上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2月16日

私は人生で初めて成田空港に行った。一人で海外旅行、そもそも一人で飛行機に乗るのも初めてだった。

IMG_0523_convert_20140329144535.jpg

乗ったのはフィリピン航空セブ島行き直行便。国際線で直行便に乗るのはソウル以外で最近なかったなあ・・・というのも、私が長らく利用していたセントレアは国際空港のくせにアメリカ本土もイギリスもフランスもオーストラリアも直行便が出ていない。中部に観光で誰も来たがらないので便がどんどん減っているのである。そのかわりに中国便が無駄に充実している。

そんな情報はどうでもよく、私は飛行機に乗った。周りには私と同じく留学目的でセブ島に行く若者がたくさん乗っていた。フィリピン航空の機内は非常にシンプルで、モニターない、オーディオもない、本もない、何もすることがない。でも機内食はわりとおいしかった。しかもアイスクリームも出てきた。
このとき、私は隣に座っていた女の子と話した。なんと彼女は私より一つ上で医学部6年生、国家試験を受けて春からは研修医という超頭いい人で、同じくセブ島で留学予定だった。明るくてとてもいい人だった。さらにかなりのアニオタだった。私も一時期アニオタだったので話が盛り上がった。「君に届け」という少女漫画があまり好きでない、という意見が合ったのは彼女が初めてだった。

セブ島の空港に到着し、ピックアップの場所で彼女とお別れした。お互いの健闘を祈った。

メガネをかけたお兄さんが学校の名前の書かれたボードを抱えていた。ピックアップされるのは私一人だったため一人で車に乗った。学校の名前しか書いてなかったので詐欺でもおかしくないよな、と怖かった。私は警戒していた。
でもこのお兄さん、私が夕食を食べていないと言うとマクドナルドでハンバーガーセットをおごってくれた。疑ってごめんなさいお兄さん!!

車は学校附属の寮に到着した。私は一人部屋に案内された。
ここで2週間暮らすんだ・・・今思うとよく2週間も住めたと思う。冷蔵庫つきなのに冷蔵庫が壊れていて使えなかった。
部屋の様子はこんな感じ。一見きれいだけど、エアコンの裏に鳥の巣があったようで、「ピヨピヨ、バタバタバタッ」という音が明らかに近くでしていた。初日は鳥じゃなくて別の謎の生物だと思っていたので、怖くて眠れなかった。窓の外か内かもわからなかったが、2日目からはたぶん外だと確信し、気にしないように暮らしていた。エアコンの下のカーテンが垂れ下がっているところに鳥の巣の藁みたいなのが詰まっていて、時々テーブルに落ちてきた。気にしないようにしていたけど、帰るまで怖くてカーテンを開けることができなかった(笑)
IMG_0536_convert_20140329145447.jpg

2週間じゅう、コバエを殺しまくった。2週目はそんなに出なかったが、1週目は蚊に刺されまくった。今でも跡が残っている。

寮の中ではWi-Fiが飛んでいたので、iPhoneでネットができた。セブ島にまで来てツイッターで2PMの画像を見ていたのは私である。初日に限らずなかなか眠れなかったので、夜な夜なツイッターを見たり、youtubeでテクのウギョル見たり、夢小説読んだり、日本と変わらない生活をしていた。

また、寮は1日三食ついていた。これはフィリピン留学ならではのメリットである。他の国では自費になるそうなので、節約できる。
でも食堂に行ってビックリした。バイキング形式なのは知っていたが、選択肢が5つくらいしかない。特に朝ごはんはパンとおかゆしかなくてヒドかった。
だが昼ごはんと夕ごはんは意外と味付けがしっかりしている料理が多くてわりとおいしかった。韓国人留学生が多いので韓国料理メインなのも私には良かった。ほぼ毎日チヂミ食べてた。

セブ島に来てびっくりしたのは、意外と暑くないこと。1週目は本当に爽やかな気候で、夜は扇風機もいらないほどだった。真夏の名古屋に比べればはるかに過ごしやすい。というか真夏の名古屋が熱帯地方を超えている。名古屋最強。
2週目になるとだんだん暑くなってきて、昼間はひどい日差しだった。フィリピンは4月が一番暑いそうなので、4月に近づくにつれて暑くなっていくようだった。だから私は、セブ島に行くなら1~2月をオススメする。


