるおっさんたちのこと言えなくなってきた。
たとえ金づるとしか思われてなくても、会うためにお金を貢ぐその気持ち、今ならわかるわ。
ただ彼ら、こんな若い頃から日本に出稼ぎに来て、おばさん相手に踊っているなんて、一体どんな思いを抱えているんだろうか・・・それを考えると複雑な気持ちになる。


8月14日は一駅歩いて、まつ毛パーマをしに行きました。確かにまつ毛は上がりました。お風呂入ったらちょっと戻りましたが・・・。でもまぶたが重くてビューラーも拒否するほどの頑固なまつ毛だったのが、ビューラーで上がるようになってマスカラがしやすくなりました。はい。


昨日はツイッターでも書いた通り一人で新大久保を放浪しました。今日も出かけたかったけど、体調が悪いので休養。


そんな私に朗報が!
明日、お台場で研究室の数人とお食事に行けることになったYO!
やっと誰かとご飯が食べれるYO!

火曜日からはまたぼっちだけどね・・・今後は、
①原宿・表参道
②代官山
③上野
に行きたい。今週どれだけ行けるかな?

以上、個人的などうでもいい話でした。
あんにょん!最近やたらブログ書いてるみかぼんです。

突然ですが、ツイッターを始めました。

今まで何度も「やってみたいな~」と思ってたんですが、「ブログに書くネタがなくなるんじゃないか」とか「どうせ誰も読んでくれないし」「しかもツイッターはフォロワー数が表示されるからリアルにわかって悲しくなるじゃん」とか思って手が出ないでいました。

でも今年の4月からツイッターをROMるようになって、「うわあ面白いなあ!」って改めて思って、なんかいろいろあって、ついに始めることにしました!

正直ツイッターの仕組みよくわかってないけど、このブログ同様、自己満足誰得仕様で行きたいと思います。韓流ネタはもちろん、日常のネタもどんどんつぶやく予定!

だからネタがツイートに吸い取られてブログの更新頻度がさらに減る可能性あり。

書くとしたら、韓国ドラマの感想くらい?でもブログを消すことは絶対しません!(だってせっかく書いたのにもったいないじゃん)

よかったら見てみてね!
http://twitter.com/mikabong75

※追記でコメント返信します!
→続きを読む?
ようやく書き終わりました!

彼らのエピソードをカムバにからめて書いてみたいなと思って始めたこの企画。予想以上にプレッシャーになって進まなかった!

とりあえず書いてみたけれど、デビュー前からネタ集めたらキリがないので、都合よく省略してました。

以下、書き忘れたネタ!

・Jun.Kの本当の身長は180cmもないという噂があるから、ヨンファ(同じく公表身長180cm)と並んでほしい!

・ニックンは2011年になぜか日本の映画「桜蘭高校ホスト部」に出演したが、このときの髪型が特にハゲてる。

・ラジオスターで東京ドーム観客水増し事件に関して、テギョンが「業者さんが間違ってC+Ctrlを押してしまった」と言ってたけど、そ、その言い訳は苦しすぎると思うな!

・ウヨンは顔がおっさんなときと、少年なときがある。あと俊雄は伝説。

・ジュノは「その女作詞、その男作曲家」で女優キム・ソウンとカップルになった。私はこのカップルお似合いで好き♪

・チャンソンは公式プロフィールの体重がメンバーで唯一増加した。確かにちょっと太ったように見える。私的には痩せてる方が好きかな~

全員書いてみて、写真の量から判断して、私はチャンソンに思い入れがあるということがわかりました。
記事書き上げるまで2日かかったしね!さっきも修正してたしね!
ネタが豊富過ぎて途中で放り投げたようになってしまったけど・・・

あとこのブログを読んでる、特に私のリアル知人(もう読んでないかなあ)は私をとんでもないマニアと思ってるかもしれないけど、

私なんてまだまだです!

ツイッター見てると、中学生や高校生(しかも日本人)で、ものすごくk-popに詳しい子たちがわんさかいてビビります!写真見ただけでいつの仕事の写真か判断できる人もいて、頭が下がります!

いやでも、私でさえ一般の韓国人の人に韓流知識を晒すだけで「エエー!スゴイデスネ!韓国人より詳しいデスヨ!」ってドン引きされるのに、彼女たちだったらどうなるんですかね!


やっぱりまとまりませんがこのへんで!
全部読んで下さった方がいらっしゃったら、心から感謝します!

