上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月10日(続き)

ウリ親子はミョンドンに繰り出し、SCHOOL FOODへと駆け込んだ。

SCHOOL FOODに行くのはかれこれ3回目である。ミョンドンの便利なところに立地し、気軽に入れてリーズナブルでおいしい、ソウルに到着した夜にはもってこいのレストランだと私は思う。

今回はいつも頼んでいるカルボナーラトッポギ(1万ウォン)と、メニューにオススメぽく書かれていたキムパプ(8千ウォン)を注文した。

今まで来たときはBGMにk-popがかかっていたのだが、このときは全然関係ない洋楽ばかりかかっていて、少しつまらなかったのを覚えている。

しばらく待っているとキムパプが出てきた。これがおいしいのなんの!正確には覚えてないけど、卵焼きとトビコとチーズとその他いろいろな具が入っていて、これがメチャクチャ旨い!一心不乱に口に放り込んでいた。

またしばらくすると、カルボナーラトッポギが出てきた。このとき私は水が飲みたいと思っていたのだが出てくる気配がなかったので、私はトッポギを持ってきてくれたお兄さんに「ムルジュセヨ(水ください)」と言った。

しかし私は知らなかった。ここスクールフードでは、水はセルフサービスなのだった。そんなことも知らず、私はお兄さんに図々しく水を頼んでしまったのである。

お兄さんは私の目を見ながら、申し訳なさそうな表情と優しい笑みを浮かべてセルフサービスであることを伝えた。

私とお兄さんの距離、約30cm(推定)。

アレ?この胸の高鳴りは何・・・?

なんかね、イ・スンギの鼻をもっと普通にして、私好みにしたようなお兄さんだった!
イ・スンギ
↑イ・スンギ(参考画像)

大体私の目を見て至近距離で話しかけてくれるステキなお兄さんなんて全然いないもんだから、ドキドキしたわ!
食べてる時もお兄さんが忘れられなくて、でも一瞬しか見てないから記憶があやふやになってきて、最終的に記憶の中のお兄さんがドゥジュンレベルに達していたところでお会計の時に再び見ることができたのだが、

横顔見たら普通の人だった!

いるよね~そういう人wwでもきっと正面から見たら確かにイケメンなはず。

1回目に来たときはBIGBANGのスンリに似てる店員さん、
2回目に来たときはCNBLUEのヨンファに似てるお客さん
3回目に来たときはイ・スンギっぽい店員さん

を見たので、
SCHOOL FOODは100%の確率で芸能人に似てる人に出会えると思います!

こんな思い出を胸に、私は店を後にした。
後で思ったのは、カルボナーラトッポギが1万ウォンだから、約1000円弱だということ。昔は670円ぐらいだったと考えると、やっぱ高い。おいしいからいいんだけどねー。

次は、ミョンドンを簡単に散策した。金曜日の夜だったのだが、驚くほど空いていた。
SPAOとかいろいろ覗いてみたけれど、何も買わず。まあ今回は買い物が目的じゃなかったしね。
特筆すべきなのは、2PMがモデルやってるメガネ屋Lookopticalが増殖してたこと。モデルからT-araが消えて2PMオンリーになってて、ポスターとか貼ってあったけど、メガネが似合わなさすぎて笑えたwww

今HPから拾ってきた!
これ見るとチャンソンはかわいいわ。でもテギョンがチャラ男にしか見えないwww
lookoptical


CDショップミュージックコリアも覗いてきて、ダメ押しで「2PMはいつ出ますか?」と聞いたら「14日です(帰る翌日)」と断言されたので、意気消沈しました。
いつも旅行に来るたびにCD買ってたけど、一番欲しい2PMが売ってなかったし、ウォン高で普通に高いので、初めてCDを1枚も買いませんでした。

ホテルに帰る前に、明日の朝ごはん用にRotiboyを買いました。Rotiboyとはシンガポール発祥の超おいしいパンのことで、日本には売ってないんです。一番安いスタンダードのRotiboyが2000ウォン(約200円)でパンにしては高いんですが、日本では食べれないので買うしかない!

そして私はホテルに帰った。

ふと思った。お兄さんお兄さん言ってたけど、年下の可能性もあるのでは・・・?バイトしてるってことは学生だし、私は大学院生で本来なら働いてる年だし・・・。ああ、うかつに「お兄さん」と呼べなくなってしまったのか。年を取る恐怖を身に感じた私であった。

次回、ホテル特集!次でやっと1日目終了!1日目だけで5つも記事書くなんて終わるまでどんだけかかるんだろう(汗)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ouyouseimei.blog59.fc2.com/tb.php/530-9f2ce9fe

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。