上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.06.21 60秒
やっと書くよ!

私の人生で最も泣けるMV。久しぶりにさっき見たら、またウルっときてしまった。

キム・ソンギュ(Infinite)「60秒」

去年発表されたときにスルーした自分を殴りたい。
まず曲が素晴らしい。安定のスイチュンさんプロデュース。
MVはどんなのかな?と思って歌詞と合わせて見てみたら、うおおおお!

ストーリーは難解なのですが、エルくんのイケメンさと、映像と音で伝わる切なさ、ソンギュの力強い歌声が、心に響きました。

気になってストーリー解釈を調べてみたけれど、IUのノランナみたいな公式発表はありませんでした。私はファンの方の解釈をいくつか読んでみました。

ファンの方の間でも一番議論を呼んでいたのは、エルくんと付き合っていたはずのヒロインが、エルくんを知らない人のように扱っていたこと。出会いを描いているとしても、過去の記憶を回想するシーンと矛盾する。これには妄想説とか記憶喪失説とかいろいろな説が挙げられていましたが、私は少なくとも、現実世界ではないと思います!

ここからは、自分の解釈の一つを書きたいと思います。
もしかしたら他の方の解釈をパクった部分があるかもしれませんが、それは明らかにパクってます…すみません、どうしても影響されてしまうのです。苦情は常時受付中です。



雨上がりの秋の日。

美しい彼女を見て、胸が高鳴った。

恋に落ちていた。

それは一瞬のようで、でも短くない、そんな時間だった。

60-1.jpg

思わず彼女を追ってカフェに入る。

彼女を目で追っていると、自分の脳裏に記憶が浮かんできた。

幸せだった日々。

60-2.jpg

そう、僕たちは付き合っていた。

僕は君と最初に出会った日の記憶の中にいる。

永遠に続いてほしいとさえ願ったけれど、君は僕の人生から消えた。

プレゼントした指輪を置いて。

最後の時間だった。

60-3.jpg

辛くて、悲しくて、忘れようと努力しても忘れられない。

幸せだった日々が、胸を締め付ける。

今もこうして、君と出会った日を思い出している。

でも僕は、これで終わりにすると決めた。

君が返したこの指輪を、ここに置いていく。

まだ愛することを知らなかった、この時間に。

60-4.jpg

君も、君との思い出も、全て忘れるんだ。

だが非情にも、君はまた指輪を返そうとする。

60-5.jpg

手が触れた瞬間、見えるはずのない未来が頭に浮かんだ。

再び降り出した雨に困っていた私に、傘を差してくれた貴方。


60-7.jpg

私も、恋に落ちた。

私にとっても、短くない時間だったんだよ。


60-6.jpg


私にとっても、貴方と過ごした日々は幸せで、大切な思い出だった。

60秒で始まって、60秒で終わった恋。

その儚さに、涙が溢れた。

60-8.jpg

僕たちは、もう二度と会うことはないだろう。

だけど、出会わなければ良かったなんて思う?

今ならわかる。

どんなに儚くて、泡沫のようでも、きっと大切で特別な時間なんだ。

だから怖がらず、また新しい幸せに向かって歩いて行こう。・・・



と、国語が大嫌いだった私が解釈してみました(笑)
こんなに本気で作者の気持ちを考えたのは生まれて初めてです。

それはともかく、この解釈どうですかね?あくまで私の解釈なんで、気にせずに!

解釈は複数あれど、歌詞と映像がマッチした実に素敵なMVだと思いました。ちなみに私は↑のポッポシーンあたりで涙腺崩壊しました。映像構成もニクい!

歌詞も素敵ですよね。k-popって
①ノリを重視して歌詞は2の次なタイプ(例:Geeなど)
②日本にはあまりない、ストレートな歌詞のタイプ(例:ブアガルのクレンジンクリームとかいろいろ)
③とにかくトラワー!トラワー!タイプ(例:2PMのほとんど)

が多い気がするんですけど、60秒はストレート過ぎず、比喩を適度に含めた、詩的な歌詞だと思いました。

そしてソンギュの歌!本当に上手だよ。すごい!

なんか疲れたからここで終わりだよ!じゃあね!(唐突)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ouyouseimei.blog59.fc2.com/tb.php/547-22b7218c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。