~8月12日に拍手コメントを下さった方へ!!~
こんなブログを読んでいただいて、しかもコメントを下さってありがとうございます!!
最近いいことがなくて落ち込んでたんですが、あなたのおかげで少し希望がわいてきました!!
チャンソンの記事、個人的にかなり頑張ったんですが、どうでしたか?期待ハズレだったら申し訳ないです
私は今後もボチボチ書いていくので、こんな人間の生きた証を見守って下されば嬉しいです
2PM
いよいよ最後となりました!第6弾はファン・チャンソンさんです。

1990年2月11日生まれ。メンバーで一番誕生日が遅いので、末っ子(=マンネ)と呼ばれている。
「賛成」という言葉はハングルでチャンソンと読む。
Gag tonightという番組での発言によると、
「母親が『いつでも他の人の話を聞くように、いつでもポジティブであるように』という思いをこめて名前をつけた」そうだ。
でもチャンソンの漢字表記は”黃燦成”である。「え?賛成じゃないの?」と思ったのだが、もしかしたら人名に使われる漢字を当てたのかもしれない。

そういえばチャンソンの出身地って知らないなあと思って調べたところ、普通にソウルらしい。

チャンソンの幼少期は、ものすごい美少年である。

↓最近見つけた写真なんだけど、中学?高校?かわいい
チャンソン学生時代

韓国芸能界には貴重な、昔からずっとイケメンな人である。お顔が既に完成されている。さすがソウルっ子(?)

チャンソンはジュノとテギョンも出場した2006年のスーパースターサバイバルに参加し、敗退はしたもののJYPの関係者に声をかけられ、練習生となった。歌とダンスは練習生になってから1から始めたそうだ。

とウィキペディアに書いてあるのだが、これは正しくないようだ。
実はテギョンとチャンソンはスーパースターサバイバルに出る前既に練習生で、番組にはサクラとして出ていたという説が有力である。
だからジュノが練習生になったとき、脱落したテギョンとチャンソンが先に練習しててビックリしたらしい。
オーディション番組にサクラが出てるなんて、ちょっと知りたくない事実だなあ。他の参加者が可哀そうな気が

あとどの番組で見たかは忘れたが、
ゲームばかりしているチャンソンを見かねて、何かに熱中できるようにと、両親が芸能界をすすめた(うろ覚え)のがきっかけらしい。

それとチャンソン氏は、見りゃ誰でもわかるが、相当モテたらしい。
高校時代所属していた剣舞団の地方公演(けっこう本格的だな)にまでファンクラブがついてくるほどだったらしい。私もついていきたいわ。
彼女とイチャイチャしてる写真もいくつか流出している。(過去記事参照)どの子も超可愛いヨジャで、オルチャンとも付き合ってたらしい。恐るべしチャンソン氏・・・!
熱血男児でチャンソン氏がBBクリームを没収される場面を見る限り、デビュー前から相当美意識が高かったと思われる。美少年で、スポーツできて、芸能界目指してて、それなりに手入れしてる男子・・・モテる要素しかない!

チャンソンは2PMとしてデビューする前に、2006年から2007年に放送されたシットコム「思いっきりハイキック!」に出演している。アホな高校生役で出ている。
ハイキックのチャンソン

他にも「ジャングルフィッシュ1」というドラマに出演していた。わりと恵まれた練習生時代を送っていたようだ。


そんな俳優活動を経て、2008年の熱血男児で勝ち残り、2PMとしてアイドルデビューするのである。


チャンソンは2PMのイケメン&筋肉担当だ。
アジア人離れした顔立ちと、184cmもある身長。筋肉も立派で頻繁に脱いでいる。
grownチャンソン
↑GROWNのB盤ポスターでも筋肉を披露している。
(このチャンソン、なんかデスノートに出てきそうでちとコワイ。デスノート読んだことないけど←)

だが足が短い。わかりやすい写真が見つからないのだが、東京ドームで初めて見たとき「わ!ほんとに足短い!」と思ったほどである。
またチャンソンはアクロバティックが得意である。アクロバティックやると背が伸びないとジャニオタの友達から聞いていたので、長身なのにアクロバティックができるチャンソンに私は驚いた。


だがだが、歌は決して上手いほうではない。(婉曲表現)
声はいいと思う。私には生理的に一番好きな声である。まだ2PMをよく知らなかった頃聴いた曲では、チャンソンの声だけが頭に残っていたくらいだ。
声量が小さくて、裏返りやすいんだと私は思う。音程も外しがちだ。ソシのユナみたいな感じだが、ユナと違ってそれなりにパートが多いのでライブのときはファンが不安になっている。

チャンソンはラップも担当するが、こちらもあまり上手いほうではないような
でもわりと音域が広く、「君がいれば」では三段ブースターっぽいものを披露している。不安な歌だが、最近は上手になってきたと評判だ。日本のアルバムでソロ曲「Oh」を発表、Grown Grand Editionでは「香水」と「Love U Down」を発表した。今ではソロでCDが出せるまでに成長したチャンソンである。
またGrownで初めて作詞を手掛け、音楽家としても活動を拡げ始めている。

そんなチャンソン氏は、「エロマンネ」「セクシーマンネ」の異名を取る。メンバー最年少にもかかわらず色気がだだ漏れているからである。

以前このブログで「2PMのおやすみシーツが欲しい」と書いたが、素材は既にあった。

↓2年ぐらい前の日本の雑誌に載った写真。素晴らしい。リアルな感じがやばい。
おやすみチャンソン

Grown Grand Editionのソロカットも!!
インタビュー動画からキャプってみた。
香水チャンソン
香水チャンソン2
はだけた白いシャツ、赤いバラ、差し込む日差し・・・チャンソン氏、美しいです。(真顔)
(業者さんおやすみシーツ作ってください!!!)

