上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ついさっき最終回が終わりました。感想を!といきたいところですが、私自身が興味をなくし全然真剣に見なかったので、公平な感想は書けません。

このドラマ、韓国で大ヒットして日本の韓ドラファンの間でも傑作とされている超人気ドラマなんですけど、私にとっては特に面白くなかった。

以下その理由。

①キム・スヒョンとハン・ガインの年の差があり過ぎる。
キム・スヒョンのほうが年上設定なのに、実際はハン・ガインのほうが6歳も年上。無理があり過ぎるため、まったくお似合いに見えない。というかキム・スヒョンが若すぎるのか、王妃役の人ともまったく合ってない。ついでにチョン・イルも若いので、若い男の子たちがおばさんを取り合う話に見える。

余談だが、ソル役のユン・スンアさん(まるごとマイラブにも出てる)が1983年生まれで放送当時は29歳だったということに大変驚いた。てっきり同世代だと思ったほどすごく若く見えるし、可愛い。こういう人ならキム・スヒョンより年下役でも納得いくのになあ。

②ドラマに呪術ネタはズルいと思う。
このドラマの骨格をなす祈祷とか巫女とか呪いとかそういうネタは、禁じ手だと思うんです。なんでかというと、都合に合わせて自由に設定変えれるじゃん。
「王様とヨヌのドキドキシーンつくろう」→「王様とヨヌが寝室で二人っきりとかヤバくね?」→「そうだ!巫女が寝てる人の横に一晩中座ってると、その人の病気が治るっていう設定にしよう!」
大体こんなところだと思います。なんでもありだと思いませんか?私こういうのキライなんですよ。
全然ジャンルが違いますけど、「ひぐらしのなく頃に」というアニメを見たときも同じことを思いました。あれのオチは、「とある風土病にかかると、猟奇的になり、疑心暗鬼になり、幻覚が見え、自殺する」でした。それってつまり、グロシーンを捻出するためにムリヤリ作った設定だよね?

③韓ドラのいいところが裏目に?
韓ドラは基本的に、ピュア!家族で見ても気まずくならず、純粋な恋愛に感動できるのが韓ドラを好きな理由の一つです。
だけど、いいがかりかもしれないけど、王妃と結婚したのに病気やらなんやら言い訳して床入りを拒み続ける王様!私でも「ねーだろ!」と思ってしまいました。むしろ王妃に共感するレベル!あれだけ拒否られたら私でもグレるわ!
そういえば中盤「お営み」連呼しててウザかったわ。重要なシーンだったけど、キム・スヒョン全然タイプじゃないから全然ドキドキできなかったわ。

というわけで、そんなこんなであんまり面白くなかった「太陽を抱く月」。どうして人気なのか謎です。
最後にこのドラマを見て考えた格言。

「王子に気に入られるもんじゃない。」
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ouyouseimei.blog59.fc2.com/tb.php/544-97609eec

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。