・・・初日は3時間ぐらいしか眠れなかった私。2日目から本格的なセブ島生活がスタートだ。どんな授業だったのか?友達はできたのか?英語はしゃべれるようになったのか?3日後に社会人になるのに私はこの旅行記を書き終えることができるのだろうか??次回に続く!!!
スポンサーサイト
2014.03.28 メイクイーン
ドラマ「メイクイーン」の感想を書きます。
このドラマは韓ドラの中でも優等生の部類に入ると思いました!
いつも通りネタバレ満載です

(デカい写真を拾ってしまった)
メイクイーン

復讐サクセスストーリーは韓ドラの王道ですが、最近はどれも似たような設定・ストーリー展開で正直飽きはじめていました。でもメイクイーンのストーリーは他のドラマとは少し違った切り口で展開されていたように思います。(優秀な息子を守るために悪事を働く設定は若干「赤道の男」とかぶりましたが)
撮影前に大筋のプロットができあがっていたのか、全体的に無駄なシーンが少なくテンポよく進み、イライラすることなく見進められました。すごく気になるところで次回に続くので、毎日楽しみでした。続きが気になる終わり方をするドラマは最近では貴重だと思います。
船というテーマを最後まで丁寧に扱ったところも評価できます。ダメなドラマだと、テーマがあっても途中でストーリーに全然関係なくなって、結局なんのためにあったの?ということがありますが、メイクイーンでは最初から最後まで主人公たちの夢として位置づけられていていました。最後に目標が達成したときは感動しました。どんな困難があっても、めげずに努力し続ければ必ず夢は叶う、というありふれたメッセージですが、改めてこのドラマを見て感じることができました。

でも一点残念な箇所がありました。このドラマは好評につき延長したらしく、一切無駄なシーンがなかったのに最後から5話目ぐらいの話で突然テンポが遅くなります。事務所?が火事になるところですが、この火事がきっかけでヒロインと宿敵が実の親子であることが発覚します。この展開は他の韓ドラファンの方々もガッカリしたようです。せっかく他のドラマと差別化されていたのに、韓ドラあるある展開になってしまうなんて!親子設定が最初からあったのか、それとも延長のためムリヤリくっつけたのかはわかりませんが(伏線があったという意見もありますが、唐突な火事発生、テンポのダレ具合などから考えて、私は後者のような気がしています)、最終的にうまくまとめていたので良かったと思います。

あと悪の権化チャン・ドヒョンがワルすぎて誰も味方がいなくなったため、終盤は何がどうなっても倒せるでしょ、と思ってしまい緊張感がなくなりました。でも死に方は悪くないと思いました。「エデンの東」や「蒼のピアニスト」のように、一通り悪いことやって逃げられずに死んでやる!っていうのはズルいと思います。この人は一応ヘジュと和解したからそこが少し救われた気がします。

ここからは主要キャラクターについて思ったことを書きます。

チョン・ヘジュ(ハン・ジヘ)
彼女のメンタルの強さは見習いたいです。幼少時代は育ての母に虐められ、大好きな父は自分のせいで事故死、大人になっても家族を支えるために苦労、長年交際した恋人には裏切られ、それからは努力しても宿敵に妨害されまくり。しかもその宿敵と実は親子。なのに決して弱音を吐かず、悪口も言わず、ひたむきに頑張る。そうして最後には成功を手にするのです。私だったら人生を投げ出してしまいそうです。でもそんなことでは成功できないんですね。私も彼女のようにめげずに頑張ろうと思いました。
ハン・ジヘさんは今までそんなに好きな女優さんではありませんでしたが、ヘジュのキャラクターが良かったので、好きになりました。華やかな顔ではないけれど、とても背が高くてスタイルが良い方ですね。

カン・サン(キム・ジェウォン)
サンは序盤からヘジュにデレデレしていてチャラチャラしていたのであまり好きではありませんでした。キム・ジェウォンも昔から「ふやけた顔してるなー」なんて思ってて好きじゃなかったんです。でも仕事に打ち込んで、妨害されて一文無しになっても必死に駆け上がる姿を見て、アレ?キム・ジェウォンってこんなにカッコよかったっけ?よく見たら背が高くて顔が小さくて足が長い。色も白い。ヘジュに向ける笑顔がとても優しい。これがキラースマイルってやつか!
前の記事でも書きましたが、仕事と恋愛両方に全力を尽くすナムジャが魅力的だと思います!ただ終盤のラブラブ演出はおなじみの「いい年して何やってんだ」状態でしたね。