またチャンソン氏は、以前からヨジャ絡みに定評があった。

伝説のI'm your manの一幕。(私はこれで2PMに堕ちた)
あんにょんめんチャンソン

これを見た母「慣れとるwwwwwww」

そう、チャンソン氏は女慣れしているように見えるのである。

「この歌を聞いて戻ってきて」では兄たちを差し置いてベッドシーン(ぽいもの)を初披露。
イノレチャンソン

「ハニプン」ではバスルームで安定のヨジャ絡みを披露。
ハニプンチャンソン

先月出た雑誌「ロフィシェル・オム」では、9人のモデルさんときわどいショットを披露した!
服ださくね?
あえてこの写真選んだけど、他のショットではガチでポッポしてます。
雑誌のちゃそ

ヨジャ絡みならチャンソンに任せなさい!っていう感じである。
相当な経験を積んでいると思われる。


一方、チャンソンはツイッターで難しい内容をつぶやくことが知られている。

例えば8月6日にツイートした内容を見てみよう。



contでさらに続いているので、全文を翻訳にかけてちょっと修正したのがこちら。

"私は喜んで教育の不條理という主題に帰る. 私たちの教育目的は私たちを幸せで賢明にさせるのではなく頭に何やら入れるのだ. そしてそんな目的なら成功したわけだ. 教育は私たちに美徳を追い求めて知恵を抱擁するように教えなかった. それは単語の祈願や語源みたいなものなどを私たちの脳に刻印させた." ... "私たちは一番多く理解する人ではなく一番よく理解する人を捜さなければならない. 私たちは理解と正しくて悪さに対する分別は空虚に留守にしておいたままただ記憶を満たすために奮闘する." '哲学の慰安'に出る '寧想録' 中に. 私たちは分かっているが実際にそれが何なのか分からないのがあまたある. 学問で学んで覚えるのが終りだ. 学んで慣らしたものなどに対する価値付与と認識が成り立たない. それは教えることができないが大人が子供達に考えるように導くことだと思う. 知識が多いことと賢明なことは違う. 知識が多いと言って幸せだということはない. 知識が
多いからといってどんな事件事故に対する解決能力がすぐれるのでもない. しかし私たちは覚えたことを検査されて自分の価値を採点される変な経験をしている. 変わらなければならないじゃないか. その変な経験を通じて得ることはよく覚えていればこそ自分が高く評価されるという変な考え方だ. (勉強する学生さんたち、これを読んで気抜けしないでください..! 賢明な人は現実が変わらなければその現実に合わせて自分がどのように受け入れるのかを変えます ... ! そして変えるために努力もするんです..^^ ファイティンです.) この文を書いてすぐに次の文を載せて反応が見られませんでしたね..また書きます


はい!日本語にしてもよくわかりません!
しかもこの後また長文ツイートが続くけど、さらにわかりにくかったのでカット!

チャンソン氏はこういった哲学的なツイートをしょっちゅう投下してるのである。
(あまりにもアイドルらしからぬ発言をするので、そのうち政治的にやばいことになるんじゃないかとの心配もある

またチャンソン氏はかなりの読書家である。難しい本を読んで、その感想を長文ツイートすることもある。
5月7日のツイートでは「オイディプス王」「時間を入れる女」「ロリータ」「世界大戦Z」「したい恋愛」の5冊を買い、ハードなスケジュールの中読み進めていたようである。
日本の小説も好み、ツイッターで日本のファンに東野圭吾の「プラチナデータ」を薦めた。村上春樹のbotをツイッターでフォローしたという話も聞く。

多忙なスケジュールの中、読書を続ける姿勢は本当にスゴイ。(年間読書量平均1冊以下の自分が恥ずかしい)しかも難しい内容の本を読んで、感じたことをこれまた難しい言葉で書き連ねるチャンソン氏。アイドルなのに、いつも頭の中で「人間はどうあるべきか」を考えているチャンソンさん。

読書家といえばソヒョンちゃんもだけど、全く合わなさそうと思ってたこの2人、k-pop界屈指の読書家として案外気が合うかもしれない。(私はヨンソペンだけど!)
Cabi
~伝説の少女時代×2PM「Cabi Song」より~

さらにチャンソン氏は日本語が上手だ。2PMの中では1,2の日本語力である。(テギョンとどっちが上手なのか私にはわからない)k-pop界でも日本語レベルは上位に位置すると思われる。日本のドラマ「怪盗ロワイヤル」にも出演したことがある(私は見てない)。
チャンソンがすごいのは、日本語の発音が自然なこと。イントネーションが日本人に近い。(ここもソヒョンちゃんとかぶるところだ。)だから日本語の曲のチャンソンパートは評判が高い。

このようにチャンソンは、日ごろから本を読み、日本語の勉強も熱心にするとっても真面目キャラなのだ。

ここで考えてみる。

子供の頃はゲームばかりしていたというので、勉強はそんなに好きでなかったはずだ。
モテたから女の子と相当遊んだだろう。

そんな男の子が、いつの間にか真面目になっていた。

一体何があったんだ?!

