上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
JYPN


私がJYPNで感じたのは、アーティストたちの、「来てくれたお客さんをありったけの力で楽しませよう」という心でした。

3時間半ノンストップのステージ。そこには、アーティストたちの本気のパフォーマンスがありました。

一部のダンスパフォーマンスを除いて、多少被せはあるとしても、ほとんどが生歌。

何より私は、餅ゴリラことパク・チニョンがJYPnationにかけたこだわりを感じました。

まずセトリが素晴らしかったです。

アーティストの歌唱力・ダンススキルを存分に発揮するコラボステージの存在。
JYPNでしか見られない様々なアーティストの組み合わせのコラボを見ることができて非常に貴重でした。
持ち歌を別のアーティストが歌うこともありましたし、洋楽のカバーもあり、飽きることがありませんでした。
持ち歌にしても、CD音源そのままでなく、特別なアレンジを加えてダンスも変えている曲もありました。
また日本公演用にセトリも変更が加えられており、日本人がより楽しめるように工夫されていました。

こういったコラボステージや日本用のセトリ変更は、多忙なアーティスト、それも複数グループにまたがっている場合は準備が大変だと思うのです。でもJYPはスケジュールを合わせ、準備をやってのけました。持ち歌を順番に披露するだけなら楽でしょう。口パクなら日本語も覚えなくて済みます。それでも彼らは準備を重ねて、嘘のない本気のパフォーマンスを魅せてくれました。

MCで通訳さんを一切使わず全員日本語で通したところも、JYPならではです。通訳さんを使ったらダメだとは言いません。韓国語のほうが彼らの率直な気持ちを聞けますし、日本語といってもカンペが存在しますが、日本語で思いを伝えてくれた彼らに私は心を打たれました。

あまり知らないアーティストの子がいても、知らない曲があっても、心からコンサートを楽しめたのは、全アーティストの真摯な思いが伝わってきたからだと私は考えます。

そんな彼らを発掘し、育て、プロデュースしたパク・チニョンは本当に偉大だと思いました。もうゴリラ社長なんて呼べない。ゴリラ師匠と呼ぼう。←
自らステージでピアノを弾き、歌って踊る師匠が、エンターテイナーとして、人間としてかっこよかったです。

JYPNationは私にとって、人生で一番楽しいコンサートでした。超えられないと思った東京ドーム2日目を超えてきました。
1か月以上経つのに今でも鮮明に覚えています。お母さんもいまだに「良かった」と言ってくれます。私はお母さんに、「お母さんは幸せ者だよ!あんな最高のコンサートないよ?あんないい席で見ちゃったらもう他のコンサート行けないよ!」と言ってます(笑)
思い出と親孝行の機会を与えてくれたJYPに感謝です。
JYPのアーティストも大・大・大好きになりました。男の子も女の子もみんな好きです。これからも応援します!
とりあえず、本気でDVD化、いやBD化を希望しています。あの感動を我が家でもう一度味わいたいです。

大変遅れましたがこれでJYPNレポを終わります。
本当はこの後に私が考えていることをかっこよく書いて閉めようと思っていたのですが、書いてるうちにわけがわからなくなったので諦めました。自分の中でうまくまとまったらいつか書きます。
ここまで読んで下さった方々、本当にありがとうございました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ouyouseimei.blog59.fc2.com/tb.php/604-4ffe37d5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。