パク・チャンヒ(ジェヒ)
2PM関連の記事をきっかけにこのブログを読んでいただいてる方は知らないかもしれませんが、実は私は「快傑春香」という韓ドラにドハマリしたのがきっかけでブログを開設し、当初はその主演俳優だったジェヒくんが大好きで応援していたんです。テギョンと全然違ってそんなにイケメンじゃないし背もそんなに高くないし有名じゃないんですが、演技がうまくて好きだったんです。今はテギョンが好きですが、ジェヒくんのことは陰ながら応援しています。もはや親の気持ちです。結婚して子供がいると知っても「それは良かった」と思ってました。こうしてジェヒくんがいい作品に主演級で活躍できて嬉しかったです。
チャンヒの役が合っていたかどうかは、私には判断できません。ひいき目があるので。ジェヒくんは頑張ってたと思います。
でも言うなれば、チャンヒのキャラクター設定に無理があるような気がしました。行動が極端です。ヘジュを愛していたのに、復讐のために冷徹な男になって宿敵の手下になります。そんなキャラじゃないのにプレイボーイになってイナを誘惑します。「だからってそこまでするか」という感じです。上に書いたようにみんなドヒョンを憎んでるんだから、そんな回りくどいことしなくてもみんなグルになれば一発で倒せるんじゃね?と思いました。ヘジュたちも、チャンヒが味方なことに気づいてもいいと思いました。

チャン・イナ(ソン・ウンソ)
幼少時代はワガママ娘でしたが、大人になって超美人になります。すごく背が高くて足が長くて細い!少女時代のソヒョンに似てるな~と思ってたら、ホントに似てると話題になってる人でした。最初はサンが好きだったのに、チャンヒに誘惑されてコロっと落ちて結婚します。本当は愛されていなかったのでイナが可哀想でしたね・・・。でも最終回でチャンヒと復縁ハッピーエンドを匂わせていたので、良かったです。

グミさん
キーパーソンにして、一番意味不明だったキャラクターだったかもしれません。結論から言うと、
ドヒョンと交際していた

ドヒョンが他の女と結婚して落ち込んでるところにハクスさんに求婚され、結婚

ハクスさんの外出中にドヒョンと子供をつくり、ヘジュを産む

ハクスさんは全てを知っていたが、自分の子として育てる

ということになります。記憶があやふやなのですが、検事さんにドヒョンとの不貞を疑われたときに、グミさんは強く否定していた気がするんですけど。だからヘジュとドヒョン親子設定が後付けのような気がするんです。
何より、ハクスさんはドMなんでしょうか。元交際相手の子供を産んだ妻を変わらず愛し続け、その子供も溺愛するなんて、ちょっと異常じゃないですか。
このドラマは、グミさんが男にモテすぎたばかりに起こった悲劇のような気がしてきました。


いくつかガッカリポイントはありましたが、全体を通して、夢の大切さを教えてくれるいいドラマでした。オススメです。準殿堂入りです。
やることが大体片付いたのでそろそろブログにカムバックします。まずはドラマ感想から始めます。

脱落したドラマについてちょっと思ったことがあるので書くことにします。

「応答せよ1997」
ヒットドラマは自分に合わない法則が発動してしまいました。面白いと聞いていたのに、自分にはそうでもなくて途中でやめました。
そこで、どこが自分にとってダメだったのか考えてみました。

・時系列がわかりにくい
「○時間前」「○日前」などという演出が多く、凝ってるのはわかるけど何がどうなっているのかわかりにくかったです。

・高校生活が自分と違い過ぎる
このドラマは「花の高校生の青春トキメキラブ☆」をテーマにしており(たぶん)、視聴者が「あー若い頃は楽しかったなあ~」と懐かしむことができるのが売りみたいなんですけど、自分の高校時代と違い過ぎてむしろ悲しくなりましたよ。イケメン秀才同級生と同居したこともないし、放課後に男女グループで集まったこともないし、友達とアイドルの追っかけしたこともないよ。そもそも男子と会話することさえ稀・・・あー自分で言ってて悲しいわ!