んー、若い頃は遊んでたけど、社会に出ていろんなことがあって、「本から知識を得ることが必要だ!遊んでる暇なんてないんや!日本語の勉強も頑張ろう!」

てな思いがあったのかもしれない。(適当)

何があったのかはわからないけれど、
セクシーでありながら真面目なファン・チャンソンさんを応援します!

今年は2PMデビュー後として初めて韓国ドラマに出演(7級公務員)、さらに映画「レッドカーペット」に出演、スクリーンデビューも果たした。しかもまさかのAV監督の役らしい!一体どんな映画なのか??コメディー色が強そうだが、きわどいチャンソンが見てみたいぞ!

活躍の場がどんどん拡がるチャンソンさんから目が離せないね!

chansung
↑このチャンソンさん超超イケメン

はい!これで終わります!!(まとまらなかった)
2PM
Grown復習編も残すところあと2人となりました。

第5弾はイ・ジュノさんです!

1990年1月25日、一山(ソウルから近い)で生まれた。キリスト教徒だそうだ。
どの番組で見たか忘れたが、子供の頃、教会の聖歌隊で歌っていたらしい。幼いころから歌うことが好きだったと思われるが、本人はもともと演技者を志していて、演技の学校に通っていたらしい。さっき初めて知った。

だが高校1年生の冬休みにJYPのオーディションに出ることをすすめられる。テギョンとチャンソンも出ていたあの「スーパースターサバイバル」である。始めて受けたオーディションにもかかわらず、ジュノは6500人の参加者の中から優勝し、JYPEの練習生となった。

スーパースターサバイバルの動画は今でも残っていて、youtubeで見ることができる。(2PMペンとしてはお宝動画なので、のちほどじっくり見よう
下の写真はジュノくんのキャプ画である。こういう子いるwww
スーパースターサバイバルジュノ

それにしても、2PMの”ヌサ組”(※某掲示板で呼ばれている)は、ヌサでも2PMに入るにふさわしい実力を持ってると思う。ジュンケはJYPとYGに合格、ウヨンとジュノはオーディションで1位。

でも韓国のアイドル界は、オーディションで1位を取ったからといって必ずデビューできるとは限らない厳しい世界なのだ。
SISTARのヒョリンはJYPのオーディションで1位を取って練習生になったが、結局事務所を変わってデビューした。ウヨンが1位を取った2007年のオーディションで3位になったBEASTのドゥジュンもそうだ。昨日知って驚いたのだが、2位を取ったペク・イェリムという女の子は、去年ようやく15&としてデビューできたそうだ。つまりデビューまで5年かかったということだ。
日本人の感覚だと、上位入賞したら数ヵ月後にデビューできそうな気がするのだが、韓国では練習生になってからが本番みたいだ。実に厳しい。

ジュノも1位を取って練習生になったが、なんと事務所を除名されそうになったことがあるらしい。スランプに陥って落ち込んでいたが、ジュノのお母さんが事務所に電話して、「ジュノにもう一度チャンスを下さい」と懇願なさったそうだ。その話を後に餅ゴリラ社長から聞いて、ジュノくんは涙ぐんだそうな。私も涙ぐむがな

除籍を免れたジュノくんは2008年の熱血男児で勝ち残り、見事2PMのメンバーとしてデビューする。

ジェボムが脱退してからはジュンケと二人で2PMのツインボーカルとしての役割を果たしており、よくサビをジュンケと交代で歌っている。

ジュノくんの歌声は、繊細だと私は思う。
ラジオスターで歌った安全地帯の曲、すごくうまかった!!


