上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ついに書くよ!
順番は迷ったから、年齢順(ヒョンから)にしたよ!

というわけで第1段はJun.Kさん!


Jun.Kはキム・ジュンスという名前だった。
1988年1月15日生まれで、テグ出身である。
ギミラ活動時のGyaoで、「テグは夏とても暑くて、冬とても寒いんです!みなさんテグに来てください!(※うろ覚え)」
との発言を耳にしたが、本当にそうらしい。名古屋も夏暑くて冬寒いので、少なからず親近感を覚える。

ツイッターで幼少期の写真がたくさん集まった画像があったんだけど、今探したら見つからない

とりあえず有名な写真貼る!
Jun.K若い頃
か~わ~い~い~
私は、若い頃の方が可愛いと思いますね!今はメイクが濃すぎると思うんですよね~。

Jun.K氏は、JYPとYGのオーディションに両方合格してYGを蹴ったという、スゴイ経歴の持ち主。オーディションに何十回も落ちていたアイドルもいるというのに、すごすぎる!

そんな彼は熱血男児で勝ち抜き2PMに加入、ジェボム脱退後はメンバー最年長、そしてメインボーカルとして活動中である。

しかし2012年、お父さんが急逝。本当に突然のことだったそうだ。2PMリターンズで、訃報を聞いたとき、子供の頃父と過ごした思い出を振り返ると同時に、大人になってからの思い出があまりにもないことに胸が痛かったそうで、テレビを見ながら私もウルっときてしまいました。お葬式に行っても実感がわかず涙が出なかったけれど、メンバーが抱きしめてくれたとき、自然と涙が溢れたそうです。メンバーの愛に私も泣きそうです

そして2012年10月、本名をキム・ジュンスからキム・ミンジュンに改名することを発表。2PMとしては、作曲時に使っていたJun.Kという名前で活動することになりました。「ミン」はお父さんの名前から取ったそうで、当時は「なんで改名までするんだろう」と疑問でしたが、ラジオスターで、お父さんの遺言であったと明かされました。そりゃあ遺言には逆らえない・・・!

それにしても、現役アイドルの改名は異例で、ファンも困惑でした。今まで「ジュンスー!」って言ってたのに、「ジュンケイ・・・ミンジュン?」みたいな。私もいまだに困惑中ですが、6月のソウルコンでテギョンが「ジュンス!」って言っちゃってたらしいので、なんだ私だけじゃないのかと安心しました。そりゃあ練習生時代から一緒に過ごして、寝食も共にしてたんだからファンよりジュンス呼びが定着してるのは当然だよね。
(ちなみに現在はJun.Kとテギョンとウヨンが宿舎を出て暮らしているそうです!)

そういえばラジオスターの初恋の話で、ジュンケはデビュー前に彼女に浮気されて、ショックのあまり事務所のトイレの中で1時間ぐらい呆然としていたそうです。ジュンケ氏、切ない・・・

そろそろ音楽の話題を!
ジュンケ氏は2PMを支えるメインボーカルであり、作詞作曲もこなすミュージシャンでもあります。
本当に歌がうまい!特筆すべきは声量の大きさ!どっかの動画で「僕は喉を痛めずに大きい声を出せます」と言ってたような気がします。初めて東京ドームで生歌を聴いたけれど、ジュンケだけ発声法が違うみたいでマイクの響き方から全然違ってて、驚きました!
せっかくなのでジュンケ氏の声のでかさがよくわかる動画。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm13248368
(貼りつけ不可だったからリンク飛んで見てね!)

歌がうまかったジェボムが抜けてジュンケのパート比重が重くなり、他のメンバーが必死に踊ってる間一人だけ立って歌ってることが多いので、「ダンスをサボっている」と言われることも(笑)

Grownでは「ふと」を作詞作曲。この曲は日本のアルバムに収録された「離れていても」の韓国語バージョンですが、もともと韓国語でかなり昔に作っていた曲だそう。(実際、2011年に放送されたハハモンショーに出てくる。)

正直、私は「離れていても」を聴いたとき特に何も思わなかったんです。
でも2PMリターンズでライブを見たとき、同じ曲なのに、全く違う印象を受けました。


日本語よりも韓国語バージョンのほうが、ずっと心に入ってきました。やっぱり母国語だから感情も込めやすいのかな。歌詞もすごく素敵だと思った。2PMの日本語歌詞はk-pop界ではいい方だけど、それでもやっぱりジュンケが長い間温めていた歌詞には敵わない。

GrownのリパケではTrue Swag(韓国語バージョン)を収録。この曲は今年日本で出したアルバムにも入っている曲ですが、私はAliveのほうが好き!

好きになったきっかけは、Hands Up Asia Tourの動画を見たこと。こんなにいい曲を知らなかったなんて私はパボか!って思いました。私の中では、Jun.K史上最高傑作。曲の良さに加えて、舞台演出のこだわりも素晴らしいし、何よりジュンケ氏の歌唱力!2:53からが好きで、特に3:10あたりに叫ぶところが、声量の大きさと声の良さが存分に活かされていて感動します!!


突然話変わるけど、ハニプンの個別ポスターは、正直怖かったわ(笑)
ハニプンJun.K
なんか少年向けアニメで謎の敵役で出てきそう

Grown活動が終わった後は、日本でミュージカル「三銃士」に出演予定であるJun.K。見てみたかったな~(迷ったけど高いから諦めた自分)
これからも、音楽の才能を存分に発揮して2PMを支える兄さんでいてほしいですね!うん、まとまった!

それではこんな感じで第1段Jun.K編を終わります。
私にしては頑張ったよ!次はニックンです~
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ouyouseimei.blog59.fc2.com/tb.php/556-c3a8ad8f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。