・エグいネタが多い
ケーブルテレビで放送されたドラマだからか、下ネタ要素も盛り込んでます。家族で見ると若干気まずいです。私は韓ドラの、家族で見てもゲラゲラ笑えるところが好きなので、あんまり好きじゃないです。「その冬風が吹く」でも思ったけど、ウンジはAPinkの清純派路線を免除でもされているのだろうか。

大体こんな理由です。ギャグが自分好みじゃなかったというのもあります。あとウンジはドラマに出るより歌ってるほうが可愛いと思いました・・・。歌は本当に上手い。あっでもアイドルオタクの普通の女子高生っていう役は合ってたと思いました←


「パンダさんとハリネズミ」
わりと楽しみにしてたドラマでしたが、途中から高速早送りして見ました。一応最後まで見たけど、1話15分くらいで見てたから脱落扱いです。
出演者は良かった。映像も良かった。でも脚本がイマイチでした。制作側は「ケーキ屋さんを舞台にしたイケメンと美女のラブストーリーをつくろう」としか考えてなかったんじゃないかと思います。それと脚本家は少女の心を持ってると思いました(笑)ダヤンとスンジのラブラブ演出がまさに私が読んでた頃の「りぼん」みたいな小学生向け少女漫画の世界でした。りぼんは主人公が中学生か高校生だからわかるけど、この人たち20代後半だからね!スンアさんは30入ってたっけ?純粋なのはいいけど、あまりにもファンタジーすぎて逆に興ざめしてしまいます。
早送りしてたからストーリーそんなに追えてないんですけど、ずっと探してた男の子がスンジだったっていう展開も、最初からわかりきってたような。たいして驚きませんでした。おばさんがボタンをかける方法を見て母親だと気づくという展開も安易すぎる。そんなのもっと早くに気づけるだろ!全体的に脚本がしっかりしてません。

ドンヘはかっこよかったです。背は高くないんだけど、優しい表情が色っぽくてかっこいい。ただ「大丈夫、パパの娘」を見たときも思ったけど、謎に暗い役が多くてイケメンさを活かしきれていない。コメディに出てるところを見たいです。
ユン・スンアさんは本当に可愛い。本気で、世界一可愛いと思う。生まれ変わったらスンアさんみたいになりたい。だけど役は「まるごとマイラブ」のほうが良かった。こっちでは、特に仕事もしてない上に、自分が男にモテることを自覚している、女が嫌いな女タイプでした。
チェ・ジニョクさん(名前合ってる?)は前インタビュー見たときはカッコイイと思ったんですが、このドラマでの役はあまりかっこよくなかった。好きな女性のことばっかり考えていてアタフタするばかりの男という印象を受けました。どんなにイケメンでも、女性を守るだけでなく、自分の仕事にも責任を持って打ち込んでいる男性が魅力的だと私は改めて思いました。これは他のドラマにも言えること。最近見た中では「七級公務員」のギルロも女に振り回されるばかりでかっこよく見えなかったです。



脱落ドラマということで辛口になってしまいましたが、これらのドラマが好きな方がいたらすみません。韓ドラの好みは人それぞれなので気にしないでください!
2PM
どうも、みかぼんです。セブ島からは一応無事に帰還し、今は実家でニート生活を送っています。

世は大阪城ホールの話題で盛り上がっておりますが、私は遥か昔のGENESIS OF 2PM横アリ1日目の思い出を振り返ってみたいと思います。

※しかし他の方のブログのような詳細なレポ、イラストなどは特にない一切誰も得しない内容となっておりますので、ご注意ください!・・・って何のためにブログ書いてるんだ私。覚え書き。


1月31日・・・2日前に修論を出し終えた私は、残りの実験をするため研究室行って、サンプルを装置にしかけて、(ああこういう文章懐かしいわ、もう実験とかサンプルなんて単語言わなくていいんだ、二度と実験しなくていいんだよっしゃあぁぁぁ(^o^)/)お昼頃横浜へと出発した。全然関係ないけど、1月はこの横アリのためにダイエットしていたので、このとき一番痩せていたはずである。その後リバウンドし今に至る。

横アリには3時ぐらいにつき、私はグッズを買った。今までコンサートでグッズを買ったことは一度もなかったのだが、大好きな2PMの待ちに待ったコンサートのときぐらい何か買うべきだろうと思い、記念のつもりで買うことにした。私はペンラとチャンソンカラーのタオルとテギョンのうちわを買った。
グッズ売り場は全然並んでいなかったのでスグ買えた。だが開場までかなり時間があったので、ずっと行ってみたかった星乃珈琲でパンケーキとコーヒーを注文して時間をつぶしていた。隣の席のおばさん二人組がHOTTESTで、兵役後の2PMのあり方について熱く語っていたのを覚えている。

いよいよ開場、私は席についた。ち、、、ちかい、、、、!!!!今まで参戦したコンサートの中で一番ステージに近かった。(めざましライブなどは除く)手にはペンラと双眼鏡、首にはタオルを巻いて(かけるだけじゃ落ちそうだから結んだ)、周到な準備をした。・・・てあれ?うちわが持てない。そんなこと知ってる。私は恥ずかしくてうちわを出せないのさ。最初から部屋に飾るために買ったのさ。うん。

私をコンサートに誘ってくださったオンニも到着し、コンサートは始まった!!