さらにジュノくんは作詞作曲を熱心に行うミュージシャンとしての一面も持っている。2PMメンバーの中で世に出てる曲が最も多いのはジュノくんだと思う。Give it to me、君がいれば、This is love、原点へ、・・・ソロ曲も含めるとたくさんだ。

私が思うに、ジュノくんは親しみやすい曲を作る。特に日本人にもなじみやすい、どっちかというとJ-popのような曲を作る。「アニソンっぽい」という意見も見かける。(CNBLUEのジョンヒョンもJ-popっぽい曲を作る気がする)
だからか、ジュノくんの曲は好きな曲が多い。Give it to meがジュノ作曲だと知ったとき、大層驚いた。

Grownでは「Go back(告白)」が好きだ。だけど歌詞を読んでビックリした。彼女に気が無くなった男が、「君を知る前に戻るよ」と言う歌詞だったからだ。これだから男は勝手なんだよ!!先に振り回したのはそっちだろ!・・・と私情が爆発したのだが、なんかの番組でテギョンが「Go backは悪い男の話です」と言ってたので、ちょっと安心した。

ジュノくんは「皇帝」と呼ばれている。俺様なところがあるらしいが、2PM SHOWを見る限り、自信満々で挑んで失敗してイジられる空回りキャラな感じである。

そんなジュノくん、じわじわと人気を得て今や日本での人気が2PMでナンバーワンでないかと囁かれている。
通称、「ジュノシデ(時代)」である。
ツイッターを見ても、ジュノに堕ちてる女性が続出している。実は私もハマりかけている。
正直今まで「地味に歌ってる子」ていう認識しかなかったけど、初めて東京ドームでお目にかかって以来、「アレ?かわいくね?アレ?カッコ良くね?」と思い始めてきた。

だってさーハニプンのポスター、ジュノが一番かっこよく映ってると思うんだよね!
grownジュノ

特にこのジュノ、カッコイイよ!
ジュノさま
クールな感じがたまらん!
それにしてもジュノくんはカッコよくなったよ。
↓若いころはその辺にいそうな芋っ子なのに
芋
(ツイッターで見て爆笑www中学?無駄にカッコつけてるところがなんともwww)

夢を諦めず努力を続けて、多くの人々に愛されるスーパーアイドルになったんだね!!

そんなイジュノ氏は、ハニプンMVで車でのヨジャ絡みを披露した。
ハニプンジュノ
とってもセクシーだね!同一人物とは思えん!

ハニプン活動後はなんと、日本でソロデビューをした!!ソロツアーのチケットは超激戦、全国のジュノペンを熱狂させた。宣伝でテレビに出まくり、東京MXでは冠番組まで放送されている。

初めて「キミの声」MVを見たときは、「な、なんかアイドルっぽい・・!」と思いました。
キミの声
2PMには絶対なさそうな、さわやかアイドルジュノくんがそこにいました。まあ、MV見て爆笑しちゃったんですが(ほとんど背が変わらないヌナに駆け寄って抱きしめるところがもうさ~申し訳ないんだけどさ~)

また、ジュノくんは映画「監視者たち」で当初の夢である俳優デビューを果たした。大物俳優が出るからといってヒットするとは限らない韓国映画界で大ヒット、観客が五百万人を突破した。俳優としての才能も認められたジュノくん。ジュノシデはとどまることを知らない!!ジュノくんこれからも頑張ってね!!

最後にみんながあんまり触れてなかった話題を紹介しよう。

ラジオスターでの話だ。
コカコーラのCFに出てたときインタビューを受けて、「彼女ができたら何がしたいですか?」という問いを「今何がしたいですか?」と聞き違えて、「コーラでシャワーを浴びたいです!!」と発言してドン引きされたというエピソード。

ジュノくん「妻ができたら一緒にするでしょう」
司会のおじさん「あ~結婚前まで守るっていう主義者?」


ジュノくん「エェッ・・・?」
ジュノくん
私には、このときのジュノくんの笑顔に隠された焦りが垣間見れた。

「・・・よくわかりません。」

ジュノくん!!!


・・・ジュノくん!!!!!(これ以上何も言えない)

そんなジュノくんが大好きです!!!
これからもソロ活、俳優活動、作詞作曲、マルチな才能を開花させてね!!!(まとめた)

終わったよ!写真たくさん載せたよ!
第6段は最終回、ファン・チャンソンさんの登場です。
2PM
もはやGrownに関係ない中途半端なメンバー紹介と化しているこのシリーズ。

第4弾は、チャン・ウヨン氏です。
チャン・ウヨン


1989年4月30日、釜山で生まれた。
マイケル・ジャクソンのミュージックビデオを見て衝撃を受けて以来、ダンサーになろうと決意したそうだ。(Wikipediaより)
だがお父さんが芸能界デビューに反対したそうだ。「タルゴナ」で見たのだが、ウヨンの親戚で歌手デビューしたけどうまくいかなかった人がいたそうで、それで反対していたらしい。ウヨンがダンススクール?の練習室で親に黙って夜中まで練習していたところ、お父さんがすごい形相で飛び込んできて、叱られたそうだ。でもいつしかウヨンの努力を認め、今では自慢の息子である。(だいぶ前にタルゴナ見たので記憶が曖昧です)

2007年のJYPのオーディションで1位になり、練習生になった。(有名な話だが3位がドゥジュン)
2008年の「熱血男児」で勝ち残り2PMとしてデビューしたので、練習生になってテレビに出るまで1年もかからなかったということだ。

ウヨンは実力派である。ウヨンといえばダンスの実力が有名であるが、歌もうまい。最近個人的にウヨンの歌声萌えである。うまく説明できないんだけど、歌い方が好きである。特にドキドキする歌詞を歌うときの歌い方が、語りかけてるような、そっとささやいてるような、そんな感じで「キャッ///」ってなるのである。うん、私の文章を読むより実際に聴くべし!
餅ゴリラ社長ことパク・チニョン氏にも実力を認められている。

「乗勝長駆」「人気歌謡」などテレビ番組のMCも務めた。最近MCやることはあんまりないかな?

「乗勝長駆」でテギョン・ヨンファ・シウォンが出てきた回で、「テギョンがドラマデビューしたとき悔しかった。自分もドラマに出たい!」と言っていたウヨン。翌年に希望通り「ドリームハイ」でドラマデビューを果たす。釜山育ちなのに帰国子女役を熱演し(英語の発音はテギョンに教えてもらったそうだ)、ファンを増やす。相手役のアイユちゃんとお似合いだったため「ウユカップル」としても人気になった。ドリハイ以降俳優活動はしていない。またドラマに出てくれないのかな?

2012年には韓国でソロデビューを果たす。
ソロアルバムのタイトル曲「Sexy Lady」で、金髪になってチョイ悪男子をコンセプトに活動した。
sexylady

だがウヨンにとっては成功でなかったようだ。ラジオスターで、同じくソロデビューした2AMグォンと悲しみの酒を酌み交わしたそうだ。確かに音楽番組で1位を取ることはできなかったが、お世辞抜きでウヨンのソロアルバム、私は大好きである。特にSexy Ladyはゴリラの傑作だと思うくらい好きである。ぶっちゃけ最近の2PMの曲より好きである。だからウヨン、自信持って!!

ウヨンの性格は、「魔性」と言われている。詳しくは私にもわからないのだが、ちょっと気まぐれなところがあるんだと私は解釈している。行ったことないので何とも言えないが、ウヨンのハイタッチ会では心が折れるらしい。常に愛想を振りまくタイプではないらしい。

ニックンと仲がいいので「クヌカップル」が腐女子に大人気である。2PM内のカップルではチャンヌノと並んで2強である。私は普通の女子で二次元でもBLは苦手なのだが、そんな私が唯一「いいかも」と思えたのがクヌである。二人がベタベタしてるとなんかほっこりする。もはやクントリアよりクヌのほうがしっくりくる。
クヌ
↑トッタクニョのキスゲームはリピートするほどお気に入りである。さっきも爆笑してた

そんな(?)ウヨンは、2PMのメンバーの中でもかなり人気である。韓国で一番人気はウヨンかな?ドリームチームに出てたときも、ウヨンへの歓声が一番大きかった。一度ハマると抜け出せなくなるみたい。

Grown Grand Editionでは初の自作曲「This is love」を発表した。ジュノの自作曲とタイトルが同じで、同一グループでタイトルがカブるという異例の事態だったが、特に誰も気にしていない様子だった。

ハニプンMVではメンバー中ただ一人、ヨジャ絡みがなかった!!!
ハニプンウヨン
裸でベッドに横たわるのみの演出となっている(笑)
あ、これは「ふろね~りょ~~!!!」って歌ってるシーンです念のため

実はヨジャ絡みがあったのだが、19禁を避けるためにカットしたそうだ。
一体どんなシーンだったのか?!
た、確かにこの図にヨジャが登場したらとんでもない風景になりそう

さて、今回のカムバックで一番ファンの間で話題を集めたのは、ラジオスターでのウヨンの発言だろう。
なんとウヨン氏、2010年の8月から1年半、つまり2012年の初めごろまで彼女がいたことを自ら暴露したのだ。
釜山の小学校の頃の初恋の女の子に2PMのコンサートで再会し、交際をスタートさせたそうだ。ここで驚くべきポイントは、

①ウヨンは21歳まで交際経験がなかった。
「芸能人ともあろう男が彼女いなかったとかあり得ないし」って思ってたけど、本当だったとは!
まあ、彼女じゃなくて遊び相手がたくさんいるってこともあり得ますけどね・・・

②2PMのウヨンとして大人気な時期に一般人の女の子と付き合ってた。
これはすごいですよ!「私の彼はスーパーアイドル☆」が現実になるわけですよ。夢小説とか乙女ゲームの世界ですよ。いかんうらやましすぎる・・・

③ドリハイのときは彼女がいた。
アイユちゃんとラブラブに見えたのに、彼女がいたんですねぇ・・・アイユちゃんも去年ウニョクとニャンニャン写真流出、今日は俳優イ・ヒョヌくんと映画館デートが報じられてるので、ウユカップルは物語の中だけだったんですねー。

2PMリターンズでは恋愛観について熱く語っていたウヨン氏。他のメンバーも認める2PMイチのモテ男ウヨン君。「秘密恋愛はしたくないんです(ドヤァ)」と、交際について強気に語っていた。

そんな暴露を受けて、全ウヨンペンは嘆き悲しんだ。当時のブログやツイッターは荒れてましたねぇ。
でも私思うんですよ。

アイドルなんて彼女がいないわけないのよ!!!