たしか最初はWinter Games!ちかい!東京ドームのときは豆粒だったけれど、横アリでは双眼鏡のレンズいっぱいに1人がおさまるぐらいのサイズで2PMを拝むことができた。

でもコンサートを通じて私が思ったこと。

はれすの皆さんの観察力スゴイわ!

あとでツイッターのレポ読んでると、私が気付かなかったエピソードがいっぱいで、自分が情けない!私重要な部分見逃しすぎ&忘れ過ぎ。
視力、動体視力、観察力、記憶力が必要ということがわかりました。
というわけで詳細なレポが書けないのですが、私が気付いた点をピックアップします。

・テギョンは横浜でお疲れ気味だった?
名古屋より全員元気だったという話をお聞きしたのですが、私の目にはテギョンが元気なさそうに見えたんですよね~。といっても私コンサート2回しか行ってないので比較にならないのですが、終始険しい顔をしていたような。

・私、チャンソンに大注目
テギョンの存在感が薄かったのもあって、気付いたら私はチャンソンを追ってました。七級公務員のときの髪形と似てて、超ステキだった。双眼鏡のレンズを通してしか拝めなかったけど、すごーくキレイなお顔立ちなのが改めてわかった。
あとこれツイッターであまり話題になってないネタだと思うんだけれど、「ジュンケイさんの歌で好きなところ」をチャンソンが実際に歌った場面、めちゃめちゃうまかった。チャンソンさんってお歌は残念な方だと思ってたけど、本当うまくなったよ(親目線)。ソロも頑張って歌ってた。私これからはテク寄りじゃなくて、テッチャン寄りと名乗った方が正しいんじゃないか、そんなことを考えていた。

・私の双眼鏡がいい仕事した
2014年1月にして、私は去年から使い続けていた双眼鏡が実はいいやつだったことを知った。おじいちゃんが生前に「バードウォッチングをするため」と称して近所のホームセンターで衝動買いし、おばあちゃんにメチャメチャ怒られたにもかかわらずほとんど日の目を見ることがなかったといういわくつきの双眼鏡で、あまりにも誰も使わないので私がコンサート用に拝借することになったのだが、さすがおじいちゃんが選んだだけのことはあったようである。東京ドームやたまアリのときはあまりにも遠すぎて全然見えないと嘆いていたが、横アリのときは鮮明に見えた。遠すぎず近すぎずぐらいが最適条件なのかもしれない。私はこれからもこの双眼鏡を大事に使い続けようと思った。

コンサートの概要は他の方のブログやツイッターに書かれていると思うので割愛!

・・・そして私はタオルを首に巻いたまま家に帰った。うちわはテレビの横に立てかけ、オクテギョンは今も私の部屋を守っている(魔除け)

まとめ。
目が足りない!記憶力も足りない!
そうか、だから人は何回もコンサートに行くのか。私やっとわかった。2回以上コンサートに行く人の気持ちがわからなかったけど、こういうことなんだ。目を増やせない代わりに、何回も行けばいいんだ。

私また行きたい。
宣言:もし行けたら今月末の代々木に行きたい。
オーラスは無理そうだから、25日の代々木を狙ってみる。まだチャンスは・・・あるか?!

この調子で、社会人になってもオタクでありたい。兵役というタイムリミットは近づいている。限られたチャンスを逃してはいけない。社畜になって激務で大変かもしれないけど、彼らを思って頑張って、ときどき会いに行きたいよ!ギャラクシーペンラを買ったのは、また次も行けるようにという願いがあったからだ。

また会えるかな・・・きっと会える!

私は満足感を抱きながら眠りについたのだった。
(と思いきや突然体調悪化し一晩中苦しみ、まるでその症状がつわりのようだったため、「きっと2PMがかっこよすぎて想像妊娠したんだ」と思い込みながら死にそうになって翌朝実家に帰ったのは、また別の話である。とりあえず自分ことあるごとに体調崩し過ぎなので、健康になりたい。)

果てしなくどうでもいい記事ですみませんでした。完全に自分のための覚え書きです。
次回からは「セブ島留学記」をお送りする予定です。留学中は旅行記たくさん書こうかなと思ってましたが、終わってみると案外どうでもいい内容が多いことに気が付いたので、短くなると思われます。たぶん。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。