(むしろウヨンは21歳まで彼女いなかったんだしいい方いい方!!)

考えてみてもくださいよ。あなたの周りにいませんか?ブサイクなのに彼女がいる人。

あのブサイクに彼女ができて、あんなにカッコ良くて素敵なアイドルに彼女ができないわけないじゃないですか!不公平だよ!

いっくらでも女が寄ってきて女には困らないんですよきっと!各地に現地妻がいたっておかしくないのよ!

だけど、私が知らないようにうまくやってくれればそれでいいと思ってます。(妻か)

某CODE-Vみたいに元彼女が出てきてエライことにならなきゃいいんですよ。(具体的)

<まとめ>
実力と魅力を兼ね揃えた男チャン・ウヨン。これからもオールマイティーな才能を見せてください☆☆

<おまけ>
ウヨンteaser
Grownティーザーのウヨン君が個人的に大好きです!!この生活感溢れる自然な振り向き加減がイイネ!

ひぃ~終わった!
第5弾はイ・ジュノ氏です。明日書けるかな~
7月30日、参戦してきました!!!
BeautifulShow


「コリア充計画」のもとチケットを取ったみかぼん氏。しかしBEASTは有名な曲しか知らないので、楽しめるか正直不安だった私しかも相変わらず寝不足でコンディションが良くない上に、横浜から実家に直行する予定だったので大荷物を抱えてました。

せっかく横浜に行くので、コンサートの前にららぽーと横浜に行きました。目的は日本初進出したSPAO!Super Juniorとf(x)がモデルやってるファッションブランドで、店内がミョンドンのSPAOみたいで大興奮!3回試着して服を2点購入しました。5000円以上買ったので、2000円以上買うともらえる「シウォン特大ポスター」と、5000円以上買うともらえるSuper Juniorタオルと、さらにスキニー買うともらえるランダムステッカー(私はドンヘだった)がもらえました♪♪もともとの価格もソウルと比べてもお手頃なのに、プレゼントまでもらえるなんて、ますますソウルに行く必要なくなっちゃうよー。都内にもできてほしいな~。

夕飯のスパゲッティを食べ、服買ってさらに増えた荷物を抱えていざ横アリへ。

自分の席を見つけて、驚いた。
「意外と近いじゃん!」
私は「アリーナB」で、座席表見て「うわーまた糞席かよ」と嘆いてたのですが、実際座ってみたら今までの東京ドームやさいたまアリーナより、格段に近く感じる。どうやら横アリは敷地自体が小さいから、変な席でもステージまでの距離はそんなに遠くなかったみたい!にわかテンション上がる私。

始まるまで、私はファンを観察していました。2PMは元気な女性が多く、SHINeeは99.9%女性で、大人しい人が多くて小学生からおばさんまで年代が幅広かった印象を受けました。
それに対してBEASTは、男性ファンの比率が高いと思いました。彼女や奥さんに連れてこられた男性や、お母さんに連れてこられた小学生ぐらいの男の子を見かけました。

そして、ヨソプの人気がスゴイ!ヨソプの応援うちわ持ってる人がかなり多い。

始まるまでMVが流れてたんですが、ファンの人たちがMVにも掛け声をかけていて、私は驚きました。
「BEASTのファン、かなり統制されている・・・!」

7時10分ごろ、ついに始まった!!総立ちになって「キャー!!」と叫ぶファンたち。つられて私も立つ。
メンバー登場!知らない曲だと思ったら最初の曲はアイリス2のOSTだったらしい。次は私も知ってるMidnightの日本語バージョン・・・って紹介してたらいつまでたっても終わらないので、コンサート全体の感想をまとめます。

最高でした!

舞台演出、舞台構成、ともに素晴らしかったです。
「よく準備されているな」と感じました。舞台演出が凝っていて、バックの画面に映る映像とかが、曲の雰囲気に合っていてとても良かったです。ライティングも良かった。
音は、私詳しくないんですが、いわゆる「生バンド」というものですか?曲が始まる前に「チンチンチンッ」っていってたので、裏で実際に演奏してるんですか?だとしたら、そこもすごく良かった!CDとは違うアレンジでかっこよかった。
曲のつなぎ方も良かったと思いました。盛り上がってるところで、次の曲へ!興奮は冷め止まない!

舞台のことばかり言ってますが、何より素晴らしいのはもちろんメンバーです!!

コンサート中、ある言葉が思い浮かびました。
「BEASTは、聴かせる野獣アイドルだ。」

BEASTの歌唱力の高さに、感動しっぱなしでした。
なぜなら、私の耳によると、ほぼ生歌だと判断できたからです。ダンス曲では被せがあったかもしれないし、ギグァンのソロは特にダンス激しかったからリップシンクだったかな?と思ったけど、95%生歌で間違いないと思います。イヤモニを何度も触ったりしてましたから。(途中ドゥジュンのイヤモニの調子が悪くなってて、何回いじっても直らなくてドゥジュンの顔が暗くなってくのに気付きました)

ヨソプが人気なのがわかりました。圧倒的に歌がうまい!もともとヒョンスンの歌声好きだったけど、やっぱりヒョンスンもすごく歌がうまい!ドンウンは声がきれいで、地味に歌うまい!ギグァンも力強くてうまい!ドゥジュンは歌残念だって思ってたけど、聴いてみたら意外とうまい!ジュニョンはラップ担当。
だからジュニョンについてはよくわからなかったけど、全員歌うまいアイドルってなかなかいないと思います。みんな歌うとき、渾身の力を込めて本当に一生懸命歌っていて、感動しました。

特に、曲が終わったと思ったらヨソプが曲の続きをアカペラで歌うところに震えました。全体を通して、アカペラが随所に挟まれていました。BEASTの実力を最大限に引き出した演出を作っているんだな、と私は思いました。

ソロステがあるところも良かったですね。ドゥジュンとドンウンがピアノ弾けるって知らなかったので、驚きました。すごいなあ。
ヒョンスンがソロの前半をアカペラで歌ってて、息継ぎがマイクに拾われてて、「ああ本当に歌ってるんだ」と実感。ヒョンスンの声と歌、やっぱり好き!ぶっちゃけ英語の発音は日本人並みだと思っちゃったけど(BEASTは帰国子女メンバーがいないからネ)

舞台準備中の映像はドラマ仕立てだったのですが、これが映画なみのクオリティ。(調べたら、セトリもこの映像もソウルでやったのをほぼそのまま使ってたそうですね。ちょっと「なんだー」って思っちゃったけど、クオリティ高かったので許す)
劇中でドゥジュンがジュニョン?のことを「変な顔してるやつ」って言っててみんな爆笑してたのを覚えている。
ストーリーは、小説「シャドウ」をメンバーたちが探す・・・みたいな感じだったはず。
それで最後にギグァンが「シャドウ・・・ポゴシポ?(見たい)」と言った直後に暗転、それからの新曲「シャドウ」披露は、本当に本当に震えました!!!
この演出、最高でした!最初に聴いたときはそれほどでもなかったのに、生でパフォーマンス見たらかっこよくて、好きになりました!

シャドウ終わってからの「フィクション」へのつなぎも、最高だった!シャドウとフィクションが同系統の曲だからつながりが自然だったし、何より私の一番お気に入りのフィクションを生で見られて感無量

そしてコンサートは架橋へ。メンバー全員が終わりの挨拶をしました。
そしたら終わったと思ったフィクションが始まった!この演出も泣けた!
アンコール前にShockが始まり、盛り上がりがすごかった。私も「ショック!」って叫びました。

アンコールが終わって私は走って新横浜駅に行き、名古屋までの新幹線のチケット買いましたが、ギリギリ乗れなくて結局30分後のひかりに乗りました・・・あと1分早ければ乗れたのに

私の話はともかく、BEASTのファンはとてもノリが良かったです。コンサートって周りが楽しんでないと自分も楽しめないと思うんですが、今回は周りが盛り上がってて掛け声も惜しみなく叫んでいたので、私も一緒になって盛り上がれました。見よう見まねで掛け声するだけで、こっちも楽しくなるんですよね。コンサート中ほとんど立ってたのは初めてです。調べてたら、これでも掛け声小さい方だったとか。いやいや、十分すごかったよ!日本でこんなに応援されるなんて、BEASTは幸せ者だと思います。

あと、BEASTは日本語会話にそんなに重点を置いてませんでした。調べたら今回はかなりしゃべってる方だったらしいけど、通訳さん大活躍だし、カンペ見てるし、日本語曲もだいぶ少ない。(ショック、フィクション、雨が降る日、ミッドナイトぐらい?)
でも無理して日本語曲歌うより、韓国語で歌ってくれる方がいいと思うから、私はこのセトリに満足。

BEASTは日本のことがそんなに好きじゃないとよく言われてます。特にヨソプは私でもガチだと思ってる。
でもこんなに素晴らしいステージを披露してくれて、素敵な歌声を聴かせてくれて、体調が悪かった私が立ちっぱなしになって夢中になった。そこに何の罪があるだろうか?まさしく期待以上のコンサートで、BEASTのことが一層好きになった。またBEASTのコンサートに参戦してみたいと思えた。

私はこれからもBEASTを応援していこうと思います!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。